―おでかけ日記―

 


 

2006年10月14日 ―MG DAY in KARUIZAWA―

G-ANのメンバーでツーリングを兼ねてMG DAYに行ってきました。

参加者(車)は園田さん、山岸さん兄弟、長谷川さん、土澤さん。

珍しく全員ミジェット。4台のミジェットを連ねてのツーリングとなりました。

久し振りに再会した土澤号。67年式のMk3です。

土澤さんのもとに来て以来、だいぶレーシーな姿になりました。

低くてかっこいい!見るからに早そう!

軽井沢の会場に到着したときは小雨模様でしたが、程なく止みました。

真ん中の黄色いミジェットは常連小美濃さん。

我々ギャラリーと違い、正規のエントリーで参加です。

展示車輌の一台、Mk1のミジェットです。

外見はもちろん、エンジンルームまでピカピカの極上車でした。

でもすごいのはキレイさだけではありません!

 

             

なんと、ターボチャージャー装備!

本で見たことはありますが、実物を見るのは初めてです。

エンジンの向かって右側についているのがそれ。

一体どんな走りをするのでしょうか…。

 

 毎度恒例のお楽しみ、駐車場ウォッチングです。

エントリー車に勝るとも劣らないコンディションのMk2。

エスハチミラーがよく似合っています。

品川ナンバーなので都内のクルマなのでしょうが、いままで見かけたことはありませんでした。

 さて、シンガリはこのPAミジェット。

こんなに魅力的なクルマがあるでしょうか!?

正規エントリーのどのクルマよりもかっこいいと僕には思えました。

アルミのフェンダーが痺れます。

一度でいいから運転してみたい!

いつまで眺めていても見飽きないクルマでした。

 


2006年5月20日 ―Club G-ANミーティング in プロペラカフェ―

G-AN事務局長園田さんの発案で、久し振りにミーティングが行なわれました。場所は調布飛行場内にあるプロペラカフェ

ここは駐機していたり、離発着する小型飛行機を眺めながらお茶が飲める穴場スポットなのです。

駐車場も広く、クルマのミーティングには最適で、僕が訪れたのはこれで2度目。

GWのあとず〜っと降り続いていた雨もあがり、実に気持ちの良いミーティング日和となりました。

 

 

 

 

この日集まったのは8台、9名。ここのところ集まりの悪かったミーティングですが、この日は近頃まれに見る盛況ぶりとなりました。

手前が福森さんのミジェット1500。僕のとよく似たライトブルーの塗装です。バンパーまで同色だと普通の1500とはまた違ったかわいらしい印象です。

奥の赤いミジェットは園田さん。もとのマルーン塗装から一転、見るも鮮やかな真紅の姿に変身を遂げております。

なんでも市原市内某所のヒミツの塗装屋で仕上げてもらったとか。イメージ変わりましたねえ。グリルと相まって一層MK3っぽく見えるようになりました。

以前もご紹介したことのある、小美濃さんの1500。日本一キレイな1500です。最後に見てから3年以上経っていますが、まったく時間の経過を感じさせないほど美しいままです。

小美濃さんには参加者全員にステキなお土産を頂きました。

有難うございました!

以前はミジェット1500に乗っていた安部さんのロードスター。

相変わらずいい音で走ってました。

石峰さんのローバーP6 3500V8。珍車です。僕は実車を見るのは初めてでです。

乗せてもらいましたが、流石高級車。ふんわりとストロークの大きいサスペンションで、ごつごつしたところはまるでありません。大型のアメ車のような乗り心地でした。

SUのツインキャブも赤いタンクのようなエアクリーナーも見慣れない感じです。

 

 

 長谷川さんの黒い1500。山岸(弟)さんから譲られたクルマです。

こうしてミジェットは回りまわっていくのです。

 駐機していた双発機。この日見た中で一番カッコいいと思った飛行機でした。月光みたい。

自家用の飛行機を手に入れるなど夢のまた夢ですが、こんな飛行機を所有してみたい!と思ったのでありました。

僕がオーナーなら濃緑色と明灰白色の塗分けに日の丸を入れるのになあと思ったのですが、これって法的に問題あるのでしょうか?

