「STC20周年」記念!!怪しいツーリングin塩原 2002 9/7〜9/8

                        

今回の参加者:
[バイク組]
 (今度もやっぱり黒かった・・・ZZ-R1100マトモナバイク)
 ヤベ(バイクは漢皮裂き!!だが本人は?? Ninjaマァマトモナバイク)
 ★極殿(ええ加減ウインカー直せ!!TT-R250アヤシイバイク)、
 (そろそろ買い換えか?CB1300マトモナバイク)
 ★キム(まだ動いていた・・・DT125Rトテモアヤシイバイク)
 ★M嶋(海底から引き上げられたステダン付き89'NSR250トッテモアヤシイバイク)
 (今回は新しい方だぜDT230マァマァマトモナバイク)
[車組]
 伊豆(改造済んだ刀S3のはずが雨のため断念、怪しい青年実業家仕様、BMW635ヤッパシアヤシイクルマ) 
 庭美、E島(クラッシュ&腰痛の為車で・・・暁の彗星仕様?R32GT-Rタブンマトモナクルマ チトビミョー)

 すっかりアップが遅れましたが、塩原ツーレポってことで。
 STCもついに20周年を迎えたため、お祝いを兼ねて今回はLanzaのお披露目という式典を追加し・・・嘘。
 今回は豪雨が予想される上、標記のとおり怪しいマシンが大挙参加、特攻隊どころか片道だって大丈夫なのか???。

9/7(土)
 さて、今回お披露目する私のマシンはトラクションコントロール付きの憎いヤツ(効いているのを実感したものは誰もいない・・・)DT230Lanza!!。こいつがおもしれーバイクなので山や交差点でズルズル言わせて遊んでたらツーリング直前にタイヤのブロックがもげて吹っ飛んでしまい(涙)、しかたねーので乏しい財布に鞭を入れニュータイヤを購入!!が、しかし、似非オフローダーのくせに走破力向上なんぞを目指し生意気にエンデューロタイヤを履いてしまったのでONで全開くれるとどこに吹っ飛んでいくか分からない恐ろしいバイクになってしまったのだ。
 なんだかんだと忙しくて皮剥きもしていなかったのでダートでズリズリさせて無理矢理慣らししてしまおうとあたふたと早めに出発!!これがそもそもつまずきの始めになるとは私ごときには知る由もなく・・・。近所の手頃な林道に入り気持ちよく走り出すと何故かいきなり道が土砂でふさがれており通行止め・・・イマサラ他に回る時間はないから短い区間を行ったり来たり・・・つまんねーので早々に切り上げて集合場所JR日光駅に向かおうとするといきなりの土砂降り。ソッコーでカッパを装着し茂木経由で出発!!が、しかし・・・そういえばこのカッパは昨年上信越道であっという間にびしょ濡れになったいわく付きの怪しい逸品('01ツーレポ最後の方参照)ということを忘れていたのだった。豪雨が私の愛らしいパンツを完膚無きまでにびしょ濡れにするまで30秒かかっただろうか・・・。
 とはいえそういう状況をものともせず爆走する俺ってなかなかカッコイイ!!自分ラーーーブ、俺サイコー!!なんていう気分であっという間に宇都宮に到着しちょいと休憩。そろそろみんなは東北道で集合しておるころデアルカ?などと思って電話を掛けようと思ったら・・・ケータイをストラップで首から吊したまま・・・お茶漬けだってもうちょっと乾いてるぜっ、てな具合の携帯を片手にしばしボーゼン。
 気を取り直して爆走を再会!!したら交差点で2回ほどスッ飛びそうになったので反省し、雨に煙る杉並木を抜けてチンタラと集合場所へ。
 今市あたりからバケツの底をひっくり返したような大雨でついにブーツの中まで浸水、こうなったら仕方ないので集合場所のJR日光駅までひた走ったら時間より30分も早い11時半に着いてしまった。
 とりあえず日光駅の軒下に避難・・・、カッパやジャケットをハンドルに干したLanzaはまるで難民キャンプのような有様、林道爆走に備えてオフブーツ、モトパン、ジャージを着た戦隊ヒーローのようなスタイルの俺は国際観光地日光ではひときわ異彩を放ち、外国人観光客に写真を撮られるという恥ずかしさ・・・。しかしそんなことにはめげず無駄とは知りつつ寒さには耐えきれずブーツまで脱いで乾かしにはいり、普段飲むことのないココアなどをウマウマすすりつつ待つことしばし。

