2005.11.19〜20 玄人と書いてプロと読むぜ!! 嗚呼漢の花園大宴会 STC玄人ツーリング

   A川  な、なにをするんですか、止めてください!!総帥・プロの豆まき師(R1150RT)
   尺   プレヒートも焚き火も炎上!プロキャンパーでなく火付けのプロ(TDM900)
   D井  こうやって300と刻むのさ、直線番長、ブッチギリのプロ(ZX12R)
   庭美  酒の持ちっぷりも夜の部も?、腰使いのプロ(CBR1000RR)
   伊豆  炊事と算数??無理無理〜い!!食べるプロ(BMW635)
   極殿  受けて受けて受けまくり、やられっぷりのプロ(GTS1000)
   OGKアニキ ゴチになりやす!支払いのプロ【祝二階級特進】(GOOSE350)
   伸   お母さんご飯まだ??プロ幹事(FJR1300)
   きむ  今日も明日も来年も爆沈、轟沈!今年もモザイク、討ち死にのプロ(エスクード) 
   916   もうすぐ挙式!?ハリーポッターのプロ【謎】(TT-R250モタード)
   くに  何枚着てもルパン体型、重ね着のプロ(GSX1400)


今年は大変お寒い中「秋ツー」がにぎにぎしく且つ華麗に開催されるわけだが、そこは気合いのプロフェッショナル集団、初冬と書いても秋と読むぜ!!文句はねーなヤロウ共。


11/19
というわけで今年は北茨城の花園キャンプ場のケビンを会場に、海鮮を焼きつつ飲み食らうという実に単純明快かつ豪快なコンセプトで実施なのだ。キャンプと大差ないのでは?だと?そういった質問は受け付けない。

前日から上流海浜リゾートに建つ白亜の我が豪邸に宿泊した伊豆と共に待ち合わせ場所の常磐道日立中央SAに向かう。しかし伊豆ときた日には思いっきり風邪をひいて来るという心がけの悪さ、点滴を打って30年物のBMW635で登場だ、もっともこの男風邪は引いても口は達者でBBQなどではいつも役立たずな事を指摘すると、事もあろうに「私は食うプロですから」などと傲慢にもプロ宣言!ここにプロフェッショナルツーの幕は切って落とされたのだった。

さて、集合場所に行ってみると守谷で合流して来るはずの本隊がいない!!寒そうなOGKが立っているだけではないか!?蹴りを入れつつ理由を聞くと極殿のヤロウが時間になっても現れなかったのでOGKだけ先発して来たらしい、その場で極殿の死刑判決が確定。

予定を15分ほど過ぎると轟音と共にバイクが近づいてくる、久々登場、デビル管付きの直線番長ZX12RのD井、A-tsu改め庭見(2008注:ライディングスポーツに載ったハイランド耐久のリザルトに「庭美」と記載されたことから改名した、ごっちゃになると面倒なので改訂の際最初から庭美としてあるが実はこのときからである)はCBR1000RR、もうSTCではおなじみになった変態ハブ野郎GTSの極殿、そして夏は地獄冬は温帯、FJR1300の伸からなる本隊が到着だ。

着いたとなれば即刑の執行に取りかかるのがプロの掟。メットを脱ぐ暇も与えず後頭部に回し蹴りを4連発。流石はやられっぷりのプロ、見事なやられっぷりに一同が感動したので刑の執行は終了。916との合流の時間が迫っているため取り敢えずそっこー出発、日立北インターで高速を降りて916を待つ。

雑談しつつ待っているとお疲れモード全開で916登場。サーキットでは頼もしいプロカントクな916だがツーリングは2000年の塩原以来とあって娑婆では役立たずに成り下がったようだ。だいぶお疲れのご様子、まぁTT-Rモタードでは致し方ない・・・。つーか、もうじき華燭の典などという奴に同情する奴は一人もいないけどな。このヤロー、ハリーポッターのくせに生意気な!!とは某635な人の談。てなわけで世間の妬みを買いプロカントクから降格されハリポタのプロに認定、意味?知るかいそんなもの!。

