エアダクトの亀裂

           

      症状:センサー類に異常がないのに、アイドリングが不安定だったり、アクセルを踏み込んだ時にエンジンが暴れ咳き込むような感じになる

 

     アイドリングや加速の不調で意外と見落とされがちな箇所がこのエアダクトです。蛇腹に亀裂が入り、ここから

    ECUが予測していない余分なエアを吸ってしまうので、正確な空燃比が得られず、吹かしたときに、咳き込むような

    症状やエンストが起こります。ダクトに異常が無い場合も周辺に接続されている負圧ホース類のヒビや抜けも

    確認してください。更に走行距離の多い車は負圧を利用してブレーキの踏み込みを助ける、ブレーキ倍力装置の

    バキュームホースと逆流防止弁の劣化にも注意が必要です。

    万一、ブレーキの負圧ホースが破損するとアシストが低下してブレーキ踏力が重くなり走行が危険になります。