地獄商会公式ホームページ/日記Anti起床!1

 

 

地獄商会


↓                                                              ↓

☆ 過去の天守日記(重複してるものも有り) @ A B C D E         ☆ 過去のゲストブック(重複してるものも有り) @ A B

日記Anti起床!

2017.10.06 更新

新しいページ ←・・・<1><2><3><4>・・・→ 前のページ



★★ お客様各位・ご覧下さい ★★
↓↓↓
● 臨時休業のお知らせ ●
(2017.12.03)


● CONCRETE PIRATE L/S
プリントTEEデッドストック ●

(2016.12.25)


● オーダー等のお客様へ ●
(2016.04.28)


(※ ↑↑↑ クリックするとページに飛べます)


〜 お待たせ小俣 〜
(2017.08.04)

ほぼ1年ぶり更新です。

だけど単車の話でも服の話でもなければ以前お約束した何故現在の地に越したのか、でもなく、それらは又今度…。
久しぶりの更新は久しぶりに所有した4輪車のお話…。

4輪を所有するのはもう随分久しい。
今のこのクルマに乗ってようやく約2年半が過ぎようとしてますが、27年前にまだ革ジャンペイント屋だった頃の地獄商会を始めた時、あの頃手離した4輪が最後、アレ以来だから本気で随分になります。

現在の日々の暮らしの中である意味クルマは自転車代わりに近い必須アイテム、クルマが無いと買い物行くにも不便です。
今までは私のような者の移動の足は単車で十分でした。
荷物運搬用にリヤに巨大な箱を積んだ真っ黒な3輪スクーターを所有してた事も有りますが(※当時259の看板代わりでも有ったあの3輪、現代は知る人と知らぬ人に分かれるのが時代を感じます)、それは東京ならではの事。
電車もバスも殆んど無いに等しい現在の環境ではそう言う訳には行かず、99%4輪社会、クルマが無くては死活問題、毎日の生活圏において必需品。
地上にも地下にも電車が沢山有ってその気になれば歩いて買い物行けるような便利な地域、不要と言って居られたのは東京近郊がただ便利なだけだった事を今更ながらに思い知らされます。

まぁ東京は駐車場問題がシビア過ぎて最近じゃ単車でも少々シビアだし、肝心の駐車場が月極でも時間貸しでも高額で、特に土地が狭く、住居に無料の駐車スペースを設置し難い都心部ではけっこう4輪車を所有し難い状況だと思います。
実際自分も昔々はマンション家賃なみにバカ高い月極料金を支払わされて駐車場を借りてましたし(おかげで過去の違反、99%が駐車違反によるものだった)、それからすると何処へ行ってもデカイ駐車場が有り、しかも99%タダ。
反面大体の買い物はそれなりに荷物積む事が必須条件なので、そこに2輪や自転車を足にすると返って不便が生じてしまう…。

そんな訳で現在足にしてるスバルの軽。
お客さんの御好意により現在の足利へ移転する寸前に無料で譲って貰った1996年型KV3サンバー貨物用の660ccなのですが、とっくに10万kmを越えたポンコツ寸前だった為、当初は経年劣化がそれなりでした。
なので親戚の整備工場へ持ち込みヘッド周りのOHから始まり、以来時々アチコチちょこちょこ直し&調整しながらの現状。
去る2月はオーナーになってから2度目の車検をパス。
その更新時期に合わせ、随分すすけて艶も失せたままだったボデイを磨き、中身も色々ちょいちょい。
つい先日は、前々からずっと気になっていたファーストアイドル調整に踏み切り、合わせてフィルターを換えたりハイテンションコードやプラグもグレードの高いヤツに換えたり、まぁまだまだ色々煮詰めてっている現在です。

そんなある日曜の夜、セッティングついでに孤独なナイトランに出た。

例え栃木でも、日曜の深夜に道がガラガラになるのは東京とけっこう同じ、共通の事。
ガラ空きの道路、足利と桐生の県境付近、ダブルクラッチとまではいかンでもバッキンバッキンにシフトダウンしたり、各ギヤ無理矢理引っ張ったり、ガバッ!っとワイドオープンさせたり、ワザワザそんなラフ走行試しながらのテストラン。
電気式だけどコレ、一応キャブ車、取り敢えず今時キャブで燃調してる我がクルマ、しかも昔懐かしい5速のマニュアルシフト。

