エンジンマウントの交換

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ベクトラBのエンジンマウントは前側2箇所(オイル封入式)と後側1箇所の3点支持+エンジントルクロッドで構成    されています。

液封マウントからオイルが漏れたり、シフトショックの増加、車内の強い振動、ゴムの劣化などが起こり始めたら

交換時期だそうです。

■前方右側

作業の障害になるエアークリーナー、カバー、Vベルト、クランク部分のプーリーをなど外します。

添え木等を使いオイルパンにジャッキを当て  エンジンを少し持ち上げ、マウントステーのボルトを緩めます。     

(緩めやすい高さに添えているジャッキを調整します)  

ステーの取り外し方法はこちら

ここでポイントになるのが、Vベルトテンショナーを取り外す事と、パワーステアリングポンプのボルト2本と配管の    固定ボルトを緩め台座から外してフリーにしておく事です

パワステポンプを移動したり、空間を有効に利用してマウントをステーご抜き取ります。

マウントステーのナットを緩めて、マウントを交換し、新しいマウントを切り抜きに合わせて取り付けて締め付けます。

マウントを逆の順序で取り付けます。新しいマウントは長さに差があるので付かない場合はジャッキを調整して捩れないように取り付けます。マウントステーを固定し、最後にエンジンを固定していたジャッキをゆっくり降ろしメンバーの固定ナットを仮止めします。車を下ろしマウントに捩れ等が無いのを確認して先ほど仮止めしたメンバとの固定部分を本締めして組み立てて完了です。

 

 

マウント下部とメンバーを固定するナットも緩めます

作業は危険を伴うので、ジャッキアップ時には車輪止め、スタンドを使用して確実に安全を確保して下さい。

また、マウントを外すとエンジンが下がりますのでジャッキまたはエンジンハンガーで支えて下さい。

マウントの交換は一箇所ずつ行い、その都度ジャッキを添える場所を変更して下さい。

■前方左側

             

ミッションの中央部分(突起温度センサー、薄いカバーを必ず避けて)に添え木などをしてジャッキをかけ少し持ち上げます(注)エンジンオイルの漏れと参考写真用に添え木をしていないのはお気になさらないで下さい(^-^)

3本のボルトの中で狭く緩めるのが難しい緑丸(一番上)の部分を先に緩めておきます。

                                

工具を組み替えて緩める事も可能ですが、周囲の配線やラジエーターホースの破損に気をつけて下さい。

必要に応じてバッテリー、バッテリー台座、ハーネスなどを避けてスペースを確保して下さい。

マウント下部とメンバを固定するナットを緩め、マウントをステーごと抜き取り、タイヤハウス側に隙間を利用して

移動します(ATFのホースなどを引っ掛けないように注意して下さい)

                                    

タイヤハウスのカバーが引っかかるので取り外してください。

右側マウントと同様の手順で交換を行い逆の順序で組み立てます。

 

■後方マウント

後方マウントはステアリングギアボックスの交換のマウント取り外し方法と同様です。

(注)隙間を利用するのでインテークマニホールドを取り外す必要はありません。

ジャッキで固定を行い、マウントステーごと取り外します。ヒーターホースが引っかかる場合は、取り外すまたは

マウントの隙間に一時的に挟んでマウントを抜き取ります。

■ワンポイントアドバイス■

各エンジンマウントには組み立て効率アップや微調整用にボルトに遊びが設けてあるようです。ベクトラBでは普通に 組み立てても、大幅にエンジン・ミッションの取り付け位置が曲がったり、捻れたりする事は無いようですが、取り付ける際にフレームとの位置関係や捻れ具合を測定・観察して微調整しながら固定する事で、より新しいマウントの性能を引き出したり、シフトショックの低減やマウントに掛かる負荷を減らして長持ちさせたりすることができるのではないかと考えます。