          
        左:ケツが痛そうなモタード野郎など  中左:怪しい青年実業家&635
          中右:撮影中  右 :その時撮った写真


取り敢えず第一次集合予定のメンツは揃ったので県道10号線を通って平潟の「お食事処浜庄」に向かう。途中でチョイと試乗タイム、916にまともな公道仕様バイクを堪能させようと超高級車TDMを貸与、伸TT-R、俺様FJRで峠超え、FJRはいつ乗っても楽ちんだ。で、今度はTTRとFJRを取っ替えて遊びつつ現地入り。

浜庄は非常に混み合っていたため店の外で時間をつぶす。程なく席が空き店内へ、ウニ丼、焼き魚、煮魚などが豪快に盛られた昼食をやっつけ一休み、「レモンサワー」の文字に心が揺れるがここはグッと我慢。

TDMとCBR1000RRを交換して今宵の食料の買い出しに向かうのだった、乗るのは2回目だけどやっぱりSSは速い!気軽にアクセルなどを開けたら・・・・その先は言えねぇ言えねぇ。

                   
                左:浜庄前で空き待ち、しかし何もオフブーツまで履かなくても・・・既にお疲れのハリポタプロ
                 右:やっと昼食にありつく玄人様御一行

まずは海鮮物をガッチリと仕入れるため大津港の魚屋にGO!!。カニ、エビ、ウニ、ホタテ等々怒濤のごとく買い込む。海鮮が揃ったら当然酒!!国道6号を挟んだ向かいの酒屋へ突入する。ビール、チューハイ等は言うまでもなく漢の箱買い!!それらを流れるような動作でレジに運んでいく庭見、流石は若旦那、プロフェッショナルな腰使いではないですか。で、まぁレジで支払いな訳だけれどもここまでプロが揃うと支払いもプロに任せようと言うことでOGKを支払いのプロに任命、ビシッとはらっとけや。

大量の酒を持ったまま国道六号線を横切ろうと車がとぎれるのを待っていると突如D井がクルマの流れをモノともせずヒャッホーーーーーゥなどと奇声をあげつつ猛烈なダッシュで横断!!うう、大人げない・・流石は男川崎、いい年こいて立派なアウトロー!!、ぶっ飛んでいくのは12Rだけではなかった・・・漢カワサキ、恐るべしブッチギリのプロ・・・。

仕上げに他の食材を買いにきむとの待ち合わせ場所でもある近くのスーパー、マ・メールへ・・・やけに車がすくな・・・ってなんとつぶれ果てる寸前ではないですか・・・。と、ちょうどの頃合いでキムからTEL、今回は車で来るから荷運び担当のはずだったがなかなか到着しないため荷運びは635号。おのれキム、この役立たずめ!お前など現地に先に行っておれ!!などと罵声が飛び交う中、電話口の伸は「現地で待っててねー、気をつけて」などと優しい一言・・・何という心配り、流石はプロ幹事!!(何のひねりもねぇって?コロス!!・。

さて、仕方がないので予定とは違うスーパーで買いだし。そこに今回の元締め、STC二代目総長にして伝説のプロ豆まき師(意味は言えねぇ・・・)A川総帥から電話が、近くにいるようなのでスーパーで合流することに。10分ほどでA川さんが登場、ここからは本日の宿泊地花園オートキャンプ場までひとっ飛びですわ。つーことでここからはZX12RとTDMを交換してみる。さて、噂の直線番長12Rはどんなもんだろーか・・・こ、これはいいじゃないですか!!まるでSSのようなハンドリング(当社比)にアホ加速!!非常に楽しいじゃねーの、D井よコレくれ!!、無論ただとは言わん、TDR80と交換ではどうだろうか。

怒濤のパワーで遊んでるとアッと言う間に今回の目的地花園オートキャンプ場に到着。

キムと落ち合いケビンに入居開始!!。まずはマッタリして・・・と言ったモノの最早やることは一つなわけで着替えるとすぐにBBQの準備。

        
       左:ケビンからバーベキュー棟を望む、アレが約束の地だ!!
       中:取るモノも取りあえず乾杯つーわけで・・・
       右:漢の火祭り、飛び散る火の粉は心意気!!  


