改造と改良 → 追加メーター関係

SARD P.B.I(パワーバンドインジケーター)取付

2009.01.04.施工/公開日

車検クリア(条件付)できます。

メインページへ戻る 改造と改良 管理人へメール アンケート このページをご覧になっている事は、同意書に同意した事とします。

 

 Keiworksに「SARD P.B.I (パワーバンドインジケーター)」を取付です。

 F-1などレースで使われているパーツです。

 昔から付けてみたいと思っていたパーツです。

 

 ★今回取付する商品の紹介

・SARD P.B.I(パワーバンドインジケーター)

SARD P.B.I(パワーバンドインジケーター)SARD P.B.I(パワーバンドインジケーター)の発色

購入した時の状態

SARD P.B.I(パワーバンドインジケーター)のプリント基板

 Web検索で「SARD P.B.I (パワーバンドインジケーター)」を調べますが情報量が少なく、メーカーのホームページでも写真だけ掲載です。

 

【特徴】※Web検索で調べました。

・LED(赤/緑)を使用して、無点灯、緑点滅、緑点灯、赤点灯の4つの状態を表現します。

・昼間でもLEDが見やすく、夜間はライトを点けるとLEDの光が減光できます。

・任意回転数まで上げて(3ポイント登録)、後ろのボタンを押すだけで設定できます。

 

【詳細】

・商品名

・製造メーカー

・定価

 

 

 

・使用電圧

・その他

 

 

P.B.I(パワーバンドインジケーター)

SARD

\14,800

 私はこの商品をセ○ハ○市○で中古品で\2,400(税込[5%])で購入。

メーカー不明、説明書/ステー固定ネジなし、接続用ハーネス付、

配線種別不明、動作未チェックの品物です。

DC12V

*気筒数の設定がない。

↑(追記:2009.01.06.)調べると設定が無いようです。

*プリント基板から

 製造年月:2000年1月  ロットNo:04221 と確認できます。

 

 

 ★必要な部品/材料

 ★必要な工具

・ギボシ端子(オス/メス) x 4セット

・エレクトロタップ x 1個

 ↑イグニションから電源を取る方は、2個です。

・結束バンド(小)

・ビニールテープ[19mm幅]

・タッピングネジ[3.5mmx10mm] x 4個

 ↑私は3個使用しました。

・配線[2芯か3芯](普通の太さ)

 ↑長さは現車あわせで

・両面テープ → 強力な物。

・コーキング(シリコン)黒 → クリアでも代替可。

・黒の塗料(少し) → 使わなくてもいいです。

 

・+ドライバー(#2) → 先の長い物と短い物を用意

・ニッパー

・圧着ペンチ

・カッター

・充電(電動)ドライバー

・鉄工用ドリル刃[3.5mm]

・鉄工用ドリル刃[6.0mm]

・コーキングガン

・塗料用筆 → 塗料を使用する場合のみ。

・サービスマニュアル(電気配線図集)

 

 ★施工

  注意!

  ・エンジンルームの作業は、必ずエンジンが冷えた状態で作業してください。

  ・カーオーディオなど常時電源を使用しているパーツで、設定が消えてしまう事がありますので注意してください。

 ■P.B.I(パワーバンドインジケーター)本体取付

P.B.I(パワーバンドインジケーター)本体を取付位置は、ハンドルの真正面で中心に取付するのが一般的ですが、私はAピラーのブースト計付近に取付します。

【P.B.I本体の取付位置】

・P.B.I本体を取付位置は、ハンドルの真正面で中心に取付するのが一般的です。

 私の場合は、Aピラーのブースト計付近に取付します。

 

【P.B.I本体取付固定】

・P.B.Iの固定ステーに両面テープを付けて、本体の位置決めします。

・金属用ドリル刃[3.5mm]で固定ステーのネジ穴に穴を開けます。

・タッピングネジ[3.5mm x 10mm]で固定ステーをネジ止めします。

 

【Aピラーカバー取外】

・ドアの周りにあるウエザートリップ(白いゴム)を外します。

 手で引張るだけで簡単に外れます。

・運転席側Aピラーは3ヶ所の爪で固定されています。

 左に動かすと2ヶ所の爪が外れます。

 その後、上に持ち上げるとAピラーが外れます。

・Aピラーボディー側に、Aピラー固定用の白いプラスチックの爪が付いているので、つまんで取外(2ヶ所)してAピラー側に取付しておいてください。

   関連:汎用2ホールAピラーメーターホルダー取付 → こちら

   関連:続 汎用2ホールAピラーメーターホルダー取付 → こちら

   関連:5連Aピラーメーターホルダー → こちら

 

