1.エンジンが冷えているのを確認して作業に入ります。プラグカバーやコード、ブローバイホース、ブローバイ配管を外します。    

   同時にカム角センサー、クランクセンサー、オイルレベルセンサーの配線をクリップから外し避けておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.次にカバーの固定ボルト(6角レンチ)10本を緩めます。

   ※スパークプラグは取り外しておかないほうが万一物が落ちても燃焼室に落ちることがなく安心です。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3.ヘッドカバーを持ち上げるように外します。張り付いて取り外せない場合はマイナスドライバーでやさしく徐々に持ち上げ  

  剥がします。カバーは樹脂製なので脆くなっている場合があるので取り扱いに注意します。カバーに歪みが起っている

  場合、本来は交換が望ましいですが、今回は再利用します。パッキンなどがヘッド側に落下していないか確認します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4. 約18万キロを走破したヘッドの様子…前ユーザーのオイル管理があまり良くなかったようです。

   これでもきれいになったほうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.接合部分をクリーナーや布を使って洗浄します。汚れがこびりついている場合、傷をつけないように樹脂の定規で削ります。

  ヘッドのエッジが鋭いので手袋をするなどして怪我に気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.汚れや油分も取り除いてきれいになったヘッド。プラグホールも汚れている場合、パーツクリーナーで洗浄します。

  ※燃焼室に大量のクリーナーを入れないでください。最悪の場合、ウォーターハンマーを起こす事があります。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.古いパッキンの取り付け配置を覚えてから取り外し、(Oリング10個も取り外します)カバーをクリーナーで洗浄します。

  新しいパッキンを取り付けます、無理な引っ張りは避けて寸法通りにはめます。

  パッキンとヘッドカバーには滑り止め突起があり通常はパッキンが落ちることはないのですが

  歪みや疲労の進んだヘッドは特に青丸の部分に液体ガスケットを塗布して補強します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8.完成したカバーをヘッドに取り付けます。正しく位置を合わせ(合わせる突起があります)上から垂直に取り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9.固定ネジを取り付け締め付けます。私の場合、写真のような順番で、最初は徐々に馴染ませ締めて順番ずつ固定していきました  

   トルクは10センチぐらいの六角レンチでグッと手ごたえが来て止まる位置がちょうど良いようです。

 

 10.締め付け確認後、補機類を取り付け試運転を行います。外側、タイミングベルト、プラグホールにオイル漏れがない事を

   確認し、異常がなければ完了!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ヘッドカバーパッキンの交換
 タペットカバーパッキンが劣化すると、カバーのつなぎ目からエンジンオイルが滲んでしまったり、プラグホールにオイルが溜まってエンジンが不調になることもあります。