昔々1986年頃に所持してた昔の愛車(4輪)に付けてた青いサイコロのシフトノブ。
あれから約30年、それをまだに持ってたので今又それをこのクルマに移植して。
多分レアでも何でもない、珍しくも何ともないシフトノブ。
30年以上前の物だけど、きっと大した事ないかも知れない青いクリスタルなダイスのシフトノブ。
そんなサイコロ・コロ助なシフトノブ。
長い年月の愛着以外のナニモノでもないですが、僕には大切な物で、たかがシフトノブ、されどシフトノブって感じ。
でもやっぱり慣れ親しんだコレ、握ると気分がイイんだよネ。

ほぼ99%還暦世代の現在、この歳になっても趣味的なクルマを所有する余裕はナシ。
だから仕事優先の4ナンバー、白いスバルのサンバー軽貨物。

一時期ホンの短期間だけ所有してた同じく白い日産スカイラインGT。
4枚ドアのいわゆる箱スカの2000cc。
ようやく念願の1000ccハーレーを手に入れた直後位の頃だった。
当時はハーレー乗ったりイジったり、スカG乗ったりイジったり、他にも色々。
まだハーレーの本も、バイカーと呼ばれる面々も、何にも無いような頃。
当時働いてた勤め先の仕事終わって帰宅した途端(※当時は一応会社員)、夜な夜な単車イジり、時にはスカG飛ばして独り、深夜の高速を九十九里までトンボ返り、それでそのまま再び仕事行く!なんて事すら。
約30年前の、まだ20代の若者時代だったとは言え、四輪は暫く2台、単車は4台有ったし、あれで毎日深夜まで勤め先に居たんだから、まぁ我ながら当時の体力ってのは一体どうなっていたンだろう?と自分でも不思議ですが。

でもあの頃とは違い、今じゃせいぜいホンの短時間、それも殺風景な県道を、行ったり来たりする程度、途中の深夜のコンビニのPで独り、エンジンルーム覗いてちょこちょこ調整したりする程度。

でもそれでも!僕はきっとこう言う事が嫌いじゃない。
確かに単車は大好きだけどクルマもやっぱり嫌いじゃない。
てか動くもんは何でも好き、だから二輪と四輪のどっちが…みたいな話はけっこういつもど〜でもいい。
そして整備とか調整とか色々、誰かに任せっ切りはちょい嫌、なるたけ自分でイジりたくなる。
確かに実家は機械屋、モロ工業、生まれ育ったのは工場、機械が身近な環境、だけど決してそれだけじゃない。
16で単車の免許得た直後も、ポンコツ2スト不動車バラして組んで、いきなり2台持ちになった事が有るが、ただ好き、興味が有った、ただそれだけで、大して知識なんて何にも無かった。
だから随分と失敗して、随分と壊して、もう失敗だらけ、上手く行くのは1%、後は全部失敗ばかり。
もう恥かきまくりベソかきまくり汗ふきまくり焦りまくり。
だけどやっぱり好きだから再びイジくり回して段々慣れてって。
ウンチクやら知識なんてもんよりは、ただただ“勘”ってヤツを覚えてった気がする。
そしてそれが役に立って今まで何とか、それが役立って色々仕事もやって来れた。
単車&四輪イジりの延長、改造やら整備の延長線に有る感覚、その“勘”のみで皆さんが愛用してくれてる服や革製品を造ってたンだ。
どうやら僕はそんな奴なのかも知れません。
ガキの頃から単車、クルマ、乗るのも好きだが、イジるの好きで、ロックンロールは好きだけど、聴くのも好きだけど、観てるよりはマイクスタンド握ってる方が好き…みたいな(※でもライヴはそこまで好きではない…苦笑)。