                        
                            難民っぽくなったランツア

が、しかし、集合時刻の12時を回っても誰も来ない!!。連絡を取りようにもケータイは三途の川の向こう側だし、案の定誰かが故障でもしやがったか??怪しいのはNSRか?いやTT-Rも充分臭い、そういや635だってなかなか怪しい、キムは別行動だがこれまたすっごく怪しい・・・怪しくないマシンの方が少ないってのもスゴイなぁ、などとブツクサ言っていると12時15分頃に聞き慣れたDTの排気音が!!おぉ!!携帯が・・・いや、キムが来た!!久々の再会より連絡手段が出来たことを喜んでしまう薄情な俺であった(DTはこの日の朝に自賠責を入れたらしい・・・オメーなぁ・・・)。

 しかし、キム、貴様!!DTとランツァのエンジンマウントをしげしげと見比べてナニを企んでやがる!?エンジン盗ろうなんて思って・・・いるな、オイ。

 カッパの下にTシャツのみという男気溢れるスタイルでやってきたキムと(さすがにその場でジャケットを着ていたが)寒さに震えていると駅員のおっさんから団体が通るからバイクをどけてくれという無情なお言葉・・・とりあえず邪魔にならないところに移動させているとバイクと車が入り交じった怪しい集団がやってきました。
 時に12時半、ひとまず全員集合。結局道路事情のせいで遅れただけで誰も壊れなかったとのこと、疑ってスマンかった!!。

 しかし、団体の客はバイクがあったところとは全然違う方から来たぞ!!俺等の姿がよほど美観を損ねたというのか??失敬な!!。

 それはさておき、とりあえずみんなそろったので昼飯を食おうって事になり、今市あたりでどぉよ?とか言う提案もあったが、めんどくさいからこの近くで食うべー、てことになり、駅前の食堂で済ますことに決定!!食堂に向かうところで・・・「あっ!!」「??」「そういやヤベが来てねーじゃん!!」「そういえば・・・」嗚呼あぶねぇあぶねぇ、置き去りにするところだった!!スマン、全員が素で忘れてた・・・。

 駅前のこれまた怪しい土産物屋兼食堂にどやどやと「オリャオリャ団体さんだぜぇ喜びなさいチミタチ!!」ってな感じで入っていった!!のだが・・ところが店のおばさんは大量の客に喜ぶそぶりは本当に全くこれっぽっちもなく「ご飯は5人分しかないですけどイイですか?」とけだるく対応してきたのだった。
 じ、上等だぁ飯がなけりゃ麺を食うまで!!つーことで各々注文しているとNinjyaに乗ったおっさん(ジェットヘル)が満面の笑みで到着、しかし、みんなに忘れられていたことを知るとがっくりと脱力、イイヨイイヨー。落ち込むなって、それがオメーの人生なのだからショーガねぇよ、みんなを責めてはイカンぞ!!。んで奴が注文しようとするとメニューの幅は更に狭き門になっており「山菜うどんしかできません」という非情なお答え。豪雨の中、新潟から関越道をひた走り激寒の金精峠を越えてきたというのに・・・まぁそれがオメーの人生・・・以下略。

 だいぶ待たされて出てきたチャーシューメンはこれまたすこぶる怪しく・・・ヲイヲイこれってハムでは???まぁまぁ、などと言いつつ食事を取って今度こそ全員集合で出発!!。
 しかしその時には盛りだくさん計画されていた予定はあっさり変更され、今市→鬼怒川→日塩有料道路経由で一気に宿に向かうことになってたっつーことは言うまでもない。
              
            左:みんなに忘れ去られてガックリ頭を抱え涙にむせぶ図・・・そういうタマではない
               右:アヤシイチャーシューメンをともかく食す庭美、ビミョーーな表情がグー!! 

今市に至り鬼怒川方面へ曲がる寸前にM嶋が調子悪いってなサイン、停止するやいなやいきなりカウルを外してプラグを交換し出した!!。どこかで見たような光景だ('00ツーレポ参照)、そういやあの時も塩原だったっけ・・・しかし、あれから2年間ほとんど放りっぱなしの'89製バイクがちょっと整備して、プラグ替えるくらいでツーリングに来れてしまうんだから日本の工業力は偉大だ。

     
    左2枚:今年もおっぱじまった、デジャブの様な光景・・・  
    右2枚:気を取り直し今市から鬼怒川方面へと向かうご一行


日塩有料の手前でDTとNSRがリザーブに入ったってことで小休止、さかんに茶を飲んでけぇ!!と勧める根性溢れる茶店のおばさんをあしらいつつ、そういや黒のZZ-Rと白のGT-Rがおるではないかね!!これってキリソみてぇだなーなどと話し出すと止まらなくなり結局大休止。いつものことだが年々話してる時間が長くなるような・・・まぁマッタリしてていいんだけど。それはともかくキムは相変わらずランツァのエンジンを見てやがるし、伊豆はNSRのJhaチャンバーを狙ってるし、全く油断も隙もねぇ!!。
なんてことをしていたら結局めんどくさがって二人とも燃料を入れずに出発ってことに!!何だったんだいったい?ま、いいけど。

