今日の日付  

山中湖


教習所へ行こう!

普通自動二輪免許取得までの道のり 

 

(普通免許ありの場合)

2008 japan


 

 

 

 

 

もくじ

 

 

1:普通自動二輪免許が欲しいっ!

 

 

2:潜入

 

 

3:適性検査

 

 

4:実技

 

進行表

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

5:あとがき 

 

 掲示板入口

 

 ツーリングフォトギャラリー&皆様からいただいたメッセージ

 

 

 

 

教習所へ行こう!

普通自動二輪免許取得までの道のり 

 

普通自動二輪免許が欲しいっ!

 

原付はつらい・・・

 

10代の頃、男は皆バイクに乗るような時代だったので当然のように自分もバイクに興味を持ち原付を買い乗り回し、いずれは中免が欲しいと思っていたけど、学生の頃は金銭的余裕がなく働き始めたら時間の余裕がなく、車を持ったら車にハマって若い頃ほどバイクへの情熱がなくなってしまったので結局今日まで車の免許だけできてしまった。

すっかりいい歳になり、もう大きなバイクに乗るのが憧れだった若かりし頃を思い出すこともなくなっていた。

 

しかし、訳あって車通勤ができなくなり代わりに原付スクーターを使い始めたが、30km/hの速度制限・二段階右折・オーバーパス/アンダーパスの通行禁止など規制の多さや、夢に出てくるほどの白バイとタクシーの恐怖に嫌気が差し、車と同じように走れる大きなバイクが欲しいと思うようになってきた。

 

 

暖かい春の日曜日、朝起きてなんとなく「今日行こう」と思いたち、いそいそと仕度をし原付に乗って近所の教習所に向かった。

 

本当はもっと前から行こう行こうと思ってたんだけど寒かったもんでなんかズルズルと…(^_^;)

 

最初は不安なのでどんな教習をしてるのか、自分にもできそうなことやってるのかを見てみたかったので教習所の外から1時間くらい見学してようかと思っていたんだけど、二輪の教習は普通車コースより奥のほうにあって道路からじゃ見えない

しょうがないので駐輪場に原付を停め建物の中に潜入することにした。

 

 

まさかこの歳になってまた教習所に来る日がくるとは・・・

 

 

ページの一番上に移動

潜入

 

中に入ると昔と違いなかなかおしゃれな感じで日曜日のせいか人も多い。

 

空いているイスに座り缶コーヒーを飲みながら待合室を観察。

なんか女性が多い。

みんな携帯いじってたな。

 

 

ふと足元を見ると「入学受付」と床に書いてある。

一応お金も持ってきたし、ハンコも持ってきた。

 

本当は何ヶ所か教習所を偵察に行こうかと思ってたけど、移動するのがめんどくさくなっちゃって結局そのまま「入学受付」に。

 

受付

「すいませ〜ん。バイクの教習を受けたいんですけど」

「はい。ギアつきのほうでいいですか?」

「はい」

「ではこの用紙に免許証を見ながら必要事項を記入してください」

「はい」

 

って感じでサクサクっと進む。

書類を書いてハンコ(三文判でOK)を押しお姉さん渡す。

 

それから10分くらい待たされて今度は検眼室で視力測定と色の見分けの検査。

色の見分けは「赤」「青」「黄」の三色を見分ける。

 

その後、教習の進め方と予約の仕方とかの説明を聞いて入学金の

15.700円をその場で支払い受付け終了。

最後にIDカードと「教習原簿」を受け取った。

教習原簿とは教習が終わったらハンコ押してもらうやつ。

 

車の免許を持ってる人は学科はないので実技だけ。

(実際には1時間だけあるけど)

 

ぜんぶで40分くらいで終わったかな。

 

明日からすぐに教習かと思ったらまずは「適性検査」だって。

それは予約なしで毎日16:00からやっているので5分前に入室とのこと。

じゃあ 明日くるか。

 

よーし!

これで一応スタートラインに立ったってわけだ。

 

 

家に帰ってネットで予約が取れるとゆうので早速予約しようとしたら残金が0円で予約ができなかった。

 

そうだった。

入学金には教習料金は含まれてなかったんだった。

 

 

明日学校に行ったとき入金しよ

 

  

ページの一番上に移動

受付時の持ち物と教習料金

持ち物:免許証・三文判・現金

 

自動二輪免許 費用

規定料金:87.200円

(通常は92.200円)

 

料金はその昔、普通免許をこの教習所で取ったので「卒業生割引」みたいな感じで5.000円安くなった。

1回の教習は3.000円で全17コマ(+学科1)。

規定料金には検定料金12.000円とその他教材費等も含む。

要するに補修なく最短で卒業できれば規定料金内でOKってこと。

予約を教習時間の2時間前までににキャンセルできなかったらキャンセル料2.000円。

 

教習に落ち補修になったら1補修3.000円。

上記料金に補修回数分上乗せです。

 

何回落ちても料金据え置きの「安心プラン」みたいのがプラス1万円であって薦めれたけど断っちゃった。

 

 

くれたもの

IDカード(重要・毎回必要)

運転教本

教習の進め方

時間割表

 

写真4〜5枚(免許センターでも1枚使うのでとっておく)

 

「教習原簿」は学校外持ち出し禁止

 

 

 

1段階

 

適性検査

 

初日  月曜日 

 

16:00からの適性検査を受けた。

まずは昨日申し込みのとき説明をうけた通りにIDカードを受付に渡し「教習原簿」を受け取る。

それから教室へ。

 

平日だしそんなに人はいないかなと思ってたけど

10人くらい来てた。

車の教習の人も一緒かな?

 

適正検査の内容は、同じ図形のものを選びなさいとかこの模様は何に見えますか?ってゆうような知能テスト的な簡単なもの。

 

何事もなく無事終了。

教室に用意はあると思うけど、えんぴつかシャープペンを持っていったほうがいいね。

 

帰りに規定金額の未納分、71.500円を入金してから、予約受付機にIDカードを入れて次回の予約を取る。

(料金はいっぺんに全額入れなくてもよかったんだけど面倒なので入れておいた。教習所によっては入校時に全額支払うところもある)

 

 初回は「初回MT」とゆう2時限連続のもの。

 

火曜日の朝の9時からのが空いていたのでそこを予約。

いよいよ明日はバイクに触れられる(はず)。

 

教習原簿を受付に返却し帰宅。

 

 

あ〜、なんか緊張してきたな(^_^;) 

 

ページの一番上に移動

適正検査の日の持ち物

IDカード

エンピツかシャープペン

1段階 

初回MT2時限連続

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

2日目  火曜日

 

うおっー!ついにキタ!

