エンジンハーネスの劣化

           

    

         使用されている環境にもよりますが、ベクトラのエンジンハーネスは絶縁皮膜が劣化剥離して、内部の銅線が

         剥き出しになってしまう現象が発生しています。基本的なメカ部分、センサー類に異常が無く、エンジン不調や

         エンジン警告灯の点灯(電圧などの異常値など)が起こった場合、ハーネスの短絡による誤作動が考えられます。

         脆くなったハーネスは、特別な作業が必要な場合以外は触らず、また作業される場合もできる限り、無理がかから

         ないようにそっと動かすと安心です。その部品代は高価なため安易に交換に踏み切れないのも事実です。

         私のベクトラも短絡が起きてしまい、ハーネスの補修を行いました

         (車両火災や故障などの危険もある無謀な挑戦だと思いますので参考までにお願い致します)

 

               

               

                      ECUへの接続部分 隔壁部分の配線も結果しているので処置が大変でした

                

               

                 ハーネスの束にはこれだけの線が入っています 一度分解したら後戻りはできません

               

                   テープは良質なものを入念に、ショートが起こらないようにひたすら絶縁を行います

                   ATへの信号線はメーカーが異なるのか劣化はありませんでした

               

               アイドリングコントロールバルブが問題ない場合でも電線がショートしてエンストする場合もあるので

               見つけた場合は、絶縁テープで補修します。

               

                                    補修が完了しました