まずは薪に点火・・・つーかね一発点火でメラメラっすよ、俺様ってば火付けのプロ!?なぬ?プロキャンパーだとぉ!?つーかオメイラ、プロキャンパーって言ったら手製の段ボールハウスにブルーシートな方々を指すらしいぞ!!まったく火付け師に向かって失礼な・・・。

薪から炭に火を移してると暗くなった中をゲストのくにちゃんが登場!!相変わらずのスリム体型!!しかし、実はあり得ないくらい内部に沢山着込んでいるのだ、それにもかかわらずルパン三世のようなスマートっぷり、流石は重ね着のプロ・・・。

みんな揃いいよいよ今回のメインイヴェント海鮮焼きまくりの漢の花園大宴会の開始!!。ホタテやウニをこれでもかと焼きつつ大型のシンクにどーんと冷やされた酒をガンガンと飲んだくれ。さらには昭和40年代生まれのキッズ達永遠のあこがれ、でかいベーコンを串に刺して火であぶってブチ食らう「ワンパク焼き」等々。あれやこれやガンガン焼いて宴会はZX12Rの怒濤の加速のごとくフルパワーの盛り上がりっぷり!!。

         
                     花園バーンナイト 焼きまくり!!男子の本懐ってやつよの

その内焼き物だけでなく海鮮トマトスープや高額クジラベーコンその他諸々の豪勢な料理も登場して飲んだくれな夜は更けて・・・といいつつ時計を見るとまだ7時くらいだったり・・・始まったの4時半だしね。カニや謎のカルビなんぞをガンガンやっつけて食い疲れた頃に外の部は終了。

冷え込みも厳しくなってきたので酒やつまみをケビンに持ち帰って飲み直し!!。いやぁここから先はもう・・・濁り酒を開けたとたんに総帥A川様から一気の指令がとび出し10年ぶりくらいぶりで荒技を解禁!!幸い四合瓶だったので助かったけどこれが一升だったら皆死亡間違いなし、庭見プロの忠告のとおり一升瓶を止めておいて良かった・・・。酔った勢いでZX−12Rのオークションが勃発!私が晴れて12万円で落札いたしました。納車の際はハイエースで引き取りに行きますのでよろしくお願いします。(2008注:取りに行くのを忘れていた、今でも権利は有効でしょうか)

つーかね、もうこの辺りからは各自のエタノールエンジンに火が入り、学生時代のごとくサソリ固めやら逆水平が飛び交うデンジャラスナイトと化して行っちゃうわけです。

         
         左:ケビンに撤収中の人々、焚き火から離れるとマジ寒みー
         中:そろそろいつものが来そうな悪寒・・・
         右:討ち死にキタ━━ !!!!!、つーかこれマジで怖い写真なのでビシッとモザイクかけました

しかしさすがというか、技を受ける体力を養うためだけに物流業界に身を投じ、さらには過食の荒行で体重を激増させることにより打撃に耐えうる強靱な肉体を作り上げた極殿こそはまさにプロ中のプロ!!技を受けたときのリアクションは言うまでもなく逆水平チョップを食らったときのサウンドまでが完璧!!そのやられっぷりは新日本プロレスの猛牛天山広吉やプロレスリングノア田上明のも裸足で逃げ出す美しさであると言えよう。今後もさらなる高見を目指しての精進を期待してやまない。

その後はオラオラ豆撒き行くぞー!!等と言った怒号(声の主は内緒)や許しを請う悲しい叫びなどが飛び交う大惨事・・・いや大盛りあがり!!ふと床をみるとキムが恒例の失神!!流石は討ち死にのプロ、周囲をうならせる天晴れな爆死っぷり。よしよし今年もビシッとモザイクかけてやるからな、安心して成仏せいよ!!。