 

今日は(たぶん)バイクに乗れる。

やっべ。

腹痛くなってきた。

 

別にそんなたいそうなことじゃないのにやたら緊張してる。

「インストラクターつきのレンタルバイクを借りに行くだけ」

などと意味不明の言い訳で自分を落ち着かせる。

 

最初の教習だから説明を受けたりするだろうから少し早めに行っておこうと思い、余裕をもって家を出た。

 

昔、友達から聞いた話ではズボンの裾はステップなどにひっかかったりするから長い靴下履いていってその中に入れるんだよ、って言っていたのでちょっと長めの靴下を履いていったんだけど、向こうには防具があってズボンの上から装着するものなのでそんな必要はなかった。

 

監督官庁からのお達しで今は防具の装着が義務付けられているらしい

 

防具はニーパッド、アンクルガード、肩パッド、防弾チョッキみたいなベスト、肘パッドとあり、警察の特殊部隊のようだ。

 

その防具の上から汗臭いゼッケンをつける。

 

 

防具をつけた自分の姿をカガミで見ると元からカッコいい自分がさらにとカッコ良く見える。

防具をつけると気分はもうライダーさ!

 

防具つけたあと教官らしき人に

「今日初めてだよね?ヘルメットはもってきた?どれどれちょっと見せて」

といわれたので原付で使ってたジェットヘルを差し出した。

メットの無料貸し出しはやってるんだけど、何人もの人がかぶっているものだろうし、たぶんそう頻繁に洗っていないであろうレンタルメットを使う気にはなれなかったので自分のを持っていった。

 

メットを見て

「ん〜・・・JISマークがないなぁ…。これって装飾用?」

「いや〜人からもらったものなので詳しいことは…」

「JISマークが無い物は教習でつかえないんだよね〜」

と言われてしまったので

「あぁ、そういやシールはあったけど塗り替えようと思ってたんではがしちゃいました」

って言ったら

「あ、そうなの?ん〜JISマークあったんならいいや。教習中シールドは常にあげておいてね。」

と言ってくれたので助かった。

 

 

時間になり待合室の外に出る。

教習の始まりは1段階、2段階の人みんな一緒に体操。

 

その後初回MTの3人が呼ばれる。

「はい。じゃあ初回の人はこっちに来てくださーい」

とことこ教官の後ろを着いていく。

 

「おおっ!バイクがある!ヽ(^◇^*)/

 

2輪の教習だからバイクがあるのは当たり前だ。

 

まずは教官がバイクについて説明。

このバイクは200kgあります、とか。

 

そしてついにバイクに触れる。

 

まずはサイドスタンドの解除。
バイクの駐車中はハンドルを左いっぱいにきっておくのが基本。

その左に曲がってるハンドルをまっすぐにしバイクを垂直に立て、

右手でブレーキをかけつつサイドスタンドを解除。

 

んふふ〜バイク〜。

 

あれ?重っ!(・_・;)

 

ずっしりとした重みを感じる。

こんな重たいものが倒れたら起こす自信ないぞ。。。

そういや倒したバイクを起こすのをやるんだよな〜(>_<)

400ccのバイクって想像以上に重たい。

やばいな。

 

 乗るときは後方を確認しすばやく乗車。

 

とりあえずまたがっただけですぐに降りて今度は取り回し。

ハンドルを両手で持って押してみる。

 

んぐっ〜!重いっ!<`〜´>

 

原付バイクの比じゃない重さ。

ちょっとでも傾いたら倒してしまいそう。

ん〜、押すのしんどいっ。

でもなんとか倒さずに済んだ。

後退もやった。

傾けず垂直保てばなんとかなりそう。

 

教習所に通う前不安に思ってたことは、倒れたバイク起こすのだったんだけど教官が「ここに腰をいれて…」って見本を見せただけで実際にはやらなかった。

なんで省いたのかな?

まぁよかったけど。

でも教習所でできることは全部経験しといたほうがいいのかもしれないけどね。

8の字にバイクを押して歩くのもやってないな。

あんなのやらされたら絶対倒すと思う。

  

それからセンタースタンドを立てた状態でバイクにまたがって正しい運転姿勢とか、操作機器の説明をうける。

 

アクセルは右のグリップを回す

前輪ブレーキは自転車と同じく右手のレバー

後輪ブレーキは右足つま先でペダルを踏む

クラッチは左手のレバー

ギアチェンジは左足つま先で上下させる

ウインカーは左親指で操作

 

 

そしてついにエンジン始動の指示が! 

キーを回しクラッチを握ったままスターターボタンを押す。

 

「きゅるきゅる・・・ブルン」

 

エンジンがかかった。

んふふ〜ん。

いい音。いい振動(^。^)

 

そしてセンタースタンドを立てたままバイクにまたがりクラッチを握り1速からニュートラル、2速、3速とギアの位置の確認。

ギアの位置は

1速⇔N⇔2速⇔3速⇔4速⇔5速⇔6速

教習中は3速までしか使わなかった

 

それからギアを1速に入れてクラッチを徐々に離して半クラッチの感覚を掴む。

 

その次はスタンドをはずしていよいよ実際にバイクを走らせた。

走らせるといっても1速で半クラッチのみで10Mくらいだけ。

でも半クラッチとはいえ原付とは違いグっとトルクを感じる。

 (教習所では1速のときは半クラッチのみで完全にクラッチを離さない)

 

その次はもう少し長い距離をアクセルを少し回して半クラッチで進ませる。

両足はまだステップに乗せてない。

 

ブレーキは右手(前輪ブレーキ)のみ。

 

今度はステップに両足を乗せその短い距離で2速に入れてみる。

今度は右脚でもブレーキ(後輪ブレーキ)を…と段階的に教習が進む。

 

2時限目も同じ様なことの繰り返しでとにかくバイクに慣れさせる。

 

こんな感じで初歩的なことから始めてくれるのだが、自分はMTの原付に3台くらい乗っていたことがあったのでバイクが大きくなってもこのくらいの操作なら問題はなかった。

 

 

そういや昔、友人に6万円で無理やり買わされた50ccのオンボロバイクは最後どこにいったんだっけかな?

