2005年 6月25日〜26日 檜枝岐キリンテキャンプ場

野営活動もいよいよ盛んになり今回はいつもの伸に加え、A川さん、庭美が登場だ!!もはや野営も市民権を得たかな??つーかまぁウチの会員ならみんなキャンプツー好きだしな、元々が。

んで今回の目的地は、サイト?どこにでもテント張っていいよー、焚き火?自由にイケイケでどうぞ!!というワイルドさで俺様的にキャンプの聖地と認定している秘境檜枝岐のキリンテキャンプ場だ。

もの凄い猛暑の中、待ち合わせ場所の西那須野インター脇の千本松牧場へ。渋滞でヘロヘロに熱された庭、伸が登場、A川さんは現地に直とのことなので即出発。昼は二人に塩原名物スープ入り焼きそばを紹介、結構美味かろう??。塩原温泉を過ぎ舘岩村近辺になると土曜だというのに道路には我々3台だけしか走っていない、景色は良いし非常に贅沢な気分。

あまりにもスムーズなので途中前沢曲がり家集落を観光、近くの売店でラムネを飲んで喉を癒す。しかしこの日のはそんなものでどうにかなるような暑さではなく走り出した瞬間に蒸発!!。無線ではビールビールとうわごとが飛び交うのだった・・・。

檜枝岐の街に入ってソッコービールを確保、伸持参のクーラーに詰め込み脇目もふらずキャンプ場へ!!、到着と同時にグッと行きたいのをこらえて今宵の会場を設置。こらえにこらえて作業終了後、念願の乾杯。クー!!体に染み渡る!!人生で一・二を争う旨さだったかも・・・・。
           
 
   えー、他に誰もおりません、前にも後ろにも、観光地?にも誰もいません、当然バスも来ません・・・・乗らないけど


                    
           
左:進んでも進んでも我々だけ、ゼイタクだ
           
右:サイコーウメー!!我慢の甲斐があったっつーの

人心地ついたのでシートなど敷いてゴロゴロマッタリとしてA川さんを待つとしばらくしてBMに乗ってやってこられました、んでテントを張ってひとしきり談笑。
夕方近くなってきたので温泉に入りに行きそのついでにJAの売店で今宵の食材を調達、キャンプ場に戻っていよいよ宴の開始。今宵は料理もワイルドに焚き火でヤキ入れる鴨のローストやスペアリブ等々。
6時位から12時過ぎまで火を燃しつつ飲んで食って騒いでのサイコーの宴を繰り広げて就寝。空いてるって事は良いことだよホント。

  
左:A川さんが到着し四軒長屋が完成!!
中:エアガンを初撃ちするA川さん、気に入ったらしい・・・・やっぱりねー
右:踊る伸?ではなくなんかの説明か??いずれにしてもテンション高い、焚き火の効果か??


  
       
鴨ローストとスペアリブ!!ガンガンに火を焚いて盛り上がって夜は更ける、焚き火サイコー!!


残り物活用で朝飯を作って撤収!!出発しようとするとA川さんのBMWのシャフトからオイル漏れ、大した量じゃないけどちょっとビビル。ディーラーに出しに行くということでマッタリ走って竜王峡の売店で昼食。ここからは渋滞を避けてジモピーの先輩の先導で進む、と昼飯の時にオイル漏れが止まっていたのをみたせいか突如爆走モードに入り・・・・宇都宮インターで庭と伸と別れるとモードは更に加速し・・・。とまぁ実に大人げない速度でぶっ飛ばしつつあっという間に4号線まで突っ走って解散、帰宅。

今回も楽しかった、つーかやはり焚き火は素晴らしい、キリンテさいこー!!。

    
               デカいのが2台もいるとなかなかの迫力です
            


2008改訂時追記:                             
直火OKでワイルドなキリンテキャンプ場、大好きなところだったがこの翌年大雪で施設が皆壊れてしまい、管理人さんが高齢のため復旧を断念、廃業となってしまい、結局この時訪問したのが最後になってしまった。
電話をして確かめた時に「気をかけていただいて本当にありがとう、またどこかでお会いできたらうれしいですね」と言っていただいけたのが妙に心に染みた、一期一会とはいうもののやっぱり寂しいね。

                   
                    
  2006年GW、雪に埋まったキャンプ場