カーボンバスター 車のエンジンをデトックス

                    (有)動力社

 

→  Geolog
→  Diary
→  Guest book
→  E-mail















Yahoo!ジオシティーズ
→Home    →RMC-3E    →RMC使用方法   →施工店のご紹介   →便利GOODS

tsmino-img530x210-1144662095rmc2.jpg

 RMC-3E液を、エンジンの空気取り入れ口より霧化投入すると、エンジン内に蓄積されたカーボン、デポジット層の表面に付着します。

RMC-3Eの主成分である界面活性剤の働きによりカーボン、デポジット層の表面から内

部へと徐々に浸透して、この層を乾燥した微細な粉末へと分解していきます。

分解されたカーボン、デポジットは灰状になり、エンジン内部の空気流によって剥離さ

れて、排気ガスと共にエンジンから排出されます。 

RMC洗浄液は、燃焼室、ターボチャージャー、インタークーラー、吸気系統、排気系統、

排気ガス触媒等の洗浄効果があります。

 

【基準注入量及び洗浄間隔】

100馬力に対して200cc、又は、排気量の1/10の多い方を5,000Km毎(大型車は15,000km毎)に 霧化注入してください。(軽自動車などは100ml)

 

3万キロ以上の走行で初めてエンジンを RMC洗浄するときや、ノッキングする汚れの酷い

エンジンを洗浄するときは 上記基準量での洗浄作業を、数回、繰り返してください。

洗浄後 負荷をかけ運転し 翌日洗浄作業を繰り返します。洗浄後に 運転すると負荷に

より カーボンが細分化され放出されますので 運転した方が 効果的です。

概ね2〜3回の洗浄作業で、燃焼室内部を洗浄することができます。

(排気ガスの状態の項 ご参照ください。)

 

洗浄液の必要量(初回)

(例)2,000ccエンジン 

排気量の1/10の量を汚れの状態にあわせ 2〜3回噴霧洗浄します。

1日目 200cc

2日目 200cc

3日目 100cc 又は 200cc

(例)軽自動車は 100ccとしてください。

2回目以降

エンジンオイル交換時や 5,000Km毎に 排気量の1/10を使用します。

 

 tests.gif

 

上のグラフは、シャシダイナモテストによるRMC-3Eの使用前使用後のエンジンの出力を

比較したものです。
テスト車両

フォルクスワーゲンゴルフのガソリンエンジン・オートマチック車(90PS/5400rpm)を使用。
RMCを使用する前に、次の2つの条件で測定を行いました。

・徐々にアクセルをふかした場合
・アクセルを急にふかした場合
測定の結果、徐々にふかした場合と急にふかした場合とでは、約85馬力と同じ測定結果が
出ました。

RMC-3E液を200cc2回、100cc1回と3回にわたり3日間使用して、テストした結果、最高出力が89.4馬力と、4.4馬力の出力の増加が認められました。

特に2速での加速が体感出来るようになりました。

 

 

 

RMC-3Eは 航空機、船舶 大型トラックなど業務市場で  

30年の歴史があります。

RMCcatarog2.jpg

RMCcatarog.jpg