シースリーの注目ポイント

毎月7,000円の定額だから安心

シースリーが追加料金無く、全身脱毛が月7000円という定額で出来るので、学生にも安心です。

シースリーは定額なので、他社よりも

他の脱毛サロンでは、安く体験できますが、いざ本格的に脱毛を始めると追加料金が必要になったりもしますが、ところが、シースリーの場合は回数がかかりがちな何回でも脱毛できる通い放題のコースがあるのです。

何回も通って費用が重むか不安を感じている方にもおすすめ。

脱毛することは生え変わる毛のサイクルがあるので、どの部位でも一度の脱毛ではムダ毛が無くなることはありません。エステでは、通常10回近く通う必要があると言われてます。




Vライン、おしりまでしっかり脱毛

脇やVラインは、手入れもしにくいデリケートな箇所なので、そんな時こそ安全な脱毛サロンで

普通の脱毛サロンでは同じ全身脱毛でも、脱毛箇所は30ヶ所程度です。脱毛部位が全部で53ヶ所も

詳しくはこちら

シースリーでは純国産脱毛機ルネッサンスを使用

シースリーでは全店舗で国産の高級脱毛機「ルネッサンス」を導入しています。日本人の性質にあわせて設計されているので脱毛効果も非常に良く、早く脱毛できます。

詳しくはこちら

手数料不要!引っ越ししても店舗移動出来ます

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です

詳しくはこちら

脱毛について豆知識

脱毛器で永久脱毛したらどうなんだろうと考えている人も少なくないかもしれません。脱毛器の中には脱毛クリニックでも多く採用されているレーザーを使うタイプのものがあります。ですが、安全のためを考えて出力を弱めなければならないので、残念ですが永久脱毛することはできません。ですから永久脱毛をしたい場合脱毛クリニックへ行って医療脱毛をする方がいいでしょう。

脱毛する時に確認してしまうのが、脱毛にかかる支払額です。医療脱毛は高額だといわれていますが、エステ脱毛と比べると支出が大きくなります。一般的に医療脱毛のケースではエステ脱毛を受けるのと比較して2倍〜3倍の支出が見込まれます。ただ、医療脱毛は高額である分、安全性と脱毛効果に関して優れているという長所があります。

光を照射して脱毛を行う脱毛器の場合、カートリッジ方式なのが主流になっています。カートリッジは交換する方式なので、何度使用できるのかは商品が違うと異なってきます。ランニングコストを抑制するためには、脱毛器を購入する時に1つのカートリッジで照射可能な回数が多い商品を選択することが大事です。

女性が脱毛サロンへ通いたい場合、気になることは、生理期間にも処理をしてもらえるかですね。このことは、脱毛サロンによって異なってくるものだと思っておいてください。生理中にも通うことのできるサロンもありますが、一律、禁止としているところもあります。ただ、規則はどうであれ、生理中だという場合には、衛生面の観点からデリケートゾーンの脱毛は一律としてできません。

センスエピとは、美容大国であるイスラエルの専門家がチームを組んで開発した脱毛器です。サロンや美容外科で脱毛をすると、かなりの値段になってしまいます。しかし、センスエピでしたら大体4万円ぐらいですから家庭用の脱毛器にしては安いですし、ムダ毛が気になった時、いつでも自宅で脱毛できます。そのため、センスエピは人気があり、9割以上の人が満足と答えています。

脱毛サロンにおける施術は普通、光脱毛という名の方法で行われるので、肌への負担は多くありません。施術が完了したら肌のお手入れをして、脱毛が終わります。一回施術を受けただけでムダ毛のない状態がずっと続くわけではなく、複数回通う必要があります。ムダ毛の量には個人差があるので、脱毛サロンに通う必要のある回数も違います。

家庭用脱毛器トリアのお値段は6万円あたりですから、エステや病院に行って全身脱毛をすることを思うと、絶対にお得ですよね。6万円くらいのお金で、いつでも行いたい時に何度でも気になった時に脱毛できるなら、ぜひ買いたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、痛いのがキライという人には残念ながらトリアはオススメできません。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