おもしろいもの。

 

 

以前から探していた
 ホイール・スペーサー。

 

 

コイツは
 トレッドを拡げるために使うもの。

 

 

 下の図の赤い部分が“ホイール・スペーサー”。
 これを入れた分、ホイールが外側に出て、
 トレッドが拡がるワケです。

 

 

ただ、今回のおいらの使い方は
 ちょっと違って…。

 

以前使っていたホイールだと
タイヤが引っ込んで
トレッドが狭くなってしまうため
 現状と同じトレッドを維持するために準備しました。

 

 

 で。

 

通常、出回っているのは
 こんなタイプ。

 

 矢印部分に現状のスタッド・ボルトを入れて、
ナットで締めます。
そして、ホイールは
 スペーサーについているスタッド・ボルトにはめます。

 

 

ただ、ひとつ
 不安要素があって…。

 

このタイプのスペーサーは
スペーサー固定用のナットの
 増し締めや、緩みの確認が出来ないんですよね…。

 

やるためには
ホイールを外すしかなく
 とっても面倒なのです、ハイ…。

 

トルク・レンチがないため
手締めのおいらにとっては
締め具合の確認は
 どうしてもやりたいところ。

 

 

 常にオークションを見ていたところ…

 

 こんなものが出てました。

 

 既設のスタッド・ボルトに、
 スタッド・ボルト付きの長ナットを取り付け、
 そこにスペーサーをはめる、というもの。

 

 

 

 

最初、コレを見たときに

『被せるナットをきちんと締め込めないからダメじゃねえ?』

 と思いました。

 

 スペーサーの穴も六角、
 長ナットも六角。

つまり、長ナットを好きに締めちゃうと
 スペーサーが入らない。

スペーサーを入れるには
 緩めて六角同士が入るようにしないといけない。

 緩んだままじゃんか!

 

 と、思ったワケです。

 

事実、誰も入札せず
 一度目は終了。

 

 再出品されてました。

 

 

そんな中

『 待てよ?』

 と、思ったのです。

 

 

 いろいろ考えた結果、

 『 コイツはおもしろいかも!』

 

 

ということで
 出品価格での落札完了!
(バカ安です。笑)

 

 

 到着を待ち、
届いてから
  すぐに確認!!

 

 

  思った通りでした!!

 

 

 

 

 

 長ナットの内側はこうなってます。

 

 

 

 

 

 

 

 この被せる長ナット、ユルユルでもいいんです!
 なぜなら、ホイールを締め込むと、右の矢印のように引っ張られ、
スタッド・ボルト(赤)と、長ナットの内側(緑)が
  きちんと締まるようになっているから!!

 

ナットやボルトを締め込むのと
 全く同じ原理。

 

条件としては
長ナットがスペーサーより
 引っ込んでいること。

 

コレがないと
長ナットは引っ張られきれなくて
 きちんと締まりません。

 

 

 確認すると、きちんとそのスペース(矢印部分)が確保されています。

 

 

 

 六角同士になっているため、それ以上廻ることもありません。
 要は緩んで抜けることはないってことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 この国のお方、
 面白い発想で創ってますね〜。

 

 

この“創り”なら
ナットの締め具合の確認や
 増し締めはいつでも出来ます。

 

締め込むことによって
 六角同士もがっちり組み合い、
延長された格好になるスタッド・ボルトが
 振られる心配もありません。

 

 

おいらが心配していた部分を
 全てクリアしてくれているコイツ。

 

違ったのは
 ムクではなかったこと。

 

 まあ、軽量化と強度を両立したとは思うけど。

 

また、りょうすけ君から言われたのが
 スタッド・ボルト付き長ナットの強度。

 

これはなんとも言えないけど
 きちんと考えてあるでしょう。

 きっと。

 ココまで考えられる人なのだから。

 

 

世の中
いろんな“発想”を持ってる人が
 いっぱいなんですね。

 

 

久しぶりに
 “おもしろい”ものを見ました。

 

いいものを
  安価で入手できてラッキー!

 

 

 

 

have a restへ   TOPへ