で、そんなこんなの59年、後半年で60年。
早生まれの僕はまだ一応59、でも同級生達は既に大半が60歳。
今年は年末近くに還暦記念の同窓会が有るらしいけど、昔ながらの数え年なら僕も既に60歳のお爺さん。
懐かしいこの青いサイコロのノブを握る手も、いつしか妙に厚ぼったくなった、今じゃケツからクシ出してバックミラーで撫で付ける事もない、ポマード使う事もない、もう『手遅れ』かどうかは解らンだけれど(苦笑)。
とかす必要のない超短髪なのに久しぶりにケツにクシ突っ込んで、耳に上に向けた煙草、無地のTシャツ、長年愛した懐かしのラクダのタバコは無いけれど。
両切りもフィルターも現代売ってるアレとは違い、真のキャメルは葉っぱがトルコ産、だけどソレはもう手に入らないから、今じゃ同じトルコ産の葉っぱのウィンストンになったけど(※因みに本来のウィンストンと最近よく見るCABIN系のウィンストンとは全く違います)。

独り深夜のテストラン、途中で立ち寄ったコンビニ駐車場、頭の中の空想と現実が交差する。
パラダイス・ロードもサンダー・ロードも、ましてやマルホランドもココには無いけれど。
もう還暦?もうとっくに老いぼれ始めてる?それでもやっぱり気分はあの頃のまんま…。
ジョン・ミルナー、ケニッキー、はたまた黒いボデイで赤い火の玉カリォルニア・キッド、ボンネットの無いスティングレイのキャル…。

相変わらず支離滅裂で久しぶりの更新はただただ長いだけ(苦笑)、一体何の話だったか、もう自分でも全く解らんのだけれども…。
それでもネ、きっとずっと見果てぬ夢を追ったまんま本気で老いぼれてくのかも知れません。

そりゃ僕にも好きなクルマは有る、欲しいクルマ乗ってみたいクルマ憧れたクルマは有る訳ですが。
だけどやっぱり僕には分不相応、そう言うもんには何故かとんと縁がない(苦笑)。
どうやら僕は、念願の、魅惑的なクルマを手に入れるような種類の人間ではないけれど、何となく手に入れて何となく乗ってる内にいつしかとても愛着が湧いてしまうようなタイプの人間なのだけど…。
だから今回も取り敢えず20年落ちのポンコツ、どっからどう見ても働くクルマ!の、旧くて白い軽の4ナンバー。
そんなクルマをいつの間にか又イジくり回し、相変わらずこんな調子でちょこちょけやりながら。

でもネ、お婆さんみたいなお爺さんにだけは決してならぬよう気を付けてるンですよ、実は!!

1_ootanoidemitsu   2_jairoUP   3_tsuikaB



4_tsuikaA   5_sasikae   6_daisunoSHIFTnobu_BLUE_30nenmaekaranoaiyouhin



7_3bar3kitiSETTINGnow   8_The_california_kid_1974   9_camel



0_Winston_corm_pomade_kakushu   11_ootanoidemitsu   12_ootanoidemitsu



(↑↑↑クリックすると、別ウィンドウで見れます。)



〜 足利よりの初更新 〜
(2016.08.24)

久々と言うか、ほぼ1年ぶりの日記の更新です。
多分もう再開しないと思われてたかも知れませんが(苦笑)。


昨年の9月で長年親しんで頂いた東上野の店を閉めてココ足利に引っ越して以来、初めての更新と思いますが、本日は地獄商会のオープン記念日。
(※21周年かと思ったら計算間違いで20周年かも?お祝いメッセージ頂いた皆様算数も出来ないバカですみません!)


え〜改めてすみません、計算間違いするいい加減な野郎で…。
地獄商会そのもののスタートは1990年頃なのでそれだと26周年になるのかも知れませんが、更にいい加減なワタクシは詳しい開始日を全く憶えてないと言う…
その為、本来の開業記念日が自分で解らなくて(汗)。
そんな訳で取り敢えず記憶の有る、東上野の店をオープンさせた日の8/24を開業日にした訳ですが。
でも移転して再オープンしたのは今年の春だし、その辺り、本来なら又開業日って変えなきゃならんのかな?なんて思うのですが、果たしてホントはどうするべきなんだろ?その辺…。