あるんでしょうね。。。

 


2006年1月29日 ―ニューイヤー・ミーティング―

今年も行ってきましたニューイヤーミーティング。

まあ大体どんな感じかは判りきってるのですが、大熊画伯のカレンダー(サイン入り)が欲しくて出掛けました。

毎年あまり変わり映えがしない割にはけっこう入場者はいるように感じました。

駐車場で隣り合ったいかにもアメ車。シボレーの1948年式FLEETLINEというクルマのようです。

アメ車って今でもでかいけど、この頃のアメ車は特にでかいですね。

ミジェットと並ぶとそのでかさがあらためて実感できます。

ミジェットが小さいのか…。

このシボレーとモーリスマイナーを並べてみたい。

なんか似てますよね?大きさは大違いだけど。。。

会場に入る前にまずは駐車場ウォッチング。

白いMGAを発見。

グリルバッジ満載がなんだかかっこいい。

こういうバッジバーが似合うのはAまでだなあって気がします。

 

旧車は天下の回りモノ。

このウグイス色のミジェット、もうかなり前に代々木公園で見かけたのが最初の出会いでした。

そのときその場にいたオーナーさんにお願いして写真を撮らせてもらった覚えがあります。その後幡ヶ谷の某マンションの駐車場で再会。

ところが去年、キャリーにいるのを発見。前オーナーさんが手放して売りに出されるとのことでした。

今回新オーナーさんに出会うことが出来ました。

彼女と一緒にニューイヤーミーティング。さわやかカップルに乗られて幸福そうなウグイスミジェットでした。

会場内にはあまり英国車はおらず、スプリジェットにいたっては一台もいないという有様で、スプリジェっターとしては寂しい限り。。。

会場に隣接した駐車場にいたカニ目。

落ち着いたたたずまいでした。

カニ目はバンパーを外したクルマが多いけど、僕はバンパー付きのほうが好きだなあ。

フォードアングリア。

ハリーポッターの映画でハリーが乗っていたアレですね。日頃ほとんど目にすることがないクルマです。

ヘンな顔のクルマだなあ。

 

 


2005年1月30日 ―ニューイヤー・ミーティング―

毎年恒例の“ニューイヤー・ミーティング”に行ってきました。

これは会場にいた唯一のミジェットです。軽いモデファイ具合が好感度高し!こういうライト・カフェレーサー風っていうの、好きです。

以前ミニに乗っていましたが、今でもときどきミニが欲しくなります。。。

もしまたミニを手に入れたらこんな風にモデファイしたいというお手本みたいなクーパーS!かっこいい!

こちらは駐車場で見つけたミニ。こんな感じもいいですね。

オーバーフェンダーは無いほうが好きです。

ニューイヤーミーティングでのお楽しみは、駐車場ウォッチング。会場内に負けず劣らず楽しい車がたくさん停まっています。

これはカニ目ベースのレンハムですね。カニ目より速そう!

珍車発見!これはサンビーム レーピアですね。

日本で見る英国旧車ってBMC系がほとんどでルーツ系のクルマって滅多に見かけませんね。

BRGのMGA。色が好きです。

'50年代の車は、'60年代の車にはないエレガントさがあるような気がします。

ボディー同色のダッシュボードがかっこいいですね!

オミヤゲはRACバッジです。群馬のジャックさんのブースで見つけました。

無理言って大幅におまけして譲って頂きました。

ラッキー!


 2003年2月15日 ―埼玉方面ツーリング―

G-ANのメンバーで埼玉方面を走ってきました。集合場所はいつも通り、青山の神宮外苑、セラン前。

左は井上会長のオースチンA35。右は小美濃さんの1500。 多分日本一きれいな1500。

 山岸さんの1500。

グリル、バンパーはなんとミニ用のものを加工して自作。なんだか妙な調和を見せていて、とても良い味出してます!

ミジェットを自由に楽しんでる感じがいいですね!!

 出掛けた先は、ミニを中心に英国車を専門に扱ってるスペシャルショップ、タートルトレーディングさん。

かーマガジンのカフェレーサー特集で掲載されていたBowさんプロデュースのAHスプライトが展示されてました。

かっこ良い!

 左は園田さんのミジェット。まさにカフェレーサー。

右は村上さんのミジェット。Mk3とMk4の過渡期のようなクルマです。

 

1