                   
                 左:喧噪をヨソに鍋を作成する二人、ご飯まだぁ??
                 右:キムチ鍋支給、しかし一同壊れて目が逝ってる・・・

壊れたマリオネットのようになったきむを四人がかりでベッド搬送し、大荒れの宴会をヨソに庭見と伸が密かに作っていた山盛りのキムチ鍋などをつついて長かった今宵の宴も終了、気づけば12時半近い、なんと8時間耐久宴会になっていた・・・。
1階のベッドルームはキムとD井の霊安室と化していたため全員よろめきながら急なハシゴを登ってロフトで就寝、つーか転落したらこっちがリアルで討ち死にだっつーの、恐い恐い。


11/20
散々飲んだ割には割と爽やかにお目覚め、と思ったけど体の動きは実に鈍い・・・ダラダラと過ごしつつ昨夜の後片付けをするためにBBQハウスに言ってみるとなにやら掃除されておるでないの!?さては親切な小人が???(そんなわけはなく昨夜宿直の職員の方が片付けてくれたらしい・・・ゴメンなさい酔っぱらいで・・・)。

着替えなどしつつ昨夜から熟成されたキムチ鍋雑煮のヘビーな朝食。昨夜の寒さを物語るバイクにバリバリに張った霜が溶けるのを待って荷造り。

         
        左:久々に沢山のバイクが集まったつーの
        中:今年初めて見た霜、向こうに12万で落札した俺のニューマシンが見える
        右:集合!!春にはまた集まろう

直帰組のD井、伊豆、きむ、916とキャンプ場の門で分かれて本隊は県道27号を塙方面に驀進・・・嘘です、この時期は落ち葉やら枝やら砂利やら蛇などがバラバラ落ちてるのでぶっ飛ばすわけにも行かず慎重に走行。しかし道が拡がったところでは結構気持ちよく走れたのでまぁ良しとしてくだされ。

        
        左:県道27号、砂利やら砂やら木の葉、枝、蛇など様々なトラップが・・・
        中:トラップを哨戒しながら走る図、つーかクリア区間でかっちょよく寝かせてるところも撮れや!!
        右:よしよしコーナリング画像、わかりゃいいのよ君・・・って俺が電柱の影に隠れてるやん

27号から国道118号に出て塙の道の駅で休憩、いつものようにダラダラと過ごした後A川総帥とお別れ。だいぶ台数が減った本隊は国道349号を経由して本日の昼食予定地、茨城県那珂市にある伝説の中華料理店叙楽園へひた走るのであった。

叙楽園、それは少年を男に変える修練の場、もし完食をなしえず事切れても死して屍拾う者無し!!といわれる漢の道場である。

我々は気合いを込めて道場に潜入。すでに修練は昨夜で修め尽くした我々ではあったが、一品だけでは道場主の顔が立たぬであろうということでラーメン・半チャーハンと餃子を注文(餃子は6人で2皿)中華まんと見まごうばかりの餃子に驚きつつも全員で二皿なので軽くやっつけ、やや大盛り程度のラーメンに安堵していた我々の前に半チャーハンが運ばれ・・・つーかねーそれ普通のチャーハンより多いんですけど・・・と愚痴っても減るわけではないので黙々と食べ進める。

言うまでもなく婦女子のようにおしゃべりなどというぬるい事をしていたら戦死は確実である。

          
        左、中:マッタリと走行、ここらは非常に眠かった
        右:奮闘中の極殿、くにちゃんは遠い目で何を思うのか・・・つかこの盛りのどこが半チャーハンだっつーの!!