とにかくいつの間にかあれから20年経過して21年目に入った訳ですが(※多分この解釈が1番正しいかも?)。
まぁ今まで色々有りましたネ。てか今も色々有ります(苦笑)。
取り敢えずちっともうだつの上がらぬまんま、21年目に突入して果たしてコレからどうなって行くんでしょうネ?259は。


ご存知の通り、皆様に長年親しんで頂いた海賊TEEは製造中止ですし、度付き眼鏡専用フレーム、財布(ウォレット)も同じく生産中止にしました。
ドンドン売る物無くなって行くと心配する声をよそに…。


★★海賊、眼鏡、ウォレット、今店内に在庫してるのみですのでご希望の方は是非お早めに!
(珍しくちょっと販促してみました)★★


もちろん海賊TEEもウォレットもネタはまだ尽きてませんし、正直造ってみたい配色とか有ります、まだ。
ですが今はホントに何かを仕切り直したい気分が強く、従って最悪もう造らなくても(or造れなくても)仕方ないと思っています。
それに素朴な疑問として近年何かがちょっと変に感じてます。
誤解を恐れず言えば、何処へ行っても、あっちこっちで馬鹿みたいにシマシマだらけだし、今更チェーンの、革ヒモじゃない、トラッカータイプのウォレットが増えたりして。
下手すりゃ右用だ左用だなんてのザラに有りますよネ、今って。
有り難い事に『259のは違う!』『別格だ!』と言って頂ける方が沢山いらっしゃるのは存じておりますし、もちろん嬉しい限り、大変冥利に思います。
ですが、それ、ホントに少しシラけませんか?どうなんよ?似たような物ばかりが増える世の中、と言うか、似たような物しかなくなる世の中ってと。


これ又誤解を恐れず言いますと、袖リブ付き長袖ストライプシャツ、隠しボタンのチェーンウォレット(同じく左用や珍しい皮革素材使用の物)、度付きレンズ専用の眼鏡フレームとしてのバイカーシェード、多分それらはウチが世に出した最初のトコだと思います、恐らく。
そう言う点では巷がドンドン追従してる?みたいな事、それで切磋琢磨する事で色々発展してくのは良い面も有ると思ってます。
そのせいかは解りませんが、確かに昔に比べ、色々クオリティは上がったかも知れません。
が、何かさ、質はイイけど、値段も高いけど、世の中全部ウニクロみたいになってってない??と思う訳で。
だとしたらそれってけっこうダセェじゃん?って感じなのです。


コッチ(足利)で再オープンした今年の春頃、初めてご来店なされた方に(※上野時代を知らないお客さん)、『何故店ん中にバイク飾ってないの?』と質問された事有りました。
その方曰く、ブリキのアメリカンな看板とか装飾品とか陳列しててChopper飾って有って綺麗な床のフロアや木のハンガーに服かかってないと駄目らしく『コレじゃ何屋か解らんよ』と。
今度のトコは奥に単車修理用のスペース設けたのですが、たまたま修理中の単車も有ったの見て『もっとお客さんに見せるようにバイクを置かきゃ駄目だ』とお叱り受けて。
改めて自分とのギャップを感じてしまった訳ですが、もしも自分なら、ホントにそのままの店が在ったら多分ちょっと何かが違う感強くなる気がします。
もし今が1970年代とか80年代とかならイイのかも知れませんが、僕にはどうしてもそれが凄く古臭く感じて、今更感みたいなもんが強くなってしまうのかも知れません。


正直今更B級何とかムービーとか、そう言うのにも今の僕は興味なくなってしまってます。
飽きた、と言えば飽きた。確かに飽きっぽいのかも知れません。
が、どうにも金太郎飴みたいに見えてしまってるンですよ、現状の色々が。
特にMotorcycle取り巻くアレコレの現在には。


皆さんを、よりカッコ良くしたくって、この仕事して続けて来ました。
でももしこのまま僕まで、ウチまでこんな事続けてたら、結果的に皆さんをドンドン金太郎飴にしてきやしないか?みたいな疑問が出て来てるのですよ、今。
幾ら自分は真面目にやってるつもりでも、結果的に皆さんをカッコ悪い方向へ導いてしまったら…それは、それだけはホントにイヤなのですよ、マジで。


