地獄商会


↓                                                              ↓

☆ 過去の天守日記(重複してるものも有り) @ A B C D E         ☆ 過去のゲストブック(重複してるものも有り) @ A B

製品・客注品

★ CONCRETE PIRATEオリジナル ★ 海賊TEEシリーズ
◇◇海賊TEE 詳細・サイズなど◇◇

2018.04.24 更新

                                                                           |
                                                                           ↓

              

★★ お客様各位・ご覧下さい ★★
↓↓↓

● GWの営業のお知らせ ●
(2018.04.26)


● 営業に関する変更のお知らせ ●
(2018.04.20)


● 迎春 ●
(2018.01.05)


(※ ↑↑↑ クリックするとページに飛べます)


- 概要&基本方針 -

  • 初代TYPE-T登場は1996年。
  • 基本的な形状はTYPE-U(※同じく1996年製造)以降、殆んど変更ナシ。
    但し、微妙な部分の寸法のみ1〜2度変更致しました。
  • 綿100%の糸から製造、各々個別に染色して造ります。
  • 配色は毎回違う色になる場合が多々です。
    従って似たような色に見えても1つ1つで微妙に違う場合が多々有り、その為例えば『白』『青』『赤』等の単純な表現はせず、歴代敢えて細かい糸色表記をしてますが何卒御理解下さい。
  • 肌触り良く優しい着心地最優先、身体にフィットするのを基本にしております(筋肉に添うようなシルエット)。
    痩せた人は逞しく、太った人は引き締まって見えるように。
  • 長袖バージョンと、過去製造した7分袖&半袖&袖ナシ等のバージョンとでは敢えて使用する糸の太さ、各部の仕様を変えております。
    使用目的とアイテム別で個別に判断、例えば想定季節に合わせ、各々程良い厚みを維持=『薄過ぎず厚過ぎず』を考慮、丈夫で長持ち、なるべく長年形崩れ少ないように…を基準にしております。
  • 例えば長袖バージョンの場合、これ以上生地を厚くし過ぎると着心地が損なわれたり、型崩れし安い製品が出来てしまったり、又返って防寒性等に難が生じる事すら有り得ますからソコは適切適度な頃合いを第1にしております (※単に生地を厚くして行けば丈夫になる訳では無いので、ようするに製法次第と言う訳です)。
    そして例えば袖ナシや半袖等も今以上にヘビィ過ぎる生地は、その生地の“重さや硬さ”から汗を多くかいてしまう為、とにかく夏はただただ暑い…となってしまう。
    例えば長袖でも今以上に厚くしたら生地が硬過ぎ&重過ぎてしまい、冬でも無駄に『汗』をかいてしまう(※寒いと自覚=意識がないだけで人間は冬でも微妙に発汗します)。
    生地が重いだけでなく、硬いと言うのはどうしても生地の柔軟性が乏しくなる為、身体と生地の間に『隙間』が生まれ安い。
    従ってその隙間に風が通り抜けてしまう=密着性が損なわれ『汗』が冷える。
    結果返って寒い。
    しかも編み生地なので『防風裏地』を装着しない限り、その網目からも風が入る(カットソー等のニット生地に限らず、通常シャツ地もデニムも全て編み生地)。
