▲TOPページに戻る


 

   第一章  名称
第一条 この会は「札幌広尾会」と称する。事務所はエビコー株式会社内(札幌市西区二十四軒3条2丁目6−21 電話011−613−6235)におく。
第二章  目的及び行事
第二条 この会は故郷広尾町を誇りとし、且つこよなく愛する会員が相互に親睦を図り、広尾町との連携を深め、郷土の発展と会員融和を永劫に引き継ぐことを目的とする。
第三条 この会は第二条の目的達成のため下記にことを行う。
  1.年次総会
  2.各種の親睦行事
  3.会員の慶弔に関する連絡
  4、郷土に関する行事
  5.会報の作成、インターネットによる情報交換
  6.その他この会の目的達成に関する行事
第三章  会員
第四条 この会の目的に賛同する個人、企業をもって構成する。
会員は広尾町の出身者又は広尾町にゆかりのある者で、札幌市及びその周辺に居住もしくは勤務する者の他、この会に入会を希望する個人、企業で構成する。
第四章  組織
第五条 この会の運営は次の組織によりこれを行う
  1.役  員   会   長・・・・1名
            会長代行・・・・1名
            副 会 長・・・若干名
            幹   事・・・・数名
            監   査・・・・2名
  2.顧  問   この会に顧問・相談役をおくことができる。
            顧問、相談役は会長がこれを委嘱する。
  3.役員は総会の決議によりせんにんするもととする。
第六条 1.会長は会務を総括し、総会及び役員会、幹事会を招集する。
2.会長代行は会長不在の場合、会長の任に準じ、会務を代行する。
3.副会長は会長を補佐する。
4.幹事は、会長、会長代行、副会長と共に会の事業・広報・会計と仕事を分担し具体的運営にあ
  たる。
5.監査は会計の状況を監査し、年次総会において決算報告をする。
6.役員の任期は2年とし、再選は妨げない。但し、欠員の生じた場合にはこれを補充する。
第五章  会議及び会計
第七条 1.会議は年次総会、臨時総会、役員会とする。
  役員会は会長、会長代行、副会長、幹事、監査で構成する。
  会議の議事はすべて出席者の過半数の同意をもって決定する。
2.この会の運営は会費、助成金、寄付金及びその他の収入を以て充当する。
3.この会の会費は年額、個人又は家族3,000円、企業一口10,000円とする。
  入会と同時に納入するものとし、脱会の場合はこれを返金しない。
   ※但し、企業会員は無記名二名わくとする。
4.この会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日までそする。
第六章  慶弔に関する規定
(弔意)
第八条 1.会則第三条・3により慶弔に関する規程を次の通りに定める。
2.会員等の弔慰については次の通りとする。
  (1)会員の死亡
  (2)会員の配偶者の死亡
3.弔慰金は3,000円とする。
4.特別の場合は役員会で協議して決定する。
(表彰)
第九条 本会のために特に功労のあった会員に対しては、役員会において審議し表彰することができる。
◎ 付則   この規定は平成22年5月15日より施行する
◎ 第五章、第七条の会費規程は25年4月1日から適用する