                     
               左:大休止中、年々ヤル気は減っていく
               右:それどころか四輪が二台も、しかしこんな日は正直うらやましい


有料道路に入るとまたも雨が降って来ますた!!俺はカッパがうぜぇので休憩中に脱いでたんだけど、どうせずぶぬれだから気にしねーのさとか言っては見たが寒いの何の!!。 
 と、震えていても仕方ねぇので走行写真を撮りまくり!!(動画も撮ったんだけど重すぎてここにはアップできんので欲しい人は連絡するように!!メールでおもたーいのを送ってあげよう!!)。 

     
   デジカメは防水パックに入っているので豪雨など怖くもなんともねーよ・・・あーそれなのにケータイは・・・

日塩有料を下って塩原温泉にはいったものの、おおざっぱな地図でなかなか宿を発見できずウロウロしている間にDTがガス欠!!。この時点では宿を発見できていたので車体を揺すって最後の燃料を燃やしながら給油に向かっていくガス欠野郎達を見送りつつ、ホテル従業員の暖かい歓迎を受ける。早速部屋でくつろごうと思ったけどまずは濡れた物を干さなくては・・・干す物が多いのでハンガーの追加を大量に頼んだら仲居さんに笑われた。

みんなで干したら部屋の中はまるで香港とかマニラの貧民街のような有様・・・やっぱ怪しいわな。

 程なく給油組も到着したので揃って風呂に入ってまったりし、宴会まで部屋でビール・・・が、しかし!!ヌルイ!!冷たくないビールなんてと大騒ぎをしつつそれはそれとして飲み、もう一つの部屋から冷えたビールを持ってきてまた乾杯、ゆるゆる宴会モードへと入って行くのだった。

 定刻となり金屏風が燦然ときらめく宴会場にしずじずと入り粛々と宴会が始まる・・わけはなくいつも通り馬鹿っ話が飛び交って盛り上がり大会に入っていくのでした。が、会話は先に行われた仙台ハイランドの耐久レースで持ちきり。(2008注:昨年感染した916菌がすでに猛威をふるいだしている)
 来年の夏STC OB'sは3台体制で挑むってなことになってたみたいだけどみんな本気?いっちょやったろうかね?。

なんかツーリングの宴会が久しぶりだなぁと思ったら俺と伸・キムは去年はRZV事件('01ツーレポ プロジェクトX参照)で宴会に出ていなかったんだった・・・。

           
       左:輝く金屏風、隣の部屋には赤い布団と行灯が…ナイナイ
       中:20周年の乾杯
       右:昼とはエライ違い


 何とか宴会も無事に済み、部屋でまた飲みつつ盛り上がるうちに、温泉に来ておきながら卓球をやらんとはどういう事ですか!って事になり卓球場へどやどやと・・・。しかし、なんと卓球場は屋外にあるというではねーですか、なんとワイルドな温泉卓球なんだ…といってもこの雨の中やるわけにもいかずゲーセンでしょぼいゲームをしょぼしょぼと。しかしここでなんと携帯を失い時間が分からなくなってしまった哀れなこの俺に庭美からサブマリーナ(しかも青サブだ!?)がプレゼントされたのだった、クマのプーさん時計も一緒に・・・。

 感動の贈呈式?を終え部屋に戻ってまた飲み出したわけですが、この後はキムがエロオヤジと化したり(いまさら驚くヤツはいないが)、極家を筆頭とする各家庭の○生活についてとかの考察を行ったりして大変盛り上がったのでした。しかし!!俺的には日本を代表するさる高貴な家系の秘められた儀式についての「金の箸で・・・○○て差し上げる」という極秘情報が大変心に染みたのだった。命が惜しいので詳細をここに記すことが出来ないのが非常に残念でゴザイマス。
 そんなこんなで記念すべき20周年ツーリングの夜は更けていったのでした・・・エロ話ばっかではなくバイクについての非常に真摯な考察も語りあっていたという厳然たる事実も伝統あるSTCの名誉のために付け加え・・・以下略。

      
    左:しょぼいゲームは意外と面白かったり…
    左中:青サブ、庭美様からいただきました。
(2880注:ソッコー電池は切れてしまったけど我が邸宅にまだ保存されております)



9/8(日)
 宴会から一夜明け風呂に入ったりしながらマターリ朝食をとり(爆死して食えなかったヤツも約一名いたような)デレデレ準備をしてホテル前で恒例のうだうだ大会アンド写真撮影。
        
   左:犠牲者一名(死因:自爆)
   中二枚:いつものだらけっぷり
   右:変態チャップス男出現、通報しました!!。
(2008注:これに懲りたのか変態チャップスは帰ってから即売ったとのこと、当然だ!)