ハッキリ言いますネ。


売れるから造ってるんでしょう。
恐らく他にネタが思い付かないんでしょう。
自分が全てを牛耳りたいんでしょう。
そして…
流行ってるから良く見えるんでしょう。
それ持ってれば馬鹿にされないと思ってるんでしょう。
本当に好きな物がないんでしょう。


ですがやっぱり似たような物しか造れん業者さん達も、それ選ぶ人達も、どちらもマズイじゃないですか、このまんまじゃ。
変な意固地や嫉妬やそんなのばかりで、真のプライド感じないじゃないですか、それじゃホントに。


例えば業者さんでね、『俺の方が上手く造れるゼ!』っての、何か凄くカッペな考え方に感じるんですよ、ワタクシには。
本当に自我が強いなら『何処にもない物、誰も見た事ない物、全く新しい物造ってやる!新しい事してやる』って何故思わないんだろ〜??


もしかしたらビジネスとして成り立ってしまったこの世界に何かドキドキしなくなったって事なのかも知れません。
そう言うのダメなのかも解らんですネ、僕は。
結局Rock&rollもChopperも、やっぱドキドキしてたいんかも知れんです。
上から下まで、真っ黒からシマシマまで、革から生地からもう色々、デパートみたいでウニクロみたいになってくの見てて、少なくとも僕は魅力感じなくなってるのは確かです。


これは自慢とかホントそ〜ゆ〜んじゃなく、今までの僕も259も、ある意味、新しい事や物、又は今はもう無くなってしまった物のを新アレンジして復活とか、そ〜ゆ〜事ばかりして来て、ある程度、例えば他の業者さん達に、新しいネタとかを色々提供して来たかも知れません。
20年前に海賊TEE出した直後、バイク業界はおろか、普通のファッション・ブランドからもいきなり!袖口にリブ付いたシマのシャツがアチコチから出た事有りました。 それまでコト長袖のシマのシャツには必ず!袖口はリブ無しでストン!としたのしか無かったのにホント突然。
眼鏡も最初出した頃は、値段も含めて(世の中に)凄くビックリされたようですが、直後から某誌の広告にドンドン本業の眼鏡屋さんの広告が増えたり。
革ジャンペイントとしての地獄商会始めた26年前も、突然、アチコチから革ジャンペインターと言う人が現れたり、地元アメ横辺りでも『革ジャンペイント承ります』の貼り紙が増えて。
しかも僕がテキトーにつけた“革ジャンペインター”なんて総称まで勝手にメジャーになってくの見てて何か何処かで???の不安はつきませんでした。
この辺り、バンド時代も似たような事、沢山有りましたし、考えて見ればもっと遥か前、子供の頃から似たような出来事だらけだったかも知れません。


これも自慢とか変な意味じゃなく、もしかしたら僕はそんな宿命なのかも知れませんネ。
何と言うか、ホンのひと握りの部分での話ですが、世に新たな何か、新たなネタを提供する立場と言うか。
道なき道を新たに切り開くなんてカッコイイもんかは解らんけども。
ホント、その辺り、自慢とかそんなんじゃなく(てかむしろ逆!我ながらかなりウザくて面倒な宿命…もしもホントにそうだとしたら)。
でね、だからって訳じゃないのかも知れんけども、今の色々、現状色々を見ててネ、今コレからの僕はそろそろ違う何かを生まなきゃならん時期に来てる?みたいな事感じるんですよ。
ホントに僕の宿命がもしもそうなら…その役目としての僕は、そろそろ違う何か、既に無くなってしまった何かを含めて更に新しい何かを生まなきゃならん時期、その新たな、違う何かのトコへ行かなきゃならん段階かと思う訳です。
しかし後1年半ほどでワタクシ、いよいよ還暦、60歳になります。
そんな訳であと1年半、取り敢えず何かやって見ようかと思ってますが、ですがきっと僕にも限界は有ると思います。
だからもし、60歳になった頃、もしも自分なりの新たな答えが出せなかったら、その時はもう店は閉めるかも知れません。


