2004.10.23 エビスデカバイ合宿

そんなわけでたまにはデカイバイクでサーキット走りましょうよ、とカントクに呼び出されてやってきましたエビスサーキット、今回は東コースで走ってみよう&カメラ隊にカッチョイイ写真を撮って貰おうっつー企画だ。

俺様は最強の2ストロークTZR250SPRをトランポに積み込み出撃だ、タイヤはGPR80だがサーキットなら路面が良いからまぁ何とかなるべ・・・(←大間違い)。

現地に行くと放置車両チックなNSR&伊豆とウォーマーでタイヤを暖めてるアホ、いやカントクがすでに準備を進めてる。俺様も早速準備を整えあっという間に走行時間。

コースってどんな?手渡された恒例の?カントクお手製レシートの裏コースガイドは例によりなんの役にもたたねー。

まぁボチボチペースを上げて・・・つーかねタイヤ大失態ですよ、GPR80では怖ろしくてイカンです、ペースを上げるとすっ飛んでこけそうになるではないですか・・・。しかし、なんだ、周りはみんなFRPカウルの本気な人ばっかじゃん・・・どいつもこいつも速いのなんの。

それでもまぁ走ってるうちにそこそこ楽しくなってきたその時、下りの高速コーナーでついスピードメーター見ちゃったわけですよ、フルバンクにちかいところで・・・ナニ?こりゃこけたら死ぬでないですか!!と気付いちゃった瞬間にビビリミッター発動ですよ!!そのままコースアウト、バイクを必死で立ててなんとかこけませんようにお祈り。ランツアでのダート修行が生きたか(嘘)なんとか数十センチ手前で止まった、ああこえぇ。

     

俺はそんなこんなで一人コントをしてたわけだがアホ2名はいくいく!!特にカメラ班を意識した伊豆はアホだけに廃車のようなNSRで飛ばしまくり常連さん達をぶち抜きまくり、とはいえ他はSSばかりなので登りで一瞬で抜き返されるけど。

つーかSSって速いねー、勾配14度という壁のような登りでは追突されないようにまたまたお祈りするだけですわ、ロケットのように抜いて行くからね・・・・250では話になりません。でもアホが乗ると250でも対抗は出来るんだね、俺には無理だけどね。

ちなみにもう一人のアホ、カントクは着々と練習走行をし、次の週に行われたレースで3位をゲット・・・・お前等はすげえよ、マジでうん。

            
           左:カントク余裕の走行
           右:ドカをインからぶち抜く廃車、後ろから呆れてみてるカントク


走行終了後どこぞのショップの走行会をやっていたので見物、おぉ!!こっちなら勝てそうな奴が一杯・・・でもマナーもへったくれもなくとてつもなく危険、案の定そっちこっちでボコボコこけて盆栽マシンが木っ端みじんになっていく・・・。やっぱボクは本気組と走った方がイイですハイ。

             
             左:マツを見習ってインからドカをぶち抜く俺様・・・ほっとけ
             右:俺はこっちの方が好きだな



その後撤収して耐久の時同様岳湯に、部屋で休んで風呂に入って汗を流したら安べえで反省会?。

やっぱ俺は宴会の部の方が好きだなー。

というわけで今回の教訓:○タイヤは良いのを履きましょう
                ○スピードメーターのケーブルは外しておきましょう


2008改訂時追記:
記念すべき第一回デカバイ合宿、非常に楽しかったけどこの後は諸般の事情でしばらく実施されなかった。今年久々にやれたのはうれしい。もっともたにと伊豆の西方の覇者達はその間もTI、鈴鹿などで合宿しているのだが・・・写真とかレポートがないので掲載できないのは残念。一度みんなで走りたいものだ。