Top

              

 用語

説明

<メカニズム用語>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アライメント

ステアリング動作でフロントタイヤがどう動くか?キャンバー角度等の関わる数値。

インテークサイレンサー

キャブレターの前に付いている吸気音を減らす装置、ノイズボックスと言う場合もある。吸気孔の位置形状で、エンジンパワーが変わる!

ウエイト

レース規則で最低重量をクリアにする為の重り。

エア圧

タイヤ内の空気圧の事でグリップ力に影響する。一般的に空気圧は(旧表示)1.0〜1.2kgf/cm2(新表示)98.07Kpa〜117.68Kpa

 エキゾースト

排気の事、エンジンに直接付いているのは、エキゾーストパイプでジョイント・チャンバー(消音装置)の順に付けられる。

オーバーヒート

エンジンが最適な温度より熱くなってしまい、パワーが下がり悪化すると焼き付きにつながる。

オーバーホール

エンジンの性能などを復元する作業の事。

 オーバーレブ

エンジンが限界の回転数を越えてしまう事、エンジンの焼き付きにつながる。

ギヤ比

ドライブスプロケットギヤ(エンジン側)とドリブンスプロケットギヤ(リアシャフト側)の歯数の比、マシンセッティングの重要な部分。スプロケットを大きくすると最高速が遅くなるが、トルクが大きくなる。小さくすると最高速が早くなるがトルクは小さくなる。

 キャブレター

燃料を空気と混ぜ合わせエンジンに送り込む装置。エンジン回転全域での比率をローニードル高回転域での比率はハイニードルを調節走行中に調節が可能なのがハイニードル。その比率でエンジンパワーが大きく変る

 クラッチ

エンジンと駆動軸の間で動力を伝達したり、切ったりする装置。遠心力を利用する遠心クラッチが使われているが2種類に分けられ、クラッチオイルを使用する湿式クラッチ何も使用しない乾式があり、特性も湿式は耐久性に優れ乾式はパワーの伝達効率が優れている

しなり

サスペンションがないカートはフレームがしなる事でサスペンションの役割を果たしている、コーナーリング性能を良くするためにリアアクスルを柔らかい素材に変える場合がある。

スターター

エンジンの始動装置でカートはセルスターターとリコイルスターター(紐を引っ張ってクランクを回す)とある。

ストレーナー

燃料タンク内の不純物を取り除くろ過装置の事

ダイレクトドライブ

エンジンと駆動軸の間にクラッチを持たない直結方式の事、一般的なカートはこの方式

タイロッド

ステアリングシャフトの回転をフロントタイヤに伝える棒の事

チョーキング

走行中にインテークサイレンサーの吸気孔を手でふさいで、キャブレターが作る混合気を濃くする事

トーイン

タイヤを真上から見て、タイヤの前側の間隔が後側よりの狭くなっている事で直進性に優れ、小回りしやすい

トルク

エンジンのクランクシャフトが1回転当たりに生み出す力の事

 データローガー

 ラップタイム、エンジン回転数などの走行中にデータを計測する装置でステアリングに装着する。

トランスポンダー

走行タイムを自動計測するようにカートに取り付けて信号を送る装置。

トレッド

左右のタイヤの中心間距離

ハブ

回転軸に付けるパーツ、スプロケットハブやホイールハブなど事

フェアリング

カートのフレームを覆うプラスチック製のカウル

 フロントナックル

 フロントタイヤをフレームに固定して、ステアリングの回転に伴いタイヤを動かす部品

リアアクスル

左右のリアタイヤをつないでいる軸、エンジンの回転を伝える役目

リストリクター

キャブレターとエンジンの間に取り付け、混合気の吸入量を調節する部品

<レース用語>

FIA

国際自動車連盟、世界各国の自動車連盟や4輪モータースポーツを統括する機関

CIK

国際カート委員会、世界のカートレースを統括して、競技ルールなどを決める機関

オープン

シャーシーやエンジンを自由に決められるレースのクラスの事

カデット

一般的に10歳〜12歳を対象とした子供のためのレースやマシンの総称

キッズカート

10歳以下のためのレースやマシンの総称

グリット

タイムトライアルや予選により決まった、レースのスタート順番

クレデンシャル

レースの参加者やオフィシャルなどのレース関係者である事の証明書

公認

CIKやJAFなどがレースでの使用部品や用品を認可する事。レーシングスーツの購入時でも注意が必要

最低重量

レースの規則でこれ以上重量がなければならないと定められる重量の事、マシンとレース装備のドライバーの合計重量を表す。

ジュニア

一般的に10歳〜14歳のドライバーの事。

スタンディングスタート

コース上のスタンディンググリッドに整列し、停止状態からスタート開始する方式、クラッチ付きのカートなどはこの方式

ディストリビューション

レースで、エンジンやタイヤを主催者が管理し、参加者へ配布する方式

ヒート

レース形式のセッションが複数行われる場合のひとつのセッションをヒートと言う。予選ヒートや決勝ヒートなど

レギュレーション

レースにおいてのマシン(テクニカルレギュレーション)の規則競技(スポーティングレギュレーション)の規則がある。

ローリングスタート

レースに出走する全車がスターティンググリッド順に隊列を組んでゆっくりと走行しスタートライン手前で加速する方式ダイレクトドライブのカートはこの方式を使う

ワンメイク

レースでエンジンやタイヤなどを同じ銘柄で統一する事

 <ドライビング用語>

 

 

 

 

 

 アンダーステア

ステアリングを切った角度に対して、走行ラインが外側である事。思ったより曲がってくれない時に言う言葉

 インリフト

ステアリングを切った時のフロントタイヤの動きやリヤアクスルのしなりを利用して、コーナー進入時にイン側リアタイヤを浮かせるテクニック。

 オーバーステア

 アンダーステアの逆の言葉、リヤタイヤが外に振られてカートの走行ラインが内側になる事。

 オーバーテイク

 前のマシンを抜く事

 オーバーラン

 コントロール出来なくなりカートが走行ラインから外れる事。

 クリッピングポイント

 アウト・イン・アウトのコーナリング中、最もコーナーの内側に近づく地点の事。

スリップストリーム

ストレートが長いサーキットで前のカートの後ろに付く、高速で走行するカートの後ろは気圧が低いため、空気抵抗が減りスピードが上がる

ソーイング

ステアリングを小刻みに動かしマシンを走行させる事。

テール・トゥ・ノーズ

前のカートに後ろからぴったり接近して走行する状態。

トラクション

タイヤのグリップと同等の言葉、タイヤが路面上で前進・減速させる力の事

ラバーグリップ

マシンのタイヤが路面に塗り付けられ、そのゴムで出来た路面のグリップの事。