2003初走りだよ全員集合in大洗

参加メンバー:尺、伊豆、E島、伸、916
 特別ゲスト :Hら野様ご一家


昨年の盛り上がりのイキオイもそのままに今年の第一回合宿が1/11.12の両日にわたって賑々しく行われた。場所は前回と同じ大洗サーキット!!今回も全国各地から駄目ニンゲ・・・いや、選りすぐりの精鋭達が約束の地大洗を目指して集結したのだった。
 
1/11
今回初日は上記の華の独身貴族な面々が集まり合宿の幕は切って落とされたのであった。

特に伸はこの日のためにツナギ、ブーツまで用意する馬鹿っぷり・・・いや男っぷり!!待ちに待った?サーキットデビューなのだ。しかも、今日の大洗はガラガラ、デビューにはうれしい状況だわな。。

伊豆はといえば、今回はリブラプロチャンバー装着でブッチギリを狙うようだ、大人気無い奴め。

しかしそれが裏目に出たかエンジンが全く吹けない!!。キャブセッティングやら燃料入れ替えやらキャブ交換、CDI交換など等々ありとあらゆる手を尽くしたが駄目・・・まさかと思いつつMiniのノーマルチャンバーを装着したところ、なんと復活、なんだったのだ。

と言うことで当然リブラはMiniに装着、年末に替えたCDI、伊豆から貰った前期電装と相まって一気に速戦闘力を持ったレーシングバイクに変身したのだ!!。

 
部品をスワップしながら整備をしているとHら野さんがファミリーご視察に、現役復帰を迫ろうと思っていたのだがその幸せそうな家庭を見ているとさすがの駄目人間達Sもついに何も言い出せませんでした・・・幸せパワー恐るべし。
   
 
駄目な人たち、対照的な人たち・・・この差はどこから・・・

まぁそんなこんなで、ド速くなったMini、ぶっ飛ばしていると後半になって徐々にタイヤ滑るようになったもののやっぱ速いクルマは気持ちいい!!。


疲れたので伊豆と交代、すると奴は916とつるんで走行を開始!!さすがに熱いフォーメーションが何周も続く、見ている方もヒートアップ!!。

楽しんでいたその時、セントールコーナーに異常なバンク角で侵入してきた伊豆がスリップダウン、真後ろにいた916号は避けきれず伊豆のメットに乗り上げ2台とも吹っ飛ぶ。1982WGPオランダ選手権でのウンチーニ、ガードナー事件を彷彿とさせる恐ろしい事態!!。

ビビってレスキューに駆けつけると人間は無事な様子、バイクも大した損傷もないし・・・あービックリした。

イヤイヤあんな恐ろしい場面をビデオに撮って無くてホントに良かった等とその場は殊勝な事を言ったりしてひとまずピット??に引き上げ。


ちょっと沈滞ムードだったのでちと気分を変えなきゃネーと思ってMiniを始動させてウラウラ走ってるとピットアウトしてくるヤツが・・・ノーマルチャンバーを装着した伊豆号ではないか!!マイナスなイメージを飛ばそうというのだろう。天晴れっつーかアホっつーか、ま、頑張りたまえ、なんてのんきに構えてるとあろうことかノーマルマフラーのクセに徐々に接近して来るじゃねーの・・・しかし、まぁ今日はそうはイカン。今回はパワーが違うのだよパワーが、今度こそはHRCマシンのジツリキを見せ・・・ようととペースを上げ一気に引きはなす、ん?離れない、つーかケツピタされとるじゃないか。そのまま数周は頑張ったんだがついに疲れてしまいすごすごピットイン、しかし野郎はそのまましばらく走り続けておった・・・やっぱああいうアホな奴には勝てん。
鉄人916カントクも半日のピット作業で疲れたようなので 初日はそれで終了。

          
       左:熱いフォーメーションが続く
       右:あまりにも熱すぎるバンク角、惨事のコンマ数秒前


合宿所である我が家にトランポを置いて例の激安居酒屋に突撃して新年会を開始。そこでは誰が駄目人間No1なのかという熱い議論が・・・いや、ライディングのスキル向上についての正しい検討がだねぇ・・・略。
 E島は次の日仕事だっつーんでそのまま帰宅、お疲れでした。