各配線をつなぎます。

【P.B.I配線引き込み】

・P.B.I本体から出ている配線が通る穴を開けます。

 メーターホルダーに金属用ドリル刃[6.0mm]で穴を開けます。

・配線をメーターホルダー内に引込みます。

・配線作業がやりやすいように、ダッシュサイドトリム(運転席足元横にあるカバー)とコンソールアンダートレイを外します。

   関連:コンソールアンダートレイ/ダッシュサイドトリム脱着方法 → こちら

・Aピラーとダッシュボードの隙間から配線(1芯)を通して、足元に束ねておきます。

・今通した配線のAピラー側をギボシ端子(メス)を取付します。

・足元に束ねておいた配線を助手席の足元に引込、運転の支障が出ないように、結束バンドで要所固定します。

・必要な配線の長さにして、ギボシ端子(オス)を付けます。

 

配線は短く済むので、付属のハーネスについている黒い保護チューブを外します。

 

【配線】

・車輌側の配線は短く済むので、付属のハーネスについている黒い保護チューブを外します。

・P.B.Iの各配線にギボシ端子(オス)を取付します。

・各配線をつなぎます。

配線色

接続先

 ACC(12+) か イグニション(IG)

 アース(−)

 回転信号(REV)

 イルミネーション

P.B.I(パワーバンドインジケーター)本体取付完了

【Aピラーのメーターホルダー取付】 ※私の車だけ(取付車)

・カプラーをつないで、Aピラーを元に戻します。

 Aピラーの爪を、ボディ側の固定用の穴に合わせて左から押して固定します。

 固定されるとカチッと音がします。

 配線をはさまないように注意してください。

・ドア周りのウエザートリップ(白いゴム)を元に戻します。

・バッテリーの+を元に戻します。 → 後でオーディオなど設定してください。

・配線引込作業が終わったら、ダッシュサイドトリムとコンソールアンダートレイを元に戻します。

   関連:コンソールアンダートレイ/ダッシュサイドトリム脱着方法 → こちら

 

【ステー調整】

・P.B.I本体を見やすい方向に調整します。

・固定ステーの一部(窓側から見える部分)を黒のつや消し塗料で塗ります。

 

 ■ECUの回転信号配線識別と車内引込

バッテリーの裏側にあるハーネスが車内に入り込んでいる所から車内に信号線を引き込みます。

【車内からエンジンルームに配線引込】

・配線(1芯)を左の写真の赤丸のゴムパッキンから車内から引込みます。

 TAKE-OFF ふんばりくんを取付しているため、配線引込作業が大変でした。

   関連:TAKE-OFF ふんばりくん取付 → こちら

・エンジンルーム側の配線をちょうどいい長さにします。

・車内から配線を引込んだゴムパッキンの穴にコーキングして防水します。

・エンジンルームから引き込んだ配線の先にギボシ端子(メス)を取付します。

・助手席の足元に置いたP.B.Iの配線と、エンジンルームから引き込んだ配線を接続します。

 

【静電気放電】

・体中に溜まっている静電気を逃がしてください。

 

【バッテリー−側ターミナル取外】

・バッテリーのー側ターミナルを取外します。

 本来はバッテリーの−側ターミナルを外しますが、私はECUの配線に直接分岐する事にします。

 バッテリーの−側のターミナルを外すと、色々な機器の再設定が必要になります。

 特にバッテリーの−側ターミナルを外して10分以上過ぎた場合は、ECUの再学習を必ずやらなければならないので、注意してください。

 ECUの再学習させる場合は、関連リンクを見てください。

  関連:イグニッションレジスタ → こちら

ECUのカプラー側のカバーを上に持ち上げて外します。【ECU配線カバー取外】

・本来はバッテリーの−側ターミナルを外しますが、私はECUの配線に直接分岐する事にします。

 バッテリーの−側のターミナルを外すと、色々な機器の再設定が必要になります。

 特にバッテリーを外して10分以上過ぎた場合は、ECUの再学習を必ずやらなければならないので、注意してください。

・ECUのカプラー側のカバー(下の写真赤線の左側)を上に持ち上げて外します。

 

ECUのカプラー側のカバーが外れました。【ECU配線確認/分岐】

  注意!

