レッツゴーW800

 シートは、カワサキ純正のカフェスタイルシートに交換しています。クラシカルレーサー風になって大変気に入っています。 2013年式の黒が残っていて、黒(2013年式)か白(2014年式)にするか迷ったあげく、清潔感があり爽やかな印象の白にしました。
黒は締まりがよくて精悍な印象だと思います。W800のカラーは毎年変わるようで2014年は白と青2013年は白と黒だったようです。 スペシャルエディションもカラーがころころ変わるようなので、気に入ったカラーが出たら要チェックだと思います。 次の年にも気に入ったカラーのW800の新車があるとは限らないです。次の年の方がいっそう気に入ったカラーのW800が発表される可能性もあります。
 スペシャルエディションはマフラー、エンジンのシリンダー、クランクケース、フェンダー、ホイールなどが黒に変更されている事が多いようです。 このあたりは好き嫌いがはっきりでるのではないかと思います。
カラーバリエーションの豊富さとカスタムによって自分だけのW800に仕上げ安いのがいいと思います。もちろん私のW800ように、ほぼノーナル状態でもW800には独特の雰囲気があるのを感じてもらえると思います。

 バイクにまたがった感じは、どこにも窮屈感はなくリラックスできます。やや前傾と感じるライダーもいるようですが、 スーパースポーツバイクから乗り換えた私には前傾感はありません。前傾感を感じませんが、高速道路の走行時の風圧を受ける時は、やや前傾していた方が体が力まなくていいと思います。
リラックスした姿勢で体に変な力が入らないのでUターンもやりやすいです。足つき性もスーパースポーツバイクより良くて急停車した時でも慌てることがありません。

Copyright© 久田タカシ all rights reserved.

レッツゴーW800