 

当時勤めてた会社に乗っていって近所に止めてたら、朝礼前に社長がなんか外でご近所さんと騒いでて、事務所に戻ってきた社長に「何かあったんですか?」って聞いたら、

 

「隣の家の前にバイクが捨ててあるんだよ!でも今朝6時頃掃除したときは見なかったんだけどなぁ?きっと暴走族が乗り捨てていったんだろうって今みんなで話してたんだよ」

 

とかってすごいこと言われたんで、自分のバイクだって言っいいものかどうか迷った(^_^;)

 

でも社長が

「ナンバーついてるから警察に相談してみよう」

って言い出したんで

「じ…自分のです・・・」

って言ったら社長があたふたして受話器置いてたなぁ・・・

 

その話を親にしたら「買い換えろっ!」って言われてNS-1買ったっけ。

そのとき下取り(廃車?)に出したんだっけかな?

古い話なんで覚えてないや。

 

もしかしたらそのとき車持っていなければ、原付のNS-1じゃなく「この際中免取って400ccでも乗るか」ってなってたかもしれないな。

 

 

 

 

んで、基本的な操作や動きを教わった後はついにコースデビュー!

 

むほっー!(*^。^*)

 

コースデビューといっても外周を2速にいれたままアクセルはいれないでのろのろで回っただけなんだけどね。

 

でも楽しぃー!\(~o~)/

 

1周してはスタート地点に戻り1速に戻して前後でブレーキをかけ停止し、また後方確認をし発進してコースを回る。

これを繰り返し10周くらいまわったのかな?

 

第2の不安の一本橋の練習のつもりでバイクをまっすぐに走らせてみる。

原付と違い車体が重たいせいかかなりの安定感。

なんかいけそう。(←甘い)

 

教官に注意されたことは、肘がピンと張っているから力を抜いて、とゆうことを言われた。

緊張してたのかな?

 

あとは前輪ブレーキをかけるとき3本指で停めてた。

原付を運転中はグリップから親指以外全部離すことはあまりないのでその癖がでたようだ。

 

でも大きな失敗もなく言われたことは一応できたような気がする。

 

 

こんな感じであっとゆう間に2時間が終わってしまった。

初回MTは特に問題なく終了だ。

 

 

次回はシミュレーターとやらだそうだ。

バイクに乗れないの?

つまらん。

 水曜日に予約を取り今日は終了。

 

 

 

あ、なんだろ?ちょっと筋肉痛な感じ…

 

ページの一番上に移動

教習時の服装

 

長袖・長ズボン

皮手袋や軍手

(薄手のものの方が操作性が良い)

 

あればフルフェイスヘルメットかジェットヘル

(シールドを上げて目が見えてればいいらしい)

半キャップ(半帽?)は不可

メットを借りる人はインナーキャップ(150円)を購入し着用

靴下はくるぶしが隠れるもの

どんなに暑くても肌が露出しない格好で

 

 

 

段階

1回目のシミュレーター

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

3日目  水曜日

 

今日はシミュレーターと実技の2時限で予約した。

早めに着いて待合室でのんびりしてたら名前を呼ばれたんでなんだろうと思ったら「配車」の手続きし忘れてた〜!

やっべー! L(゜ロ゜L ;)(; 」゜ロ゜)」

 

あわてて配車の手続き。3分前でギリギリセーフ。

早めに行っておいてよかった。

 

シミュレーターはゲームセンターにあるような感じのもので、

タイヤの付いていないバイクにちょーでかい画面がついてる。

本来は3人一組でやるらしいんだけど今日は一人だった。

 

シミュレーター独り占めじゃん(~o~)

 

操作やシミュレーターの目的の説明を受けいよいよ乗車。

 

キーをまわしスターターボタンを押してエンジンをかける。

実車じゃないけど半クラッチとかもちゃんとわかるし、60km/hくらいになると風も出てくる。

100km/hで横風を受けるとハンパじゃないくらい車体が流される!

最初は「ゲーム機」程度に思っていたけど全然違う。

 

始めはコーナーで車体をバンク(傾け)させる感じをつかむ。

 

そしてフルブレーキの体験。

すごい振動!

意外に緊張!

 

こんどは白っぽい路面でフルブレーキかけたら

「ガシャーン」

とコケた。 m(。≧Д≦。)mキャー

 

教官:「はい。転倒〜」

 

っておいおい、先に滑りやすい路面だって言ってよ〜(^_^;)

 

コーナーを何キロくらいで曲がれるのか見つけてくださいって言われたので70km/hでコーナーを曲がったらなんとっ!

 

コーナーの途中にトラックが停車!

当然止まりきれずに

「ガッシャーン」

 

うおっ! q|゜Д゜|p

 

声がでちゃったよ。

 

ずっと乗ってるわけじゃなく説明半分だったけどグッタリ。

ちょっとナメてたな。

 

 シミュレーターは事故体験ができて貴重な時間。

実車で「事故体験教習」とかできないからね。

 

最後に実車で回るコース図を受け取る。

1段階用のコース。

2時限後にこのコース図にそってやるらしい。

 

 

ん〜。クランクやスラローム、S字、そして一本橋。

 

 

不安だ…

 

ページの一番上に移動

シミュレーター 持ち物

皮手袋、軍手

教本

長袖・長ズボン

筆記用具

メットはいらない

 

 

 段階 

4時限目

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

同じく3日目

 

次は実車に乗る。

シミュレーターは実車に乗ったのと同じ扱いなので今日はこれで実車2時限目。

1段階では1日2時限まで。

 

まずはみんなで体操。

暖かくて天気もよくて気持ちいい。

 

体操が終わったら1段階、2段階、大型と3つに別れバイクの止まってるとこまで歩いていく。

 

青いCB400SFが一列に並んでいる。

バイクはどれに乗ってもいい。

順番も適当。(教習所によっては指定されることも)

 

バイクのハンドルを握ると気分が盛り上がる。

後方確認をし、バイクにまたがったらまずはミラーの調整。

 

その昔あこがれていた原付以上の大きなバイクに自分がまたがっている。

もう早く走りたくてウズウズする。

 

指示があったらクラッチを握りエンジンスタート。

キュキュキュ・・ブルンッ

一番好きな瞬間。

 

こんなに天気が良いとこのままどこかに走りに行きたくなってしまう。

 

 

今回の内容はコースの周回をグルグル回る。

 

直線は3速30km/hまで出し、コーナー手前で断続ブレーキで減速、そして2速にシフトダウン。

コーナーは2速のままアクセルはなし。

 

それの繰り返しで終了。

ちょっと物足りなかったな。

 

でも明日は実車に2時限なのでいいっか。 

 

あ、ついに次はクランクと「一本橋」だ。

一本橋は最初っから不安だったけど、クランクとスラロームも不安。

見たらクランクの中は意外と狭い。

 

 

通れるのかぁ?