なんとか全員ブツをやっつけ店外へ・・・さすがに動くことも辛いため駐車場でお互いの健闘を讃え合いつつ休憩。しかし日なたで大層気持ちがよろしく、駐車場に根っこが生えそうになったのでどうせダラダラやるならドラスタに行くべー!!とDS那珂店に移動。

店内をひとしきり物色しているとOGKがジャケットを眺めているでないの?その姿はまるでショーウインドウに輝くトランペットにあこがれの視線を注ぐ黒人の少年のようであった・・・ん?ま、まさか??。

せっかく寄ったんだし・・ってなわけで極殿がチェーンオイルを購入しグリスアップ、庭美はウインカーのランプを購入して大人げないウインカーの視認性アップをはかるなどして店外でひとときの談笑タイム。庭見のCBRの隣に停まったホーネットの小僧がCBRを熱いまなざしで見ていたりしてね、んーまさしくその目はトランペットを・・・略。

と、OGKが「やっぱジャケットいりますよねぇ」とポツリとつぶやく、全員「買え買え」の大合唱!!チョイと店内に消えるOGK!!しかし奴はそっこー帰ってきた。「高速代が無くなるし・・・ 」などと弱いことをいいつつ。「買ったらヒーローだったのに」、「ヘタレ野郎」等とブーイングを浴びるOGK。俺だってホムペのネタが欲しいんだよコノヤロ!!と思っているとまたやおら立ち上がって店内に・・・なかなか帰ってこない、「どうせトイレだべ」「もし買ってきたら奴をアニキと呼んでやるよ」「野郎にそんなガッツはねえよ」などとざわつく一同。

しかし、数分後DS那珂店の駐車場には大きな袋を持ち満足げな笑みをたたえOGKの姿が・・・「や、やりやがった!!」「今ここででライジャケ買うなんて!この男ただもんじゃねぇ!!」「漢字の漢のオトコだぜ!!」「やるなOGK、いや今日からOGKアニキと呼ばせてくだせぇ!!」

                   
                左:2階級特進OGKアニキ キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
                右:アニキに対する賞賛の嵐「アニキステキっす」

賞賛の嵐に包まれ、穏やかな笑みをたたえつつ袋からジャケットを出して羽織るその身のこなし!!なぜか先程より優雅且つ剛胆に見える。そしてジャケットに袖を通したそれはまさしく漢の晴れ姿!!背中が一回りデカく見えますぜアニキ!!。重ね着しようと目論んでデカ目のサイズのにしたからそう見える訳じゃあありやせん!!これこそ漢の貫禄って奴ですなー、OGKアニキ!!オイラ一生ついて行きますぜ・・・・。

土壇場でなんとOGKが二階級特進、「OGKアニキ」となったところで凱旋パレードをかねて常磐道へ。ここで私はTDMを変態ハブバイクGTSに乗り換えてパレードの先導をさせていただくことにしました。本来なら那珂インターで別れて家路につくところでしたがアニキの漢っぷりを魅せられちゃここらであっしも漢を見せないわけには参りやせん、岩間までバッチリ先導させていただきやした。

常磐を大名行列でひとっ走り、友部SAでまたまたダラダラタイムを。トライクやらサイドカーやら珍走団などがウジャウジャいたもののアニキのご威光の前にはどいつもこいつも色褪せて見えたものです。

たっぷりと周囲に慈愛に満ちた視線をおかけになったアニキと共に我々は出発。名残惜しくはございましたが不肖私は岩間でお別れでございます。下々と別れを惜しんだのは言うまでもないことですが、アニキが手を振って下さったので高速をおりた私はうれしくも寂しく感慨ひとしおでございました。

               
               押忍!!アニキシヴイっす!!イカスアニキの晴れ姿っす!!


その後は温かい気持ちで常磐、北関東道を人には言えぬ速度で驀進いたしまして帰宅、その夜は幸福な気持ちで早々に就寝いたした次第でございます。






ところでアニキ、折り入って御願いがあるのですが・・・・パンと牛乳を買ってきてはいただけないでしょうか?三分以内で。え?何ですって??パンと言えばカレーパン、牛乳といえばフルーツ牛乳に決まっておるではありませんか、いちいち当たり前のこと質問するとグーでぶん殴りますよ・・・。


というわけで今回も大ネタ満載のツーリング、ホント笑いすぎて腹筋が痛てぇっつーの!!。

次は春ツーだけどキャンプとかまだまだあるでよー、まずまずともかく今回も幹事乙!皆の衆また遊ぼうぜー、ほなまた!!。