GSX1300R-隼(Hayabusa) 

スロットルポジション確認

トラブル・故障コードの診断

隼のスロポジ&トラブルコードを確認しましたw

画像のモードセレクトスイッチは、購入しても1000円と安値です♪(* ̄ー ̄)v

私は、行きつけのショップSBSブルースカイ徳島で購入しております♪(* ̄ω ̄)v

シートを外してワイヤーハーネスにあるディーラーモードカプラにモードセレクトスイッチを繋ぎ、エンジンを始動する。

次にモードセレクトスイッチをONにして故障コードを確認し、故障箇所を検出する。

※↑のエンジン回転数は、1150rpmに調整する。

←のようにCの左側にある−が中央に位置しておれば、スロットルポジションは正常ですw

もし上下にスレていれば、スロポジセンサを回転させて−を画像の位置(中央)に移動させます。

最後にスクリューを締め付け、スロポジセンサを固定しますw

ちなみに私の隼は、いつ確認しても−は中央で正常であります♪(^▽^喜)

 

※ECM リード線カプラは故障コードチェック前に接続を外さない事。

※ECM からのカプラを外すと、故障コードの記憶が消去され、チェックが不可能になります。

 

 

故障コードと不良状況

故障コード

状況

C00

・故障なし

C11

・カムシャフトポジションセンサー

C12

・クランクシャフトポジションセンサー

C13

・吸気圧センサー

C14

・スロットルポジションセンサー

C15

・水温センサー

C21

・吸気温センサー

C22

・大気圧センサー

C23

・転倒センサー

C24,C25,C26,C27

・イグニッションシグナル

C31

・ギアポジション信号

C32,C33,C34,C35

・フューエルインジェクター信号

C41

・フューエルポンプリレー信号

C42

・イグニッションスイッチ信号

C92

・フューエルレベルゲージ信号

※詳細は、ショップ&メーカーやサービスマニュアルを参照してください。