 

コケなきゃいいが…

 

ページの一番上に移動

段階 

5、6時限目

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

4日目  木曜日

 

教習前の体操が終わったあとまずはウォームアップで外周コースを2、3周。

 

5時限目は自分だけのようで教官がコース図に沿って1周だけ先導してくれるとゆうのでついていく。

 

コースはうろ覚えなのに今日からはウインカーも出さなきゃいけないし垂直パイロンは1速でクランクやS字は2速でと、場所によって違うのでちょいとパニックー!  ヽ(; ̄□ ̄)ヘ

(普通二輪も大型二輪も検定では垂直パイロンはないです。どちらも教習で通るだけ)

 

クランク、スラローム、S字、なんとかクリア。

 

 

そしてコースの最後は、ついにきました一本橋

 

 

教官が手本で先に渡る。

なんだか簡単にやってる感じ。

全然ブレずに余裕で長さ15m、幅30cmの橋を渡りきる。

 

いよいよ自分の番だ。

 

人生初の一本橋

 

 

後方確認をし発進。

半クラを使いゆっくりと恐るおそる橋に乗る。 

前輪が橋に乗るとガシャンとタイムの計測が始まり15m先にある電光掲示板の明かりがつく。

検定ではこの一本橋を7秒以上かけて渡らないといけない。

15m7秒をどのくらいのペースで行けばいいのか今は見当もつかない。

とにかくもう行くしかない。

 

前輪に続き後輪も幅30cmの橋に乗っかる。

 

やった!

乗れた!

このままこのまま…

 

と思ったが、タイムを気にしてたせいか速度が遅過ぎでハンドルがふらつく。

 

意に反してバイクが右によっていくのがわかる。

わかるんだが……

重たすぎて自転車のように思うように動かせない。

バイクが自分の言う事を聞いてくれない。

身体と気持ちだけが左に傾く。

 

勝手がわからずそのまま持ちこたえられずポテっと脱輪。

 

 

「うお−!むずかしいっ」(>_<)」

 

 

ヤバいっす。

 

 

なんとゆうか…すごい嫌な感触…

とても越えられない大きな壁をチラ見したような……

 

運動神経は悪い方じゃないと思ってたので実は一発目から渡りきる自信はあったんだけど、このたった一回でおいらの中の何かがポッキリ折れた。

 

 

む、無理かも…(-"-)

 

 

折れた何かを心にぶら下げつつまたコースに戻る。

今度は先導なしで走る。

コース図は覚えてきたつもりだけど実際に走ると勝手が違う。

でもなんとか間違えずにまたまた最後の一本橋に来た。

 

人生で2度目の一本橋だ。

 

「おっし。行くぞー」

 

気合は充分!

 

恐る恐る橋に乗る。

ガシャンと計測が始まる。

今度は半分くらいまで来た!

 

よっし!このままいけば渡れる・・・

っと思ったが揺れるハンドルをどうすることもできずまたも脱輪

 

 

くっ・・ヤバイな…

 

 

とりあえず今の状況を判断すると、慣れでどうこうできるような感じじゃない…

あきらかに何かが足りない気がする…

 

センス…か?

 

3回目はよたよたで一応渡りきったんだけどその後は連発で落ちまくり。

 

それを見てなのか、その後はコースは回らずに一本橋を集中的に練習させてくれたんだけど、もう折れるものが何も無いくらい何度も落ちてすっかり苦手意識がついてしまった。

 

 

橋の前に止まると落ちるイメージしか湧かない…

 

 

すっかり自信をなくしたオレ・・・

高さ5cmの橋が、オレの目の前に高く高くそびえ立つ。

 

 

料金据え置きの安心プランにしておけばよかった…

 

 

弱気な思考が頭を埋め尽くす。

今、優しい言葉をかけられたら泣いてしまいそうだ。

 

 

そんなとき教官がくれたアドバイスで若干の変化が。

 

内容は板に乗っかる時の最初の勢いがないらしい。

もっと勢いをつけて乗り中間くらいまで進んで、それから速度の調整をしてみなさいとゆうことと、タイムは気にせずまずは最後まで渡りきることを目標にとのこと。

 

なるほど。

言われてみればやたらタイムを気にしていたな。

なんか15M先の電光掲示板が光るとタイムを意識してしまって…

でもそんなのは落ちずに渡れるようになってからでいいのか。

 

教官のアドバイスを受け再チャレンジ。

今度はタイムは考えず、勢いを付け橋に登り中央まで進んでそれから速度の調節。

そしたらさっきより安定しててしかも渡りきった!

 

スピードあるから安定するのは当たり前なんだけど、幅30cmの上をまっすぐ走れたのは気持ちがいい。

 

タイムは全然だけどまずは渡りきることが最優先だね。

その後も挑戦して何回かに1回は最後まで渡れるようになった。

今まで制限時間を気にしすぎていたところがあったけどアドバイス後は気持ちが軽くなった。

最初っからいっぺんに何でもこなせなくてもいいんだね。

徐々にやってこ。

まずは渡りきる!

 

 

ちなみに一本橋では目線は下を見ないで遠くを見る感じでと言われてたんだけど、どうしても前輪のタイヤのすぐ先ばっかりを見ちゃうんだよな。

そこ以外目線がいかないよ   ↓ー(0_0;) 

  

他の人がひょいひょい一本橋を渡っていたのを見てあせっていたけど、よく考えたら2段階の人たちだったしそんなあせることはないな。

 

他のクランクとかS字とかは特に注意は受けなかった。

クランクもS字もスラロームもなんとかなりそうなので残りの教習で一本橋を絶対攻略してやる!