 雨も上がったので今日は霧降を爆走だぜぇ!!と気合いを入れなおす。渋滞すると困るというのでまっすぐ帰る事になった車組を見送った後、バイク組はとりあえずGSで給油を・・・と思ったらさっき別れた車組が給油してるじゃねーの!!ピットアウトする車組と再度別れを告げ給油しているといきなり大粒の雨が・・・、みんな慌ててカッパを装着。ヤベなんざ変態チャップスまで履いたのに!!。雨の峠走ってもストレスが堪るだけなので急遽ここで解散てことになり、下道&越後方面組はR400を登り、その他は那須塩原IC方面に下りと別れることになってひとまずここで解散!!。矢部と木村を見送って5台に減った一行は一路高速を目指し走っていると。。。????NSRがいねぇ???。まぁ何でいないのかは誰もが分かることだが。

       
    左:再会もつかの間、クルマチームをお見送り
    中:急に無情の雨、川の後ろ姿に無念さが溢れる
    右:去りゆくヤベ&キム、帰る気満々の極殿

そっこーUターンをかまして戻ってみると駐車場でカウルを外しているM嶋の後ろ姿。いつもは下部シリンダー側のプラグ交換だけなのに今回は上部側の交換もし始めている・・・今回のツーリングのためにプラグを4本も持ってきてるのは伊達ではない。交換作業を見ているとさすがホンダ車、整備製はよさげだ、TZRだと結構、つか死ぬほどめんどくせぇんだけどな・・・。プラグもったいないからPGMとかその辺を直した方がえーんじゃねーの??俺は電装系には滅法弱いのでよーわかりませんがね。しかし、なんといっても'89モデルだし普段乗ってるわけじゃないから仕方ねーわな。とはいえNSRをお不動様にしちまうと伊豆の悪魔にJhaのチャンバーをむしられちまうので気を付けろ!!。

                 
               左:デジャブその2 今度はセンターカウルか・・・
               右:これが2000年前の沈船から引き上げられたという幻のステダンだ。


元気を取り戻したNSRを交え今度は那須塩原ICまで何事もなく到着!!。俺はここから下道をひた走りとっとと帰宅、後の面々は各々高速で帰宅したのだった。ちなみに下界は晴れておりとってもムカツイたというオチは内緒だ。

   
 

まずまずこんな感じで今回のツーリングは無事に終わったのでした・・・なんて甘くないのがSTCだ!庭美は西那須野駅から新幹線でそっこー帰宅、午後からは勤労にいそしむというあっぱれ隊みたいなことをしてるし。E島@GT-Rは高速道路で公式測定員にスピードを測ってもらい立派な賞状を頂いてるし(高額な測定料金を取られたらしい)、麦ジュースを飲みながら帰るヤツ(特に名を秘す)はいるし・・・俺は帰り際にやむなくケータイを購入、ツーリング費用よりも多大な出費を強いられたのだった。んで水没した携帯はメモリーまで完璧にお亡くなりになっており、数日間アドレスの調査や登録に追いまくられるという悲しい後日談をも残すこととなったのだった。
 
 今回も色々なネタ満載の怪しいツーリングだったけど重大なトラブルもなく楽しかったな。

 次は秋ツー?忘年会もやらねばな!!来年はSTCワークスチーム複数台で耐久参戦やら、またまたツーリングやら盛りだくさん企画があるようだ!!皆の衆まずはお疲れさんでした。んでもってこれからも気合い入れて行くべや 押忍!!

 追伸:このツーレポを覗かれて家庭不和に陥った、彼女に振られた、子供が口を聞いてくれない等のトラブルが生じても当方は一切関知致しません。



が、しかし、万一そのような事態に遭った場合は面白いネタなので必ず報告するように!!。そこんとこヨロシク


2008改訂時追記:

20周年記念のせいか絶好調で書きまくっている、今では考えられない大作ではある。改訂版収録に当たってサーバーの中身を整理すべく3ページだった原文を1ページにまとめた。

今回のHP改修ではなるべくアップした当時の文章をそのまま載せようと思ってはいるのだが、このツーレポには当時はやり出した2ちゃんねる用語が多数入っており、あまりにこっぱずかしいので該当部分を修正してある。

流行言葉には気をつけたいモノだ。