    …かと言って『裏地』をつけたら又々着心地は重圧になり更に重い。
    なので各季節に合わせた程良く柔らかい質感を大切にしている訳です。
  • 大体お察しの通り、洋服造りを目指してはおりません。
    ウェットスーツや野球のアンダーシャツに代表されるようなスポーツ用品からヒントを得て発想に至りました。
    従って肩や腕の動きを極力妨げぬよう、手首に向けテーパーした腕ラインに対し、アームホールを大きく取り、ピッタリしてても運動性を確保した形状になっております。
  • 裾は平置きした際、下で広がってない形状で、裾が邪魔にならぬようにして有ります。
  • そしてそれらの質感&シルエットの複産物は冬にアンダーウェアとして重宝する場合が多々有ります。
  • 夏は日焼け肌にもザラザラせず、又意外にベタベタも少ない(※その辺りは実際着て頂くと多分すぐ判って頂けると思います)。
  • 基本的に追加製造ナシ、毎回限定製造です。
    たまたま人気が集中した色が有り、たまたま異常に早い売り切れになっても基本は変わりません。
    例え1つの色に人気が集中したとしても、他の色にも各々好きな人達は居る訳なので全く同じ色をすぐ造る事はございません。
    従って、過去製造したモデルで既に完売した物の在庫は一切ございません。
    尚、その為に先の初代モデルから数えると現行モデルは58種類目となります。
  • 限定数は長袖バージョンで各色(オール・サイズ合計)30〜35着が目安です(※袖バージョンが違う場合のみ限定数が異なります)。
  • 製造サイクルや時期は『毎年』や『季節』にあらず。
    皆様の声に対し、供給するべき使命の時期が来たと判断した場合に造ります。
    又、その際は常に『色』又は『種類』を変えて製造致します。
    尚、次回製造時期、次回作の色や仕様、及びバリエーションは常に未定で、新作を出す際は季節や時代など一切関係なく“造らなきゃいけないお告げが来た時”にお造り致します。
  • その為、製造を決定した段階で必ず各メディアや当Web等で『発売前の事前告知』を致します。
    但し、その際は製造途中段階での告知にて、実際の製品が無い状態の『文章のみの目立たない記事』での告知になる為、見落とす方も大変多いようです。
    …が、それが現物ナシ状態での精一杯の『発売前予告』の為、どうか悪しからずご理解&ご了承下さい(※予告には製品詳細以外、正式発売日時&予約受付開始日時も同時に記載されます)。
  • 『予告』をご覧になり、御希望の製品が既に決定したお客様には発売前に売約をお受け致します(※その際の御予約は受付開始日時以降にTEL又は御来店のみにて承ります)。
    尚、御予約は過半数〆切で、他の方への御迷惑防止=買い占め防止の為、御1人様1色1サイズに対し1着のみとさせて頂きます(※色違い、サイズ違いの場合は快く複数の御予約を承ります)。
  • 又御予算の都合で入手難になられる方を補助する目的で『取り置き期間自己申告制』等の各自に合わせた無料売約制度が御座いますので、その際は御気軽に御相談下さい(※これにより遠方の人ばかりが損する事は格段減りました)。
  • 以上、『海賊TEE』とは全て皆様の“熱望リクエスト”から新作が生まれる訳ですが、『有る時は欲しくないけど無くなると欲しくなる』方々からの“わがままリクエスト”(?)は『熱望』とは判断しませんので悪しからず!