 

 

今日の2時限連続の教習も補修なしで終了。

明日も2時限連続で予約を取る。

 

 

帰りの原付に乗った瞬間、あまりにもバイクが軽すぎてすっぽ抜けたハンドルだけ持ってるんじゃないかって感じる。

 

 

こんなおもちゃみたいなのでよく今までかっ飛ばしてたなー

 

ページの一番上に移動

ひとこと

 

教官は見てないようでけっこう見ててくれてるみたいで今回は一本橋でうまくいかなくてあせっていたときアドバイスをくれたけど、「むずかしいっ!」と思ったら自分からどうすればいいのか聞いてもいいと思います。

「練習あるのみ」とか言われたりはしないと思いますよ。

 

一人ひとりにつきっきりじゃないみたいなので(教官5人くらいで全員を見てる感じ)さすがに失敗するたびにアドバイスをもらえる訳じゃないので疑問があればその場か教習の終わった後に質問タイムがあるので聞いてみましょう。

  

 

段階 

7、8時限目

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

5日目  金曜日

2時限連続

 

今日は朝からドシャ降り。

 

天気予報では予約を取った時間帯は雨足が弱まるっていってたし、雨天の走行も経験しといたほうがいいかと思いキャンセルしなかった。

教習所に合羽の用意はあって無料で貸し出しをしてる。

 

今日の教習は盛りだくさん。

最初の時間はクランク、S字、スラロームの特訓。

カッパを着て雨の中ひたすら回る。

 

一本橋に不安があったので一本橋をやらせてもらいたかったが順序があるのね。こればっかりはしょうがないか。

 

 

クランク

クランクでは車体を寝かせすぎ、といわれた。

傾けちゃいけないんだ?

ハンドルで曲がるんだって。

 

2速で入ってできるだけ速度を落として半クラッチ使って人が歩くよりもゆっくで進む。

 

肘が上がらないよう注意しながら慎重に。

姿勢にも注意。

目線は先を見る。

 

 

S字

ここは得意ってほどじゃないけどけっこう好きかも。

狭いけどスイスイ走れる。

クランクほど神経は使わない。

クランクでは速度を落として走行だったけどここは普通に走行。

車体は普通に傾けてもいいみたい。

 

出口では目線を遠くに向けて出口は小回りするようにとの事。

 

 

スラローム

パイロンをひらりひらりとかわしていく。

ギクシャクしないでテンポ良くクリアできると気持ちがいい。

一番バイクに乗ってる感じが味わえる場所。

 

今日は多めにアクセルを入れていいといわれたのでスロットルをひねる。

 

むほっ〜!

気持ちイイー!(~o~)

 

右へ左へバイクを傾けて走ってる。 

楽しくってしょうがない (~o~)

雨で路面が濡れてるけど全然平気。滑らない。

テンポよくパイロンをクリア。

 

教官にいいねぇといわれた。

へへへっ( ^^)

ん?みんなに言ってないよね…?

 

 

 

この練習の途中で「8の字走行」と「大型スクーター」の体験走行をした。

 

8の字は難しそうだったけどこれも気持ちイイ。

アクセルを入れてバンクさせて走る。

教官に「そう、いい感じ」といわれ調子に乗る。

ちょっと自分の走りに酔ってたな。

 

1回くらいコケてみるのもいい経験かと思い、速度を上げてみたけど全然滑らない。

路面は濡れてるのにタイヤがべっとり張り付いてるかのように走る。

大きなバイクってすげーな。ん?

 

おれがスゴイのか?

 

 

 

今度は400ccの大型スクーター。

MT教習でこれに乗れるとは思わなかった。

免許が取れたらいわゆるビッグスクーターもいいなと思っていたので乗れてよかった。

 

近くで見ると本当に「大型」

聞けば大型教習で使っている750ccのMTバイクより重く、ホイールベースも長くギア付きバイクと勝手が違うらしい。

 

でも今原付スクーターに乗ってるんだし問題ないでしょ〜

なんて軽く考えてたら

 

ショッーク!

 

を受けるほど乗りずらい(>_<)。

3周したけど、もういいやって感じ。

 

ゆっくりだとまっすぐに走らせることができない。

なんだかすごい不安定。

ニーグリップもできないし。

 アクセルを完全に抜いてブレーキもかけずにコーナーを曲がると

恐い恐い。

 

すごいふらつく。

惰力で走ると直線でも怖いよ。

 

慣れれば平気なの?

 

 

ん〜ATの教習を受けなくて良かった。

こんなので一本橋を渡りきる自信がまったくない。

 

ATの方が簡単なのかと思っていたけどMTの方が断然乗りやすい。

いい経験させてもらった。

 

予報を裏切り7時限目が終わるころ雨の勢いがさらに強くなってきた。

でも意外と滑らないことがわかったので怖くはない。

 

 


 

 

8時限目

 

雨がかなり強くなってきた。

今度はいつものコースを走るらしい。

 

打倒!一本橋 ヽ(∴`Д´)ノ彡

 

 

実は昨日の夜、一本橋対策をいろいろ考えてた。

どうすれば低速でふらつかないのか?って。

今より速度落とさないと時間制限でひっかかちゃうからね。

 

無い知恵を絞って出した答えは、

常に加速か制動(ブレーキ)させれば安定するんじゃないか?と。

もう常に。いつでも。オールタイムでフルタイム。

 

アクセルもブレーキもしてないクラッチも切ったままのまったくのフリーの状態だと不安定になりフラフラする気がしたのでそう考えた。

だから逆に何もしてない時間を一切作らなければいいんじゃないかって。

そんなオールタイムのフルタイム。

 

で、今日乗ったAT車でもアクセルを入れて走ったほうが安定しててアクセル戻して動力が切れてる状態だとかなりの不安定さだったことを考えるともう確定!

 

よっしゃ「常に動作」を試してみよう。

 

まずは前回言われた通り勢いをつけて乗っかり橋の中央付近まで。

そしてブレーキかけて減速。

このとき後輪のみで減速するとなんだか誰かが後ろで支えてくれてるような安定感がある。

理屈はわからないけどおすすめ!

んで止まりそうになったら半クラッチとアクセル使って加速。

これを繰り返すと思ったとおり車体が安定する。

 

やっていいのかわからないけど最初から最後まで後輪のブレーキ効かせっぱなしならずーっと安定するんじゃないかって思うくらい後輪ブレーキは武器になる。

 

アクセル回してるときもずっと後輪ブレーキ。

イザってときは検定で使ってしまおう… (-_-メ)フッ

 

で、この「常に動作」で見事一本橋をクリア!

しかも今までより全然安定してた。

 

その後6、7回一本橋に乗ったけど落ちたのは1回だけ。

あの理論は正しかったのか?

