ハリウッドの出会い ケアプロスト 本発明は、画期的な無段の自動変速装置(CVT)です

 

本発明は、画期的な無段の自動変速装置(歯車式CVT、歯車式無段変速装置)です。

本発明のCVTは、基本的にはダブルピニオン式遊星歯車を利用して、トルクコンバータ(流体式CVT)の機能を実現したもので、何の制御を行うことなく、駆動力と負荷とが均衡する最適な減速比となるようにCVT自身が無段で自動変速します。つまり、歯車を利用したCVT(歯車式CVT)によりトルクコンバータ(流体式CVT)と同一の自動変速機能を実現したのであり、トルクコンバータ(流体式CVT)のような流体の滑りによる損失を生じないと共に、ベルト式CVTのような制御を必要とせず、大トルクに対応可能な 画期的なCVT(歯車式CVT)を製作することができます。

本発明の歯車式CVTは、世界各国に出願しており、現在までに、日本、アメリカ、中国、インド、韓国、台湾、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコで特許を取得しています。

本発明の歯車式CVTは、制御装置による制御が不用であることから、エンジン駆動用のCVTの他、ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車、電車などのモータ駆動用のCVT、オートバイ、スクータなどの二輪車用のCVTとして、自転車、電動アシスト自転車などのCVTとして、船のスクリュー駆動用のCVTとして、風力発電機用のCVTとして、応用範囲は無限です。

本発明の歯車式CVTを貴社製品に使用してみてはどうでしょうか。

本発明の歯車式CVTの動作確認用試作品(特許庁に動作を説明した物)を見たい方、或いは本発明の歯車式CVTに対するご意見、ご質問がある方は、メールお願いします。

尚、特許の譲渡も可能ですので、ご検討ください。

 

       発明       特許公報       参考:技術の森