共通点
~  ドラッグ゙・レース ~

 

 

 

ドラッグ・レースのスペシャリストの
アライさんという人と
 一緒に仕事をする機会があった。

 

自分達の四駆とは
  全然違うタイプの車。

 

 

全然知らない世界だから
  話しが面白い。

 

 

ドラッグ・レースというものを
  全く知らなかったおいら。

 

まあ、テレビで
走ってる映像くらいは見たことがあり
真っ直ぐ走らせるのが難しい程度のことを
  知ってた程度。

 

 

毎日一緒に仕事をする中で
少しずつ少しずつ
  色々な話しを聞いた。

 

メチャクチャ楽しそうに話しをしてくれるから
内容もさることながら
こっちも段々と
  単純に楽しくなる。

 

 

そんな中
  いろんな共通点があった。

 

クロカンでは
その場所を
  クリア出来るかを決める“ライン”。

 

ドラッグ・レースで言うラインは
コース上に次第に残されていく
  いわゆる“タイヤ痕”。

 

黄色い丸部分。
結構長く付いているのである。

 

 この上をトレースしていくという。

 

ココから外れると
タイヤのブリップが
大きく変わってしまうため
ひどい時には車体の向きが変わり
  とんでもないことになってしまうらしい。

 

 

 

次に
クロカンでグリップ力を
大きく左右する
  “タイヤの空気圧”。

 

モータースポーツでは
タイヤの空気圧はとても重要なのは
  当然といえば当然。

 

ドラッグ・レースでは
あの大きいタイヤの空気圧は
1kg/c㎡に満たないどころか
  0.5kg/c㎡前後というのには驚いた。

もちろん
車種、車重、気温等々によって
いくつを選ぶかは
  ドライバー、もしくはチューナーの腕次第。

 

おいらにとっては
  “まだ見ぬ世界”の空気圧…。
 (まだ2kg/c㎡で止めてるし…。)

 

 

 ちなみに…

 

レース直前に行われる
  “バーンナウト(Burnout)”。

 

 フロントのみブレーキをかけ、
 リヤのみ空転させ、
タイヤを暖めて(というか溶かして)
 グリップ力を高めている。

 

コレによる
タイヤの温度上昇も考えて
  空気圧を決めるそうな。

 

さらに
バーンナウトを
  “やめるタイミング”もきちんとある。

 

何本か走るうちの
  どこで一番のグリップを得たいのか。

 

そんなこんなを
きちんと考えて

  バーンナウトはやられているそうです。
 (もちろん、な~んも考えてない人もいるでしょうが。笑)

 

 

他にもいろいろあるんだけど
おいらが強く面白いと思った共通点のひとつは
  “理詰め”であるということ。

 

 

ひらめきのアイデアも当然あるんだけど
それを実践するに当たって
メリット、デメリットをきちんと考え
  何を優先するのか。

 

 何のためにやるのか。

 

 どうしたらうまくできるのか。

 

 常に“考えている”こと。

 

いやいや
  なかなか。

 

 思わずニヤけてしまいます。

 

 

 さらに…

 

エンジンを組む時には
各パーツごとのデータが全て付いてきて
それらを入力していくと
  馬力がきちんと出てくるそうです。

 

そこから
  出せるタイムも割り出すことが出来る…。

 

 

チューナーとして
  その馬力をきちんと出せるか。

 

レース当日の気象条件等
さまざまなものから
その日のベストを割り出し
ドライバーとして
  そのタイムをきちんと出せるか。

 

 

レースだから
当然
他者との勝負に勝ち
  優勝を目指してはいる。

 

けど
最終的には
すべて
  “自分自身に向いてる”んですね~。

 

自分のイメージしたものが
達成出来たときの“楽しさ”を
  知っている。

 

コレは
  大きな共通点です!

 

 

そんなこんなで
楽しくなっちゃったんで
  お願いをしちゃいました。

 

 「どんなトコでやってるのか見たい!」

 

 

 で、
  連れてってもらいました。

 

 

アライさんの組んだスーパー・チャージャー仕様の
 エルカミーノを見に、カトウさんのとこへ。
 わざわざエンジンまでかけてくれ、
 その爆音に驚いたのはおいらだけ。
カトウJrの2人は
 当たり前のこと、と普通にしとりました。

 

 

次に
  アライさんのファクトリーへ。

 

 自分が住んでいるマンションの駐車場。
 ココでなんでもやっちゃうそうです。

 

 

 いやはや、感動ですね!

 

 

 『やる気になって、やりたくなったら、どこでも出来るよ!』

 『あとは工夫次第!』

 

 

 ですよね~。

 

 

そんなことを
 言われてる感じがしたおいらでした。

 

 

 「今日のベストは 明日のベストではない。」

という
  アライさんの言葉。

 

 

 いや~、
『日々闘ってる!』
 って感じの言葉です!!

 

 

いろんな“共通点”を持っている人と
 一緒にいるのは楽しいですね~!

 

 

 

have a restへ    TOPへ