 

ま、落ちなきゃいいんだよ。落ちなきゃ。

はははっ 

 

でもアクセルの勢いあり過ぎでタイムはまだまだだなぁ。

もう少し小刻みにアクセルと半クラができればいいんだけど。

 

他のクランクとかも特に問題はなさそうだし、なんとかなりそうかもって気持ちに余裕が出てきた。

 

昨日までは「安心プランにしておけばよかったかも…」から

 

今日は一転「卒検の日に免許センターに行けるかな〜」に。

ゲンキンなもんだ。

 

 

次は早くも1段階の「みきわめ」

いつものコースを走るそうだ。

一本橋さえなんとかなればあとは問題ないはず。

 

 

よっし!やってやるー!(~o~)/

 

 

参照:ジャイロ効果

 

ページの一番上に移動

段階

みきわめ

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

6日目  土曜日

 

今日は1段階の仕上げの「みきわめ」の日だ。

なんだかはやいな。

 

教官が後ろからついてきてチェックするんだろうな。

一本橋が完全攻略できてないからちょっと不安。

 

まずはコースを数周走る。

 

 

実は昨日の夜寝る前にまた一本橋攻略を考えていたときに

 

重大な勘違い

 

をしていたことに気が付いた!

 

その勘違いとは、

 

バイクは傾けて曲がるもの

傾けないと曲がれない

傾けなきゃいけない

 

と知らず知らずの間に呪文のように頭の中で唱えていた事。

 

昔昔のその昔、 

   バイクはよぅ……

         ハンドルを曲げて走るもんじゃねぇ…

                             傾けて走るもんさ……

       

 

と、友達がホザイていたのが頭の中に残っていたんですぅぅ(>_<)

 

なので自動的に一本橋の上でもバイクは「車体を傾ければ曲がるもの」になっていて、特に深い考えもなしに漠然とそのような作業をしていた。

 

橋から落ちそうになってもハンドル切ってないんだもん。

 

 

だから一本橋 下手なんだよ!

 

あ、言っちゃった…

 

 

布団の中で一本橋のシミュレーションしてたときに「あれ〜?ハンドル使ってないなぁ・・」って気がついたオレは偉い!

幅30cmを体重移動でなんとかしようとしてたオレは偉大!

 

そういやクランクで「傾けすぎ!」と言われたよね。

んで車みたいにハンドル切って曲がったよね。

 

さて……

一本橋で「ハンドル使って軌道修正」をやってみましょうか。

 

ハイ!

バランスが崩れてもハンドル操作で普通に戻りまーす(-"-)

 

 

こんな当たり前な 「行きたい方向にハンドルを切る」をやっていなかった自分に驚いた。

もちろんハンドルだけじゃなく体でもバランス取らなきゃだめなんですけど。 

 

昨日までは速度があったんで身体でバランス取ったときに多少舵も曲がっていたようだけど、落ちるときはよろけた方にそのまま落っこちてたな。

400ccって重たぁぁぃ・・・って。

 

あたり前だよ。

ハンドル切ってないんだもん… (ーー;) 

 

 

でもこれに気づけばもう7秒以上をクリアするには時間の問題!

後輪ブレーキもあるし怖いものなし!

一本橋が楽しくなってきた。

 

その後数回トライしたが一度も落ちず極低速の扱いにも慣れてきてタイムも普通に7秒台が出る出る。

 

 

「さ〜 いつでもみきわめてくれー!」(=_=)☆キランッ

 

 

なんかその前にまた8に字を回るらしい。

 

よ〜し。

今日こそ派手にコケてやるか〜ヽ(*゜▽゜)ノ 

(↑目的が違う)

 

ってことでガードこする勢いでガシガシ攻めてみたんだけどバイクは何事もなかったかのように普通に旋回してる。 

結局コケるとこまで行けなかった(←目的が違う)

 

もしかしてヘタッピじゃコケるとこまでいけないのか?

 

 

 

その後二人乗りの体験。

 

教官の運転するバイクの後ろに乗せてもらう。

意外と座席が高いし掴まりずらくて落ちるんじゃないかと若干ビビり気味。

 

と、心の準備もできていないのになんといきなり

急・加・速!

 

ギエェェー!! \(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

カーブも容赦なく倒す倒す!

右へ左へ激しく揺れる。

 

あ・・あの・・後ろに人乗ってんすけど?

 

コーナー手前でガッツリブレーキ!

おいらの身体が前方へダイブ!

教官の背中にペタっと密着。

 

ああ・・広い せ・な・か☆.+:^ヽ(∇^*)o

 

ぁぁあぶねーよ!(>_<)

怖えーよ!(>_<)

 

飛ばすなら飛ばすって最初に言っといてくれよ!

心の準備ってもんが・・・。

自動車教習のエリアに飛んでくかとおもったよ。

 

涼しい顔して「はい。以上でーす」だって。

以上じゃなくって異常でしょ?

 

まぁこっちもビビり顔見せずに涼しい顔してましたけどね。

 

 

その後はまたコースを走った。

もちろん一本橋は楽勝楽勝!(^.^)

 

そうこうしてるうちに教習終了。

 

「あれっ?」

 みきわめやってないよ…?

 

 

実はこれも勝手な思い込みで教官が後ろから付いてきてチェックすんのかとおもってたけど、ただ単に適当にいつものコースを回ってればいいみたい。

 

ってか8の字でコケてたらやばかったんだな(^_^;)

あれもみきわめのうちの一つだったんだ。

 

 

次から2段階に入る。

最初はシミュレーター。

日曜日の予約が取れなかった。

予約が一杯なのか日曜日のシュミはやってないのか?

しょうがないので月曜日に予約。

 

 

ほんと早いな〜

 

 1段階終了

 ページの一番上に移動

ツーリング・三国峠?

 

2段階

段階

2回目のシミュレーター

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

7日目  月曜日

 

2段階の最初はシミュレーター。

今日は2人。

 

内容は交通法規にのっとり市街地を走る。

初回のシミュレーターのときより若干むずかしい。

バイクの教習は路上教習がないのでいい体験です。

実車で子供とか轢けないもんね。

 

シミュレーターは問題なく終了。

 

最後にまたコース図を渡される。

今度のは検定のコースらしい。

今まで走っていたコースは忘れていいといわれた。

そんなに覚えづらいコースじゃない。

2時限後から走るそうだ。

 

このシミュレーターの次はケーススタディだって。

なにするんだろ?

 

2段階から3時限実車に乗れるんだけどこのケーススタディってのが最終時間の教習だったので今日の月曜日は2時限だけ。

 

ちょっと時間が空いたのでいったん家に帰って休憩しよ。

 

ページの一番上に移動

2段階

ケース スタディ

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

同じく7日目

 

 

ケーススタディってのは、自動車の巻き込み事故や見通しの悪い交差点での車の飛び出しを疑似体験するものみたい。

 

コースを教官の先導で10台くらいで連なって走り、所どころで他の教官の乗った乗用車がT字路で急に左折しようと飛び出してきたり(実際には曲がらないけど)見通しの悪い十字路から車が飛び出してきたりするのを体験する。

 

最終時間の教習だったから辺りはもうすっかり暗くっなってて、後ろから見る10台くらい連なって走るバイクのテールランプの列がすごいきれいで、うっとりしながら「ああ、早く免許取って夜の高速とか走りたいなぁ」なんて油断して走ってたら横から車が飛び出してきて我に返った(^_^;)

 

もちろん接触するほど飛び出さないのでぶつかることはないけど、かなり勢いよく出てきたので最初はビビッた(^_^.)

