タイヤ交換(10000km)






北海道ツーリング(走行距離3000km)を終え、走行距離が10000kmを超えたGN。

フロントタイヤはびっくりするほど減ってない。

それに比べてリアタイヤの消耗は激しく、溝は1mmほどといったところ。



やっとノーグリップタイヤからおさらばできる!

ということで、タイヤ交換の検討をはじめた。



GN125Hは、先人からの情報もあり、

前輪 2.75-18 → 3.00-18
後輪3.50-16 → 110/90-16

に変更することが可能です(フェンダーやチェーンカバーに干渉しないぎりぎり)。



検討の結果

フロント:ダンロップTT100の3.00-18 (GNに装着可能な唯一のハイグリップ)
リア:ダンロップK127の110/90-16(ツーリングタイヤ)




ちなみに、他に適合するものとしては

フロントの場合

ダンロップ:F18の2.75-18
ダンロップ:F11の3.00-18
ミシュラン:M45の2.75-18
IRC:NR21の2.75-18
IRC:NR21の3.00-18
IRC:WF-910 WILDFLAREの3.00-18
IRC:GS11の3.00-18
IRC:NF27の3.00-18
IRC:NF25の3.00-18

リアの場合

ダンロップ:D404の110/90-16
IRC:NR21の3.50-16

リアタイヤの選択肢が驚くほどありません。



インプレ

やっぱり中華GNの初期タイヤは滑りましたね。

履き替えるともう元には戻れません(戻りたくありません)。

よくグリップしてくれます。

GNでステップを擦る程度の傾きでカーブに突っ込んでいっても問題ありません。

ただ、カーブ途中や細かい切り替えしで、リアが滑る(アウト側にもっていかれる)ことがたまにありますが、

それはそういう運転の仕方によるものだと思います。



タイヤを変えるのがある意味最高のカスタムかも。






もどる







Copyright (C) Tetsuuma no aru hibi, Since 2011

このHPのコンテンツ内に掲載されているすべての文章、データや写真等の転載、転用をお断りいたします。