RealStyle MKのホームページトップへ RealStyle MKとは SS1/32mile参戦記 Mの部屋 Mのブログ Kの部屋 リンク集

 Mはもともと熱心なヤマハ好きとまでは言えなかったのだが,うちにやってくるバイクはなぜかヤマハ車ばかり。今ではすっかりヤマハフリークです。いや,単に他のメーカーのバイクを所有したことがないだけか?

1号機:XV250ビラーゴ('93年式)

 

 

 

こいつは俺が20歳の時に初めて新車で買ったバイクです。16年を経た今でも(歳がバレる?)現役でがんばっております。こいつとはいろんなところに行ったなあ。いじり倒してこいつでバイクの勉強をしました。ロングフォークのチョッパー,クラシック,ドラッガーなど様々な形を経験し,現在は90年代のArlen Nessっぽくツアラー仕様で落ち着いています。一番稼働率の高いマシンです。外装がかなりヤレてきたのでいいかげんリフレッシュしなくては。

FホイールはSDR純正。車種不明ヤマハ純正ディスクローターとブレンボキャリパーを合わせています。キャリパーサポートは自作の2ピースタイプ。このタイプにするとオフセットを合わせるのが楽ですよ。内側外側オフセット自在です。フロントフォークインナーはビラーゴ後期用,アウターはフォーク径がビラーゴと同じ33φのTZR125用。自作フォークスタビライザーを介して,カットしたネスのフロントフェンダーを付けています。
ステップはドラッグスター400用のビレットフォアコンを加工装着。自作エアスクープはネスっぽさを演出するためにFRPで自作しました。
RホイールはZEAL用。以前はTZR250(1KT)用を付けていましたが,ZEALの方がリム幅が広く,太いタイヤを履かせられます。キャリパーはTZR250(3MA)のものを使用し,ディスク化。ツーリング先でのパンクが怖くて前後チューブレスとしてます。
マフラーはスーパートラップ。サイドバッグに干渉しないよう下向けに角度を振ってます。
ヘッドライトはバルカンドリフター純正。マルチリフレクターの大径ライトで夜道も安心。
カウルはシックデザインのガイラシールドを加工装着。見た目重視でかなり寝かせて取り付けています。ネスっぽくね。
ハンドル周りは1インチ化。スイッチボックスはスティード用流用。ネスパーツも多用してます。タコメーターは走り屋御用達のオオモリ製の電気式のものをPOSHのビレットケースに入れてます。
キャブはTMR28を横だしで取り付け。エアクリーナーはネスのビレットです。
シートはイタリア製のガンファイター。ずいぶん前にキタコが輸入販売していたものです。これは硬質型発泡ウレタンを使用していて座り心地も防水性もグッド!デザインも良いし,かなりオススメだが現在は入手困難です。
このマシン最大の特徴サイドバッグ。これは便利!工具やカッパ入れに,日常の買い物や2泊程度のツーリングにと大活躍。CB650Exclusive用。1980年製造のものらしいが,FRPで丁寧に作られており,かなり頑丈。大転倒の際にも傷が入っただけで割れませんでした。こちらも現在は入手困難です。ステーは自作です。
リア灯火系はネスのビレットパーツで統一。ランプはLEDです。
サスはアメリカンドラッガーズのビレットサス。質感も見た目もカッコイイ!サスペンション機能もあり,性能的にはローダウンサスなんてこんなもんでしょう。リジッドみたいにポンポン跳ねることはなく,そこそこ有効に働きます。スプリングが錆びたりとかいうことがないのも良い。まあバンク角が犠牲になるのでタイヤの端まで使えませんが。

とまあ,ヤフオクジャンクパーツの加工流用がメインでボルトオンパーツはほとんど使っていません。それでいてこのまとまりの良さ!と思うのは自己満足か?

2号機:FZR250R('90年式3LN)

 

 

 

もっとスポーツ走行のできるバイクが欲しいと思っていたところ,ナイスタイミングで友人から購入を持ちかけられ,2台セットで5万円で不動状態でうちにドナドナされてきました。2コいちで復活させたもの。バラしてみると相当ボロボロだったのだが,しっかり修理したのでノントラブルで3年経過。乗りっぱなしでほとんどノーメンテで来たのでそろそろメンテしてあげなくては。エンジンは好調で,なんと20,000rpmまでブン回ります。ほとんどノーマルです。最新スーパースポーツの外装にしたら面白いかも。
先日,坂道に駐車してたら勝手に進みだし,サイドスタンドが外れて転倒!カウル大破・・・・・・(汗)。直さないかんなあ(泣)。程度そこそこの中古品なんて出るのかなあ。

3号機:XV250ビラーゴ

 

 

1号機のエンジンがどうしようもなく不調なときに書なし部品取りとしてやってきました。その当時走行距離は900kmという低走行距離だったのだ。もう1台フレーム書付きだがエンジンが逝っているマシンとセットでやってきました。極上エンジンを1号機に載せ替えた後,余った部品で誰もやっていないビラーゴベースのカフェレーサーを製作しようとコツコツ作っていたのだが,そんな折SS1/32mileに参戦することとなり,資金難により作業中断。老後の楽しみのために放置プレイすること3年以上が経過・・・。
まだ未完成だけど,結構面白いでしょ?いつになったら完成するのか・・・

X号機

パーツ状態のバラバラのものも含め,ビラーゴとFZRがもう1台ずつあります・・・。出番がくる日がやってくるのか・・・。直して売るにも赤字になりそうだし,バラしてヤフオクに出品しても希少性のない中古の純正部品など見向きもされないだろうし・・・。しかも錆びだらけでほとんど産業廃棄物。鉄の値段が高いときに売っておけば良かったか?