今までホントに何度も潰れかかってます、地獄商会は。
ホントに何度も『今回のチャレンジは社運かけて』と思いながら、本当に持ってる金、全部残らずつぎ込んで何か造って来ました、何度も何度も(※実話だよん)。
でも悪運強くて何故かいつもギリギリ生き延びた(と言うか生き延びてしまった…苦笑)。
ですが、今度はホントにラストチャンス、ラストのチャレンジと思っています。 多分こう言うと『まだまだ生き延びてくれ』みたいな事、そんなお叱り受けると思います。『たかが60歳じゃん!』と。
だけどね、今まで色々やって来て、近年は色々有って(※99%プライベート)、ホント今ヘトヘトに疲れてます、ワタクシ。
それにネ、今まで本当に毎回マジで『駄目なら今度は潰れるだろう』と思ってチャレンジして来ました(※しつこいようだけどホントにマジなんョ)。
で、年齢も有って、これからは本当に少し、ノンビリゆっくりやりたいんです。
楽しく平和に単車乗ったり、好きな音楽やったり、もっと自分の事に何かのエネルギーや時間を使いたいし。
なので今後の1年半でやってこうとしてるチャレンジはマジのラストなんだと思ってるんです。
(※ようするに以後は引退&隠居する可能性含めて)


そんな訳で今、とにかく仕事含めて何か変える時期に来てると思ってます。
もしかしたらお客さんが来店する店舗って形式もあと1年半位で変えるかも知れません。
来年の今頃はもう店舗営業ヤメてるかも知れません。
ようやく移転してこれからって時にこんな話して、又お叱り受けるかも知れませんが、けっこう本気でそんな事考えてます。
いつ潰れるかも知れんと、本当に毎回綱渡りしながらの今まででしたが、勿論今回も本気でマジで何かを変えたい時期に来てます。


勿論単車は乗り続けると思いますし、ソコは変わらんでしょう。
それに間違えなく単車に関わる仕事もしてくんだと思います。何しろ好きなので。
それにもう当分引っ越すつもりも御座いませんし(苦笑)。


だけど何かを変えたいと言うか、原点に戻りたいみたいな何か…が今僕の中で滅茶苦茶モヤモヤし始めてるのは確か。
そんなこんなで例えば海賊みたいに今まで造って来た物とか、そう言う色々なのは廃盤にしてくのを何卒ご容赦願いたい訳です(その辺、後は他の業者さん達が喜ぶのかな??)。
かと言って今スグ何かを造るって決めてる訳じゃないんですよネ、ホントに。
そ〜ゆ〜神のお告げ?天の指令?みたいな何かを自分に受ける為にも今は自分の中に有る古い物を吐き出す時期と言うか(※お告げだ指令だ言うと単に危ない奴っぽいですが…)。
とにかくこれからの1年半位の間で、自分なりに、ピンと来る何かに出会う為にこれからは。
でももしも出会わなかったらすみません、そん時はもう引退してもイイと思ってます。本気で。


てな訳で取り敢えず来年まではこのまま店やりながら色々模索して見ます。
突然変な話して約1年ぶりの更新、しかもせっかくの開業記念日に何だかすみません。
そして久々なのに前にも増して異常に長くなってしまって。
てな訳で今回はこの辺で。


あとなるべく近い内に何故引っ越したかとか、その辺りも色々書く予定です。
取り敢えず本日259は20周年(21周年改め)を迎えました。
相変わらず何も催しやらなかったですが…ってか昨日まですっかり開業記念日忘れてました(苦笑)。
でもって明日と明後日は親父の三回忌でお休みさせて頂きます。


★案内コーナーにも有ると思いますが、8/25(木)〜26(金)、29(月)〜30(火)はお休みさせて頂きます。
※9/5(月)定休日は病院の定期検診で東京へ行き、翌6(火)ももしかしたら臨時休業するかも知れませんが、それに関しては又お知らせする予定です。


では皆様20年、有難う御座いました。
もうあと少し、宜しくお願い致します。









(↑↑画像をクリックすると、全て別ウィンドウで見れます。)









Copyright (C) 1990-1996-2010-2015 ZIGOKU-SHOWKAI INC. All Rights Reserved.