大阪 行楽

大阪の行楽地(2)

大阪の代表的な行楽地を「大阪の行楽地(1)」に引き続き、2、3挙げてみましょう。・関西サイクルスポーツセンター:「金剛生駒紀泉(こんごういこまきせん)国定公園」の中にある観光施設。人気のある行楽の一つにサイクリングがありますが、ここではサイクリングはもちろん、キャンプや水泳などもできます。・天保山ハーバービレッジ:海からの風がさわやかな、大阪港に面した行楽地。公園や広場、水族館といった各種施設が併設されており、観光船によるクルーズも楽しめます。・天王寺動物園:動物園としては、国内でも特に規模の大きい部類に入るもの。その数は約230種1,000点にのぼります。キーウィをはじめ、国内では滅多に見られない珍しい動物を飼育しています。大阪府内は交通の便がいいので、行楽地に行くにも何かと便利です。大阪府内の行楽地だけでなく、近隣の京都や奈良、兵庫などの行楽地にも気軽に足を延ばせることが、大阪という土地そのものの魅力の一つでしょう。

大阪の行楽地(1)

大阪の行楽地は、大阪という土地柄でしょうか、単に自然を楽しむだけではなく、グルメやショッピングといった側面も無視できません。また、歴史的・文化的価値が高い行楽地が多いのも、大阪の特徴です。大阪の行楽地の例としては、・大阪城公園:大阪城は大阪を代表する観光スポットの一つで、かの有名な豊臣秀吉が建てたもの。大阪城はもちろん、その周辺の木々や花、野鳥などを見ることができ、行楽地としては結構楽しめます。・日本万国博覧会記念公園:大阪万博の跡地で、総敷地面積は何と甲子園の約65倍! 「日本さくら名所100選」に入るなど自然が豊富な上、太陽の塔や日本庭園といった万博の残存施設なども楽しめます。・大阪府営服部緑地:大阪府を代表する緑地。愛想のない名前ですが、中は結構整備されています。入場料は無料(緑地内には有料施設あり)で、バーベキューを楽しめるのがポイント。家族連れの行楽にピッタリです。

関西の行楽地――京都・奈良

関西はほかの地方同様、自然に恵まれた行楽にピッタリの場所も多いですが、関西の行楽地の特徴としては、歴史的・文化的価値も付随している場所が多いということが挙げられます。関西で歴史的価値が高い行楽地・観光地の代表といったら、やはり京都・奈良近辺でしょう。京都・奈良の行楽地の例としては、・奈良公園(奈良県):公園内には多くの国宝指定物件や世界遺産登録物件があります。そして奈良公園といったらやっぱり鹿! 「鹿せんべい」を買って鹿に食べさせてあげましょう。・古都京都の文化財(京都・滋賀県):滋賀県にまたがって点在する、世界遺産登録物件群。文化財を見ることも楽しいですが、その周辺地域を巡ることは、自然を満喫する行楽としても最適です。「雄大な自然」というよりは、「わびさび」「あはれ」といった雰囲気が味わえます。関西はいろいろな意味で歴史の中心となってきたので、京都・奈良だけでなく、ほかの府県にも歴史を楽しめる行楽地はたくさんあります。特に「レジャーだけでなく、ちょっとはお勉強もしたい」という方は、一度関西の行楽地巡りを楽しんでみては。

関西の行楽地

関西の行楽地には、自然を満喫できることはもちろん、日本文化の素晴らしさも感じられる場所が多くあります。よって関西の多くの行楽地では、単なる「行楽地」以上のものを得ることができることでしょう。関西の行楽地で有名なものの例としては、・仁徳天皇陵(大阪府):「百舌鳥(もず)古墳群」の一つで、大仙公園に隣接。日本最大の前方後円墳であるだけでなく、お墓として世界最大規模を誇っています。特に古墳好きでなくても、一度は見ておく価値あり!・熊野三山(和歌山県):2004年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部。豊かな自然を楽しむことができます。・琵琶湖(滋賀県):言わずと知れた、日本最大の湖。琵琶湖はもちろん、周囲の美しい景観も必見! 特に比叡山からの眺めなどは「素晴らしい!」の一言に尽きます。関西の行楽地は、これ以外にもたくさんあります。関西は前述のように、行楽地としては非常に魅力のある土地ですので、連休などで行楽地選びにお困りの際は、ぜひ関西を訪れてみてはいかがですか。