● 各部詳細 ●


- 袖口リブ -

  • 本体(=シマシマ部分)と手首&衿(=リブ部分)の糸は違う糸を使用(リブは伸縮性に富んだ糸)。
    袖口リブは本体のシマシマ部分の1色に合わせ、リブ用糸を染めて造ります(従って長年愛用し、洗濯を繰り返すと手首だけ違う色に変化します)。
  • この手首リブのテンションは運動用サポーターの発想で長さ10p。
    半分に折り返し使用する事も想定してる為、例えばバイクに乗る時は10pに伸ばして使い、バイクから降りたら半分に折り返すと便利(※袖口を1段折り返す事により、伸ばしたままだと邪魔になった袖口は一気にスッキリして快適に過ごせます)。
    尚、これを習慣にするとリブ先端部分の傷み防止にも効果アリ(※お試しあれ)。


- ネック部分(※丸首仕様のみ) -

  • 半袖Tシャツを上に重ねた時、下の襟が不必要に露出するのを極力避ける為&首の露出を増やす事により、平均的日本人体型=ナデ肩を視覚矯正する目的で広目&ユル目に下げた襟になってます(※除く→タートル・バージョン)。
    尚、タートル襟は1段折り返して使用する目的の低目タートルです(折り返すと約3p)。


- 海賊TEEを更に長持ちさせる方法 (※長袖バージョンのみ適用) -

  • 袖のまくり上げ方:手首リブの突端部分から指を“釣り針形”に曲げる感じで突っ込み、リブをグイッと伸ばしながら引っ張り上げるのが上手くまくり上げるコツ(この方法が1番で、同時にシャツ本体の傷み防止にもなります)。
    因みに『そんな事して手首のリブが伸びてしまわないか?』と思うかも知れませんが、大丈夫、それ位ではダランと伸びたり、滅多にユルユルにはならないのが長袖海賊TEEの袖口リブです。
    まくり上げた袖口を手首に戻すと徐々にゆっくり、でも又スグ元通り、再びピタッとフィットするよう作って有ります(※因みにリブを気にしてシマシマ袖部分を引っ張り上げるのは返って逆効果=シャツの傷みが増す行為にてNG、ご法度と思って下さい)。



- 洗濯方法 -

  • 綿100%にて乾燥機はNGですが、洗濯&脱水のみで普通に干して乾燥させる方法ならあまり縮みません。
    因みに干す場合は、いちいちハンガーにかけなくても数年間位じゃ形崩れも少ないと思います。
  • 『色物』ですので漂白剤使用や濡れたまま放置(※水につけっ放しとか)はNGですが、通常の洗濯の
    場合は色落ちも少なく、1〜2年位じゃ変化も少ないです。
    従って『味』が出るまでは結構年月かかりますが悪しからず御理解下さい。



- サイズ(ジャストサイズで着る事を 想定してます) -

※ サイズは基本的に胸囲を基準に選んで下さい。

● 長さは極端に違わない為、身長を基準にするとジャストなサイズが判明しない場合が御座います。
● 全て、仕上がり製品を測った寸法です。多少の誤差はあるかと思いますが、御了承下さい。

・・ 注意 ・・
2014年製は誠に勝手ながら、サイズの変更を数点行いました。下記に記載致します。
(※ 不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。)


・・・ 新サイズ表・2014年製 ・・・

海賊TEE2014年製サイズ表

(↑※ クリックすると、単体で見れます。)


・・・ 旧サイズ表・〜2013年製まで ・・・

海賊TEE2013年製サイズ表

(↑※ クリックすると、単体で見れます。)

↑※ 〜2013年製までのサイズ表を変更しましたが、今までと変わりは有りません。

↑↑


※ 2014年製のサイズと2013年製までのサイズとの違い ※


・ Sサイズ: 身丈+約2p 長く、腕廻り+約1.5p 大きくなりました。

・ Mサイズ: 身丈+約1p 長く、腕廻り+約1.5p 大きくなりました。

・ Lサイズ: 身丈+約1p 長くなりました。


・・・ サイズ表の表示名説明図 ・・・

サイズ表の表示名説明図

(↑※ クリックすると、単体で見れます。)



- 補足 -

  • 昔の映画のシャツをモチーフにしたような雰囲気は'98年に製造したTYPE-Wまでで既に終了したと思っております。
    従ってTYPE-X以降は全く違う気持ちで造り続けて参りました。
    現在までに数種類製造し続けた『チノ・レプリカ』シリーズも紛らわしくて大変申し訳ございませんが現在は単なるニックネームでしかないと御理解下さい。
  • 今はもう『海賊TEE』は不良バイク乗りの為のシャツではとっくに有りません。
    あくまで日本人の皆さん用の、時にはスポーツシャツ、時にはアンダーウェア、ようするに単に『コレがどうしても必要』って言う皆さんの為の優しい着心地の『道具』みたいなシマシマのシャツ。
    既に今はそんな存在と思っております。
    なのでどうか既存の先入観などは捨てて、微妙な配色やハタマタ動き安い着心地を楽しんで…それこそ自由に、好きに着回して下されば幸いと思います。

    ※ 尚、当店は代引きにて一部通販可能ですが、Web販売は行っておりません。
    必ずTEL又は御来店にて、在庫は直接御確認下さい。




※※ その他、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい ※※

※※ いずれもお問い合わせはお電話又は御来店のみでお願い致します ※※









Copyright (C) 1990-1996-2010-2015 ZIGOKU-SHOWKAI INC. All Rights Reserved.