 10型(T/C-MT-FF車)HITACHI製のECU配線です。

 AT車、型違いはディーラーで確認してください。

・メーターにも回転信号の線は来ていますが、今回はECUから直接配線します。

 ECUのイグニション(IG)からも電源を取ることができますが、今回はACC(12+)から電源を取ります。

10型(ターボMT車)HITACHI製のECUの回転信号(REV)とアース(GND)線の位置です。関連:ABA-HN22S(10型 MT)のECU配線 → こちら

赤矢印の配線(茶/灰)が回転信号線です。・左の写真の赤矢印の配線(茶/灰)が回転信号線です。

 イグニション配線は右上の「白/赤」の線です。

エレクトロタップで配線(茶/灰)と車内に引込んだ線をつなぎます。【回転信号線から分岐/接続】

・エレクトロタップで配線(茶/灰)と車内に引込んだ線をつなぎます。

・配線の太さが違うため、エレクトロタップが外れないように結束バンドで縛ります。

ECUのカプラー側のカバーを上に持ち上げて外します。【ECUカプラーカバー取付】

・ECUのカプラーカバーを元に戻します。

 

【バッテリー−側ターミナル取付】

・バッテリーのー側ターミナルを取付します。

 

【ECUの学習】

・ECUのカプラー、バッテリーの−側ターミナルを10分以上外していた場合は、ECUの学習が必要になります。

 ECUの再学習させる場合は、関連リンクを見てください。

  関連:イグニッションレジスタ → こちら

 

 ■完成 ※設定前

これで完成です。設定前のため、回転が低い状態で赤く表示しています。・これで完成です。

 設定前のため、回転が低い状態で赤く表示しています。

 
 ■P.B.I(パワーバンドインジケーター)設定と動作チェック  ★P.B.I(パワーバンドインジケーター)の動画

  注意!

 設定する時は、人の迷惑にならない所で設定してください。 ※特にマフラー交換車

【設定方法】

・説明書が無いので、設定方法をGoogleで調べました。

1.エンジン始動させます。

2.ギアをニュートラル(N)にします。

3.一回だけ本体裏側のボタンを押すと、P.B.Iが起動します。

4.P.B.I本体裏側のスイッチを3秒以上押すと設定モードに変わります。

5.アクセルを踏んで設定したい回転まで上げた所で、1回押すと「緑点滅」が設定します。

  私の場合は3.000rpmで緑点滅設定しました。

6.さらにアクセルを踏んで設定したい回転まで上げた所で、1回押すと「緑点灯」が設定します。

  私の場合は4.000rpmで緑点灯設定しました。

7.さらにアクセルを踏んで設定したい回転まで上げた所で、1回押すと「赤点灯」が設定します。

  私の場合は7.000rpmで赤点灯設定しました。

8.エンジンの回転を下げてください。

 

 音が出るので音量調整してください。

 ※動画を見る時は、

  ActiveX/Shockwave-Flashを有効にしてください。

FLASHプレーヤの使い方

SARD P.B.I(パワーバンドインジケーター)の発光パターン【動作確認】

 1.LEDが点いていない事を確認します。

 2.アクセルを踏んで、設定した回転数で「無点灯緑点滅(遅い)緑点滅(速い)→ 緑点灯赤点灯」になる事を確認します。

 3.夜間、ライト点灯時にLEDの光度も減光されます。

 4.上の項目すべて動作していればOKです。

 

 ★施工後

・この商品の事を調べるのにかなり時間がかかりました。

 Web検索で(タコメーター、ワーニングインジケーター、シフトポイントインジケーター、など)で検索しました。

 物が古いパーツなので、SARDのホームページでも写真だけでした。

SARD P.B.I(パワーバンドインジケーター)のプリント基板

・P.B.I本体を分解してプリント基板を調べたら、購入した店で表示のあった配線の色が、間違った表示をしていました。

 そのまま配線していたら、動作せず壊していたかもしれません。

 よく考えれば配線色は「JEITA規格」で決まっています。

 基本をすっかり忘れていました。

 プリント基板を調べてよかったです。

配線

店の配線表示

正しい配線の色

アクセサリー(ACC) または イグニション(IG)

アース

イルミネーション(ILM)

回転信号

 ※今回の回転信号の黄色はJEITA規格ではなく例外です。

 ※パイオニアの古いモデルで、イルミネーションが青になっているモデルがあります。

   関連:Carrozzeria DSPイコライザー取付 → こちら

 

 このページのトップに戻る メインページへ戻る  Copyright(C) ty_plus5638 All Rights Reserved.