三星商用車 SM/SVトラック

SM510 ダンプ

SV710 ミキサー

解説

三星商用車の大型トラックで、ニッサンディーゼル(現:UDトラックス)のビッグサムをベースに開発されている。
タイプはSM510/SM530の2種で、外装デザインはフロントエンブレムが「NISSAN DIESEL」から「SAMSUNG」に変更された以外は初期型のビッグサムとほぼ違いがない。
エンジンは、ビッグサムと同じくニッサンディーゼル製を搭載、x10系がRE8(V8 15000cc)、x30系がRG8(V8 18000cc)を搭載している。
1998年前後にはフェイスリフトを実施、グリルデザインなどが変更され三星自動車と同じCIが装着された。
この改良を機にモデル名がSV710/SV730に変更されている。
2000年には三星商用車の破産に伴い生産を終了した。


戻る