ステアリングラックを抜き取ります。タイロッドを左右に伸縮させたり、角度を微妙に変化させて抜き取る感覚を探ります。

隔壁のパッキンやブッシュをセットして先ほどの感覚を思い出し、新しいラックを取り付けます。

仮止め後、取り付け位置を確認し、運転席のシャフトと接合します。規定トルクでラックを締め付け、油圧配管を取り付けます。

タイロッドエンドを取り付けて取り付けの再確認を行います。

エンジンマウントを取り付けて、補機類を元通り組み付けて行きます。

※インテークマニホールドを取り付ける時に、バルブやインテークパイプに異物が落ちていないか必ず確認します。

組み立て完了後、パワステオイルを補充します。補充しながらタイロッドを手動で伸縮を繰り返してエアを十分に抜いてから  エンジンを始動します(エアが完全に抜けるまで操作の重さやシャリシャリした違和感がでる場合があります)

ハンドルのセンター出しを行い、次にトーを規定値に調整します。

油漏れの有無、緩みの点検、試運転を入念に行い異常がなければ完了です。

ガタの原因を探るべく取り外したステアリングギアを分解してみました。手で揺する分には大きなガタもなく、ラック&ピニオンにも特に 異常はありませんでした。そこで気になったのはラック押さえの部分です。ベクトラの場合、遊びはスプリングの張力で自動調整されるようで、手動で調整する機能がありませんでした。(調整機構がある場合、バックラッシュの調整は安易に行わない方が良いのでご注意ください)Cクリップを外すと、スプリング(写真にはスプリングは写っていません)とラック押さえを取り出すことができます。         あくまでも推測ですが、スプリングの張力の減少または、ラック押さえ部分の磨耗でガタを吸収することができなくなり、徐々にガタが出てしまった模様です。

今回はオイル漏れもあったため、ラック事体を交換しましたが、この部分を交換することでガタを少なくすることができるかもしれません。        


 マウントとステーを取り出した後の状態です。パワーステアリングの油圧配管を外します(写真のようにオイルが流れ出すので注意)

ギアボックスを固定している4本のボルトを緩め取り外し、固定ステーとブッシュも外します。

ギアボックス取り外しに備え運転席足元(室内)のシャフトとのラック連結部分のボルトを外しておく。

タイロッドエンドのナットを緩めて抜き取ります。本来はタイロッドエンドプーラーを使用しますが、ギアプーラーを代用して抜き取りました。ハンマーで叩いて抜くと、ねじ山が破損するので注意します。