シースリーのここに注目

全身脱毛がとても安い!

シースリーが契約の期限なく、全身脱毛53ヶ所がたったの月額7000円という定額で出来る事です。

シースリーは定額なので、他社だと回数制限あったり、費用が高くなるところが脱毛することができます。

普通の脱毛サロンだと、最初は安く感じても追加料金が必要になったりもしますが、シースリーの場合は、何回も回数を重ねないと脱毛出来ない何回でも通って脱毛できる定額で脱毛できるので安心です。

何回も通って費用が重むか気掛かりな脱毛サロンがはじめての方にもおすすめです。追加の費用はなく、何度でも通えるので安心です。

脱毛は毛周期の関係があるので、両脇の脱毛だけでなく1回の脱毛ではムダ毛が無くなることはありません。脱毛サロンでは通常10回近く通う必要があると言われてます。




Vライン、おしりまでしっかり脱毛

両ワキやVラインは、最もひと目に触れやすく部位なので、そんな時こそプロフェッショナルな行うのがおすすめなのです。

普通のサロンでは全身脱毛とはいえ、脱毛部位の箇所は30ヶ所ですが、シースリーが優れているのは53ヶ所行ってくれます。

詳しくはこちら

シースリーで使う脱毛機が他と違う

シースリー全店舗に国産の高級脱毛機「ルネッサンス」を導入しています。日本人女性の肌質、毛質を考慮しての設計なので、脱毛効果が高いです。

詳しくはこちら

引っ越ししてもサロン移動は可能

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です

詳しくはこちら

脱毛について豆知識

今では肌が敏感な方でも使用可能な脱毛サロンまたは脱毛クリームがあります。当然、敏感肌と言ってもその程度は人それぞれ違いますから、絶対に万人が大丈夫とは言い切れないでしょうが、肌が敏感だからと初めから諦めなくてもよいというのは嬉しい事実ですよね。

脱毛サロンへ行くと費用のトラブルがよく起こるので、注意しましょう。料金システムが不透明で予定していた費用を越えてしまうケースもあります。勧誘によって高い料金を請求されるケースもあるので、気をつけましょう。大手脱毛サロンだと料金体系が明確で勧誘禁止というところが多く安心です。

ここ最近、季節にこだわらず、そんなに着込まないスタイルの女性が流行になってきています。沢山の女性の方が、ムダ毛の処理方法に常に頭を悩ませていることでしょう。ムダ毛の脱毛方法は様々なものが存在しますが、一番すぐに出来る方法は、自分での脱毛ですよね。

脱毛サロンではしつこい勧誘があるといわれますが、それは本当のことなのでしょうか?結論から話すと勧誘をされることというのは確かにあります。高額化粧品や高額コースなどを勧められることもあるので、気を付けるのがいいかもしれません。ただし、大手脱毛サロンだと勧誘の禁止となっているところも多いです。しつこい勧誘をするとイメージが悪くなることがあるからです。

脱毛ラボは特に全身脱毛に力を入れて販売している脱毛サロンになります。比較すると他の店よりも安い値段で、気軽に全身脱毛を行うことができるのです。また、料金の支払いは月額制が可能なので、一括の金額を最初に用意する必要もないのです。また脱毛ラボでは脱毛処理に痛みはほとんどないのでも有名です。そして、自社開発の専用ジェルを使ったSSC脱毛で処理されており、痛みがない脱毛になるよう心がけているのです。

女性にとっては、月に一度生理がありますが、生理中に脱毛器を使っても問題ないでしょうか。月経中はホルモンが乱れ、バランスが悪いので、肌がいつも以上に敏感になっています。脱毛器で脱毛することで肌を荒らしてしまう可能性が高くなります。また、月経中は脱毛の効果が落ちるといわれている事もあるので、たくさんの効果を望むことは不可能かもしれません。

医療脱毛は安全だとされていますが、そのようだからといって全くリスクがない訳ではありません。医療脱毛にも、火傷、吹き出物や毛濃炎などの危険性があります。医療脱毛に限らず、こういった危険性はエステ脱毛でも起こりうるものです。脱毛をする場合は、少しでも口コミがいいところで施術を受けてください。

脱毛器を選択する時は、絶対にコストパフォーマンスにこだわる必要があります。コストパフォーマンスが良くないものを使用すると、脱毛サロンに行った方が費用が低くなることもないとは言えません。さらに、脱毛器ごとに使用できる部位は異なるので、使用可能範囲も確認してください。刺激が低く、肌へのダメージが少ないものを選ぶことをお勧めします。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