実際の路上ならぶつかるか急ブレーキかけて転倒してるだろうな。

 

 

これがケーススタディ。

1時間ずっとこれやってた。

 

ページの一番上に移動

段階 

3〜5時限目

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

8日目  火曜日

 

今日は3時間実車に乗る。

 

3時限連続はできないので必ず1時間以上あけなきゃいけない。

なので今日は2時間乗って1時間休んでから最後の1時間に乗る予定

 

 

2段階 3時限目

最初の1時間は検定用のコースをグルグル回る。

 

車の免許を持っている人はこの時間と2段階のみきわめしかこのコースを回れないらしい。

なので集中して回る。

むづかしくはないのですぐに覚えた。

クランクもS字もスラロームも一本橋も問題なくこなせた。

 

 

4、5時限目

この2時間は急制動。

 

ひたすら急制動。

直線で3速40km/hまで加速し、ブレーキをかけロックしない程度に止まる。

前輪ブレーキはガツッと握るのではなくグニュ〜っと握るらしい。

後ろから前に向かってブレーキレバーに覆いかぶさるようにそして巻き込むようにグニュ〜っと。

停止距離はドライで11M、ウエットで14M。

 

もちろんエンストはダメ。

停止ちょい前でクラッチ握る。

 

教習所内での40km/hって意外と怖い。

400ccの加速は原付とは別物。

狭く短い距離で一気に加速するとなかなかの迫力。

 

でも何回かやるとなれてきて逆に加速感が

気持ちよくなってきちゃう  .☆.+:^ヽ(∇^*)oワオッ

 

しかしバイクのブレーキやタイヤってすごいもんだね。

なんの不安もなく止まってくれる。

原付じゃタイヤがロックしてコケるかも。

 

 

あとは教官があげた旗の色で左右に旋回するのも1回やった。

 

赤旗が挙がったら右へ旋回、白旗なら左へ旋回するんだけど、右手であげるのか左手であげるのか直前までわからないし、右手を挙げても白旗を持ってたら左に旋回しないといけないので一瞬の判断が要求される。

教官の方に向かって走っていくので「迷って曲がれなくてそのまま教官にぶつかったらどうしよう」なんて考えてしまった。

まあ1回で成功したけど。

 

 

2時間こればっかりだったけど、急制動やってスタート地点に戻るとき、一本橋もできたので良かった。

10回くらいやったけど一回も落ちなかったし7秒以上で通れた。

過去の友人のホザきでちょっと遠回りしたけど一本橋はだいぶ自信がついた。

 

それよりAT教習の人、何回も何回も一本橋やってたけど一度も成功してなかったな。

 

AT車はむずかしいよ。

かわいそうに。

 

ほんとMT車にして良かったな。

 

ページの一番上に移動

段階

3回目のシミュレーター+学科

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

9日目  水曜日

 

またまたシミュレーター。

シミュレーターはこれが最後。

今回のシミュレーターは学科とセットなので2時限連続。

この日も最終時間の教習なので実車は乗れなかった。

 

最後のシミュレーターはかなりむずかしい。

危険がイッパイです。

 

3人でやったんだけどみんな事故に遭いまくってた。

子供轢いたり、自転車巻き込んだり。

トラックの陰からバイクが飛び出してきたり。

実際に路上にでたら確かにこんな感じかもしれない。

この機械よくできてるよ。

バイクの教習は路上に出ないからね。

貴重な経験です。

 

次の学科はそのままシミュレーターの部屋でやった。

実際に起きた事故とか、みんながシミュレーターで事故ったのをリプレイして話し合う。

どゆう時に事故にあうのか?とかこの状況に潜む危険は?とか。

いろんな意見が出てためになった。

 

その後10分くらいの2人乗りのビデオを見て終了。

 

最後に検定の手続きの紙を渡された。

 

お〜、いよいよ検定か

 

ページの一番上に移動

段階 

7時限目/みきわめ

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

10日目  木曜日

 

 

教習最終日です。

 

あっとゆう間です。

短い期間にいろんなこと無理やり詰め込んだ感じだったなぁ。

 

7時限目は教官の後ろについてスラロームやクランクをいつもよりゆっくり走ったり、逆にめちゃくちゃスピードを上げて通過したりをした。

スピード上げた教官にはまったくついていけなかった。

さすが本職。傾け方が違う (ーー;)

 

あと小回り旋回。

ハンドルをぶつかるまで横にまげて小回りで旋回する。

これも意外とむずかしい。

みんな足ついちゃってた。

女の子はコケてたし。

 

これらは検定には関係ないけど体験だけ。

 

 


 

 

最終の8時限目はいよいよ2段階のみきわめ。

1段階同様特にチェックはないようだ。

 

検定で走るコースを繰り返し走る。

大きな問題は無い。

 

 一本橋も変に緊張したり油断しなければなんとかなる(はず)。

 

そして最後の教習が終了。

 

 

よおっし!

 

 

あとは検定ですべてを出し切るだけ!

 

 

明日の金曜日に検定の予約をとり教習終了。

 

教習所に通ったのは適性検査も含めて今日で10日目。

受付の日もいれて11日か。

早かったなぁ。

 

 

明日必要な印鑑と免許証を用意して今日はゆっくり寝よう。

 

 

 

明日、うまくいきますように。

 

 

2段階終了

 ページの一番上に移動

 

 箱根

ツーリング・箱根

 

 

卒業検定

 

 

 

1段階

 

 

 

 

 

2

初回MT

シミュレータ1 

4時限目

5/6時限目

7/8時限目

みきわめ

2段階

 

 

 

 

 

検定

シミュレータ2

ケーススタディ

3/4/5時限目

シミュレ3+学科

7時限目/みきわめ

卒業検定

 

11日目  卒検!

