対策品バルブ清掃の追加情報

 対策品のバルブも汚れが溜まってくるとエンストが起こる原因になります。

清掃方法は従来品と変わりませんがいくつか変更点

次に穴にエンジンコンディショナーを差込み(ちょうどコンディショナーの管とピッタリ合います)、吹き返しに注意しながらクリーナーを流し込みます。シャフト受けから黒い汚れが出なくなるまで入念に洗浄します。

この作業で対策品の洗浄作業は完了です。従来品と同様の工程で組み立てを行い、試運転をして異常が無ければ

完了です。

                                  戻る

がありましたので追加いたします。

取り外した対策品のバルブ従来品よりコンパクトになり、仕組みは同じですが、各部分の構造が変更になっています。まず従来品と同じようにエンジンコンディショナーを吹いて内部の清掃を行います。

内部清掃でも十分回復すると思われますが、弁をコントロールするシャフトの軸受け内部に汚れが蓄積していると動きが悪くなり良い結果が出ない場合があります。ここからの作業が変更点になります。

まず青丸で囲った部分を探します。