オイル交換










今回は基本作業のオイル交換。

2万kmを目前に控え、4stオイルにてフラッシングも併せて行うことに。

こんな手袋があると便利。







ということで、準備するものはこちら。

オイル受けとオイル(フラッシングのため2L使用)、オイルフィルター、

そして通常なら17mmのレンチのところ、私のGNは油温計の計測機をドレンプラグからとっているため、12mmレンチを準備します。







始めますが、最初にオイルの入り口がきちんと開けられるか確認。







固着して開かないのにオイルだけ抜いてしまうと、走らせることができなくなります。

それではドレンプラグ周りをのぞきます。







油温計がついています。まずはこいつを外します。







そうしたら、12mmのレンチを通します。







外したところがこちら。前回の交換から1500km、6か月経過(忙しくて乗れてなかったなぁと再確認。)







真っ黒だが粘度はしっかりして水っぽくない。

2輪用カスロトの部分合成オイル(10W-40)なので、こんなもんだろう。







オイルを抜いている間に、オイルフィルターも交換。こっちは8mm?10mmだっけな?







外すと残りのオイルが零れ落ちるので、マフラーやカウルに付着しないため、タオルなどを敷いておきましょう。







2回の交換に一度は交換しているので、前回から3000kmほど。結構汚れています。







新品と比べると一目瞭然。オイルフィルターカバー、ドレンプラグを閉じ、新品のオイルをいれる。







今回は20000km手前ということで、ご褒美の意味もこめてフラッシング。

といってもカストロではなく、1000円/4Lの安物オイルで。レベルゲージのHとLの間まで入れる。

暖機をしっかりとしてから、5kmほど付近を走行。







再度抜いたのがこちら。入れた時のオイルと比べ、茶褐色になっている。

1500kmごとにオイル交換をしているので、フラッシングの必要はなかったかもしれないが、気分よく走れる。

また、今までの5000円/4Lの部分合成カストロオイル(10W-40)から、無名の車用の鉱物油(10W-30)1000円/4Lへ変更。



GNオーナーの方はシェブロンなるオイルを使っても不具合なく走れたとの報告と、

自分なりに調べたり、友人の整備士のアドバイスから、車用を使ってみることにした。

規格によっては車用ではクラッチが滑るなど不具合が起きるため、きちんと規格を確認する必要があります。

規格についてはこちら  オイルについて考える



オイル交換後、不具合なく走行しています。元々古い設計のGNは、クリアランスを考慮して鉱物油のほうがいいのかもしれませんね。






もどる







Copyright (C) Tetsuuma no aru hibi, Since 2011

このHPのコンテンツ内に掲載されているすべての文章、データや写真等の転載、転用をお断りいたします。