 

 

 

 

 

 

合格しました〜

 

\(~o~)/ウヒョー

 

 

 

んん〜よかった〜

 

検定の内容は緊張であんまり覚えてなーい(`´)

出だしから記憶が抜けてる。

 

スラロームはうっすらと……
好きな場所だったせいか多少緊張が緩んだみたい。
 

最後の一本橋はけっこう覚えてる。

で、一本橋渡りきったその後は気が抜けたせいか停止まであんま覚えていないや。

 

ウインカー出した覚えなんかまったくない(^_^.)

出したのか?

コースは迷っても教官が教えてくれるみたい。

 

 

順番待ちのとき緊張からかコースをド忘れしちゃって検定コースの紙見直そうかと思ったら紙がどっかにいっちゃってパニックになってたり、とにかくあたふたしてた。 

 

一番に検定に行ったはずのATの女の子がすぐ戻ってきた。

忘れ物取りに戻ってきたのか?と思ったら終わって帰ってきたんだって。

 

早っー! \(゜ロ\)(/ロ゜)/オロオロ

 

 

自分の前に3人いたはずなのにもう自分の番に!!

バイクにまたがってミラー直してエンジンかけて後方確認して、

そして発進したあとの記憶は…スポっと消滅。

 

んでいつの間にか一本橋です。(>_<)ンガッ

 

 

一本橋に乗った直後

 

「ここから落ちたら1万5千円だ…」

 

ってかんがえてしまった〜(^_^;)

自分にプレッシャー!

 

 

再検定は補修1時間(3.000円)+検定料(12.000円)なんです。

 

検定前に教官が

「一本橋でタイムを気にして後半(落ちないように)粘った人はだいたい橋から落っこちますね〜」って話をしてたけど、自分も出口付近でタイムがまだ5秒台だったのでブレーキかけて粘っちゃった。

 

そのときかなり必死な顔してたと思う

(`´)ク〜ッ

でも落ちずにクリア。

タイムも粘ったかいもあり7.1秒でした(^_^)

 

 

停車地でエンジンを止め降車したとき脚がカクカクしてスタンドはらえなくてバイクと一緒に倒れるかと思った。

 

すげー緊張の卒検でした(^_^;)

 

合格したってことはウインカーも出してたんだね。

 

えらいっ!おれ! (^○^)ウホ〜

 

 

ちなみに一本橋で落ちることと、スラロームでパイロンすっ飛ばしちゃうのは減点とかじゃなく不合格だって。

パイロンは人間で、一本橋落ちたら奈落の底的な考えらしい。

誰もそんなとこ通りませんけどね。

 

だから一本橋なんかは落ちるくらいならアクセル吹かして突っ切っちゃったほうが全然いい。

通過さえすれば減点で済む。

実際ATの女の子は5秒台で大丈夫かなぁ?って心配してたけどちゃんと合格してた。

スラロームなんかエリアに入ったらもう止まることはできないんだから勢いで行くしかないよね。

 

合格の発表後に一人ずつ呼ばれて注意点を言われるんだけど、自分はスラロームに入るときちょっと大回りだったねってのを一個だけ言われた。

これはわざとなので覚えてる。

実はスラロームも通過タイムがあるのでちょっと大回りして勢いつけてやろうって姑息な手を使った(^_^.)

そこまで細かくチェックしてたとは、さすがです m(__)m

 

 

ま〜こんな感じでなんとか合格しました

 

ワーイ\(~o~)/ワーイ

  

ん〜 これですべて終了です。

 

卒業証明書もらって帰りま〜す。

 教習所出るときはもうニコニコです(*^_^*)

 

 

免許証はその日のうちに試験場に行ってもらってきちゃいました。

(交付には免許証、4.100円の印紙代・教習所で初日にもらった写真1枚・もちろん卒業証明書も)

時間は待ち時間入れて1時間半くらいだったかな。

 

 

免許証にはちゃんと

普自二

と書いてマス。

 

 

 

ふじに〜 (ToT)//

 

 

やっと会えたねっ! (>_<)

 

 

これで原付以外のおっきなバイクにのれるんですね〜(*^_^*)

なんか信じられません。

 

でも使用してるのが原付なんでまだ免許取った実感はないですね。

 

 ページの一番上に移動

富士山

ツーリング・山梨県

あとがき

 

いや〜

 

なんでさっさと免許取りに行かなかったんだろう?って感じです。

 

教習所行くことなんてそんなたいしたことじゃなかったな。

ある程度の時間あればこんな簡単に取れちゃうんですね。 

2週間弱で取れたけど土日祝日だけ行ったとしても1ヶ月半くらいで取れんじゃないかな?

 

ジックリ指導して技能を身につけさせるとゆうより、決められた期間に決められたことをこなしてねって感じでした。

 

もちろんそれなりに技術は身についたとは思いますが、その昔免許取った友人から聞いていた話で教習所にスパルタなイメージを持っていた自分にしてみると拍子抜けでした。
 

1段階はあれよあれよとゆう間に終わっちゃったし、2段階は急制動くらいしか覚えていないな。

 

本当にあっとゆう間に終わっちゃいました。

  

この度の免許取得のきっかけは、バイクが好きでバイクに乗りたくってしかたない!ってことではなく、単に通勤で使ってた原付の制限がうっとうしかったって理由だったのですが、今ではバイクを購入し車にはほとんど乗らなくなり暇さえあればツーリングに出かけるくらいにバイクにはまってしまいました(*^_^*)

 

 

バイクには車では得られない楽しさがたくさんありました
風を感じ四季を感じ、冬は日差しの暖かさを夏は風の涼しさを知りました

自分の人生にすごく素敵な趣味が一つ増えました

 

これからずーっとバイクに乗って行きたいなと思います

 

 

 

 

以上で 普通自動二輪免許取得までの道のり は終了です

最後までご覧いただきありがとうございました

 

これから教習所に通う方、がんばってくださいね!

バイク乗りの方は無理せず安全運転で
すれ違いでピース(*^^)vしましょ♪

 

 

ではまたどこかでお会いしましょう

そのときまでさようなら

 

 

 

ツーリングフォトギャラリー&皆様からいただいたメッセージ

2009/5/7

 

 

 

 

拍手ボタンです

このページが参考になった・面白かったと思っていただけたら是非ボタンを押してくださいね

 よかったら何かメッセージも入れてくださいね(*^_^*)

 メッセージありがとうございます!

すっごくうれしいです v(^_^)v

いただいたメッセージはーリングフォトギャラリーで掲載させていただいてます

  

交通安全祈願

 

 

 

掲示板入口

 

バイク用品店ナップス
バイク用品検索

 

 

 

ランキング

 

 

ページの一番上に移動

Counter


 2008.5/6