悪魔のささやき 2008年エビスデカバイ合宿その2


前回のエビス合宿の次の週にカントクのハイエースがエンジンブローで廃車に。苦節3ヶ月、やっと新車が届いたのでデカバイ合宿をやることになった。

せっかくハイランドまで持っていったのに雨のために試運転できなかったのでFZRは今回やっと二度目の登場だ。今回はリアサスのリンクプレートを替えてもらいケツを上げて旋回性の向上をはかってみた。

お願いしていたカウルの塗装も前日に仕上がって外見は美しくなった(ゼッケンまで手が回らなかったのだがそこは見なかったと言うことにしてくれ)。あ、そうそう、前回は12000回転しかエンジンが回らず非常にもどかしかったがスピードメーターを180キロ固定にしたので回ってくれるのではないかと!?。

てなわけで早朝起き出して一路エビスへ、7時過ぎにカントクと落ち合って東コースへ。ピットを確保したらまずは新車をゆっくりと鑑賞、ナローボディのハイルーフ等という珍しい車種なので興味津々。つか内装ワイルド、前の車の方が…という声が聞こえたような気もするが…。

左:そろい踏み、たにのナローボディーも並べたいね、誰かがスーパーロングハイルーフ買えば勢揃いだな
中:スクリーンが曇っていて臥せられません、交換したいが3EN2用なんて売ってるのか?
右:STCステッカー授与式に続いて貼り付けの儀、並べるとカッコイイ


走行時間が近づいてきたのでツナギにお着替え、と思ったらなぜか足が入らない・・・何やらツナギが板状に固まっておるではないか。そういや豪雨のハイランドの後で陰干ししてオイルを塗ってはあったけど1回も着てなかった・・・車の中であわてて手揉み?で柔らかくしてみる、何とか着れたけど今度は動けない。着たまま体中に革のお手入れ剤を塗って貰ってストレッチをしてようやく多少動けるように。意外な落とし穴ですっかり焦ったぜ。

久々の走行でドカはバッテリー充電中、一本目は俺だけ走るぜ!!。今日は異様に寒いのでタイヤのウォームアップは慎重にせねばなるまい。3周くらいしてそろそろ開け始めようかと気合いを入れかけたところ、さっきコースインしたばかりのCBRが一コーナーの進入で抜いていった。ウォーマー使えばイキナリでも案外行けるのか?流石だ、と思った瞬間に眼前でスリップダウン、下り坂なためバイクはかなり飛んでいったけどライダーは無事。シロウトの悲しさで飛んでいくバイクをついつい目で追ってしまい、俺までそっちに行きかけてハッと我に返る。アブネーアブネー、すっかりビビりが入ったためもう2周ほどタイヤ暖めてみる事にした!!。

一旦ピットインしてタイヤの暖まり具合とオイル漏れ等のチェックをして再スタート。徐々にペースアップしようと思ったがどうにもツナギの背中が突っ張ってイカン!!。とかいいつつちょっとだけペースを上げて一本目は無事終了。

ピットに帰ってもそのままツナギを着てミンクオイル塗ってストレッチ、長年酷使してるからなぁ…お手入れは大切。つかそっちこっち大変なことになってきてるのでそろそろ修理に出し時という説もあるな…買い換え!?無理無理。


左・中:何か来るんだよね後方から、銀色の爆音な奴が。
右:ここは全開だっつーんだけどマジなんすか?頭悪くねえ??400のクセにアクセル戻してしまうヘタレな俺


進入ラインが違うとカメラマンから指摘をくらいました…気をつけます
2本目も無事終了

2本目からカントクも走行開始、俺はというとキッチリ5周タイヤを暖めてから走りましたとも、えー。ツナギも上手いこと柔らかくなってきたのでそれなりに頑張ったよ、やっと膝が接地し始めたけどまだまだ行けるんだろうな、どうしても路面に大してじゃなくて地面の水平に対するバンク角で判断してしまうのが宜しくないようだね、ここらがシロウトの悲しい性ですな。

休憩後3本目、休んでいる間中カントクから「ウォーマー良いですよ、安いし買った方がお得です」と呪文を唱えられていたのでなんだか5周もウォームアップしているのがアホらしく感じてきた、確かに貴重な周回数がもったいない…ん?危ない、まただまされるところであった。

今回はだいぶお調子に乗ってきたので中盤以降当社比ではかなりのペースで頑張ったぜ、エンジンも高回転までブチ周り絶好調、400cc4気筒は体に優しいパワーで楽しいですな。リンクを変えてもらったはいいけど見た目からしてケツ上がり過ぎ?さぞや怖ろしい操縦性になってしまったか?と心配していたけどそれもなく非常に楽しい走行であった。

コレはさぞかし良い写真が…と思ったらヨメは話し好きな人にとっつかまってピットに缶詰めだったらしく3本目は写真無し…チョイと悲しい。などと言っているのは一瞬のこと、、ヨンヒャクとはいえやはりシャレにならないスピードは出るので結構キンチョーしているらしく無事走行を終えるとやっぱりホッとする。ホッとすると本番の宴会が待ち遠しい!!と本性を発揮。

とはいえワイドボディ車はコース下の通路を通れないので走行枠の合間が来るまで待機せねばならん、デカイのはなかなか不便だ…。

しかし運良くこの日は「虎の穴」をやっており新垣選手がキレた走りを披露しているのを間近で見れたので待ち時間も楽しかった。さすがは元GPライダー、走ってくると圧力?を感じるね。初級者には優しく上級者にはかなりの鍛えっぷりでなかなか充実のプログラムのご様子。

などと言っているうちにコースが空いたので一路岳の湯へGO!!宿に着いたらとっとと温泉に浸かって体をほぐし、とっとと部屋に戻ってまずはカンパイ。部屋で飲んでいると日も落ちて本番のお時間が到来。喜び勇んで連れだって安兵衛に出発!!オバサンにご挨拶し、今日も楽しく飲み放題。美味しい手料理込みで一人3千円!?申し訳ない位の歓待っぷり。だというのにたまに料金をごまかす輩がいるとか…ケシカラン!!。

そんなわけで単価の高い生ビールは自粛しつつチューハイ等を飲みまくって盛り上がり。酔っぱらっているのを良いことに、にこやかな悪魔に変身したカントクにたぶらかされて何か約束をしたような気がするが何だったっけ??嗚呼思い出せない…。

左:巨砲、じゃなく巨峰サワー、色がステキです。
中:サワーでカンパイ!!ではなくサイダーだけどさ、そのうちホントにお酒で乾杯になるんだろうな、泣くだろなカントク
右:オバサンと一緒に記念撮影、酔っていたので良く分からなかったが…誰?


そんなことですっかりテンションが上がったのでコンビニに寄って缶チューハイなどを大量に買い付けちまった…
左:酔っぱらい共の図
右:翌朝、大人はナニゲに元気がないです、顔もむくんでいます

といったことで翌日はダラーっと目覚めてダラーっと解散、下道でのんびり帰ってきたさ、昼間でも4時間で着く事が判明したので次回からは高速はやめておこう。

てなわけで今回も大変楽しかった、春には伊豆の肩も治っているだろうしまたやろうぜ。夏もエビスでなんかあるんだっけ?はて??なんだったっけなあ…。