んで合宿所に戻ると恒例のビデオ鑑賞・・・しかし今回はアホなことにカメラは持っていったもののテープを忘れ撮影できなかったので916の地元仲間のエクストリームビデオ等を鑑賞・・・なんという駄目人間・・・。

酔いが回った頃には今日の転倒シーン、やっぱり映像が欲しかったよなぁ等と言い出すコイツ等はやっぱりかなりな駄目人間(当然俺を除く)。


1/12
ゆっくりと目覚めて朝食、その後Miniのタイヤを交換。コースに会わせてスプロケットも交換しようと思ったのだけれど在庫が無いのでとりあえずFスプロケットのみ13丁に交換。次の日仕事の伊豆とはここでお別れ、帰路は一体何時間かかるのか・・・毎度の事ながら人生が耐久レース(この後自宅近くでトランポのジェネレータが終了したというオマケつきであった)。

サーキットに着くとやたらとカートがたくさんいるではないか!!、しかもバイクは俺達2台だけかよ・・・なんか肩身が狭いがとりあえずスプロケを替える等して時間を過ごす)。

やってきましたバイクの時間、「ちょいとゴメンよ」とずらり並んだカートの間をすり抜けてコースイン、5周ばかしタイヤの慣らしをしてペースアップしてみると調子いい。ギア比をショートにした甲斐があるっつーもんだぜ。しかも今日はコースがいつもと逆回りでおもしれーつーの。

そんなこんなで3人でガシガシ走りまくりお調子こいたところで伸にカメラを預けて「ちっとバトルしてやるぜ〜、もしかすると今日も衝撃シーンがあるかも知れねぇからちゃんと撮っておけやぁ」等と言い残して916とコースイン・・・。


数周スローペースで走って916が先行し徐々にペースアップ。しかし!!このまま振り切られると追いつけないだろう・・・よぉし、このヘアピンを超速切り返しでヤツのインを突いて前に出て押さえてしまおう・・・。

その次の瞬間俺の目に映った景色は「なんだか分からないけど路面を転がっちゃってるのねー、青い空が見えるのねー、そしてそこを飛んでいくMiniの真っ白なカウルが大空の青に映えてとってもキレイなのねー」、つーわけで予告どおりやってしまったやれば出来る子やで俺・・・!。
そっこー起きあがってチェックすると幸いマシンのダメージは大したことなし!!伸に持ってきて貰ったメガネレンチをで曲がったシフトペダルを直し再スタート、しかし、カウルが割れてゆがんだらしく右コーナーでアンダーカウルがこすれまくり、でも916がすぐ後ろに来ちゃったのでもう一度アタックせねば、と、カウルをけっ飛ばして修正しながら数周するもやっぱりぶち抜かれ、更にチャンバーの取り付けがゆるんだらしく爆音を発するようになったのでピットイン。そのうち916も戻って来てこれにて本日の走行は終了!!。

ピットに引き上げるときにカートに「あんな転け方でにそのまま走るなんて、バイクの人はおっかないねぇ」などと俺をアホを見る目で見ながら言うのだ・・・俺から見るとカートの方がずっとおっかないんだが・・・言っておくが俺は至極まっとうな人間である。狂っているのはあそこのアイツやアイツや今は遠くにいるアイツ等・・・(特に名を秘す優しい俺)。


まぁそんなこんなで2003年初の合宿は無事終了したのであった。Miniも仕上がりってきてなかなか好調、外装はバキバキだがプラリペアで何とかするさ。おかげでちっとはバトルらしきモノも出来るようになったので益々楽しくなってきた。

まぁ今後ともヨロシクって事で!!次回はいつどこでやろうかな。次こそはHRCマシンのジツ・・・略。

        
          左:そんなわけで男前なくらいバキバキになったミニ
        右:ハイハイ撤収撤収

2008改訂時追記:
絶好調である、結構乗れてたこの頃。体重があまり影響のないミニバイクコースでは結構出来る子になっていたのに・・・。
当時のネット環境にしては頑張って動画をアップしている。スゲー!!とかなりの反響があったが今見ると悲しいくらいにしょぼい。