Top

               

 

     レーシングカートを始める為には・・・下記の内容を参考にして下さい。

 まず簡単に説明ですが、レーシングカートは就学前の4歳〜7歳(キッズ)8歳〜12歳(カデット・コマー)、11歳〜15歳(ジュニア)に分類されます

 又、レーシングカートは2ストエンジンと4ストエンジンが有って、エンジンの選択等によって参戦出来るレースが異なる。

 

    T.<レーシングカート走行の為のライセンス>

 @ キッズは、キッズ専用コースで走行可能なJASAライセンス(主催者によって異なる)を親権者同伴でキッズカートスクールを受けて取得する。

   ライセンス発行には、顔写真、実技でヘルメット・グローブ・ネックガード・レーシングスーツ・レーシングシューズ(主催者によってレンタル可能、

   同類品でも可能、主催者に要確認)を用意したい。

 

  A カデット・ジュニアはSLOカートスポーツ機構主催でJKLA加盟カートコースで走行可能、このライセンスはSLライセンスで当該年度小学2年生以上

    が対象だが満10歳未満は親権者も入会の義務づけされている、座学、実技などキッズ同様スクールを経て取得可能で準備物も同様となる。

 

 B レースの格式を上げていきたい場合(最終フォーミュラ等を考えている)は、日本自動車連盟のJAFライセンスが必要となる、10歳〜11歳は親権者

   同伴で受講を義務付けされていて、SLライセンス取得者でSLミーティング1回以上受けている方は、実技は免除となる。

 

 C あと専用のコースライセンスが用意されているが、他のコースでは走行できない

 

  U.<カートを始めるのに必要なもの>('09年レギュレーションによる詳細については確認要)JAF参戦は主催者が異なる為確認が必要です

 @ キッズは、レオンカート又はAMIGO(アミゴ)を用意、エンジンは排気量40ccの空冷2ストロビンEC−04又はYEC04を積載(主催者により仕様変更あり)

 

 A カデット・ジュニアはジュニアカート・一般カート(ジュニア仕様)で一般的なSLレースでは、フレームはビレル、エンジンは排気量100ccの空冷

   2ストKT100SECを搭載、出力抑制するテーパージョイントφ14.5mmでカデット、φ19.8mmでジュニア、オープンカデットはフレームは

   SLO登録機種であれば可能

 

 B コマーは東日本地域のコース開催として、ジュニアカートにエンジンは排気量60cc、80ccのW60・W80を積載

 

 C 4ストエンジンはコースによってシリーズ参戦可能、ジュニアカートにエンジンは排気量211ccのEX21などを積載

   現在は耐久レース等にも使用されています。(詳細は確認が必要です)   

 

  V.<装備類>

    ヘルメット・グローブ・ネックガード・レーシングスーツ・レーシングシューズ・リブプロテクター

 

  W.<整備品等>

    @ レーシングカートを分解出来るだけの工具、カートスタンド、ガソリン携行缶、混合油作製ミキシングタンク、エアーゲージ、ウエス(ボロ布)

                  ストレッチフイルム、パーツクリーナー、チェーンオイル

    A テント、エアーコンプレッサー、発電機、予備バッテリー、バッテリー充電器、インパクトレンチ、送風機(夏場)、清掃用ブラシ、清掃用トレイ

        コースによっては設備が整っていない所もありますので、Aまで揃えるといいでしょう

 

  X.<走行必要備品>

    @ ガソリン、エンジンオイル(2ストのみ)、チェーンオイル、点火プラグ、パーツクリーナー

    A ラップ計測装置、チェーン予備、スプロケット(ギヤ)予備、ドライタイヤ予備、レインタイヤ予備

      長時間の走行やレース参戦を考えている方はAまで準備するといいでしょう

 

  Z.<カート運搬>

    @ コース系チーム及びショップ系チームに所属して、カートを保管や運搬を有料にて委託する。

     A 自家用車にカートを積載(トランスポート)してコースへ直接運搬、保管は自宅の倉庫などを利用する。

 

   [.<カートを始める時点の方向性>(レース参戦する為には必ずチームへ所属しなければ参戦出来ません)

    @ 将来レーシングドライバーを目指して、レーシングカートを始めたい方は、まずライセンスはJASA、SL、レース参戦で経験を

      積んでからJAFを取得します。

      その後、昇格制度に則って全国各地で開催されるシリーズ戦やカテゴリーを経て、上位クラスのフォーミュラへステップアップさせて行きます

 

    A レース参戦をして楽しみたい方は、JASA又はSLを取得してシリーズ戦で楽しみます。

 

    B スポーツ走行を楽しみたい方は、専用コースのみで頑張るならライセンスはJASA、コースライセンス、他のコースも楽しむならSLを取得するといいでしょう。

 

  \.<維持経費など>

    カートはそもそも消耗品です、エンジンは定期的にO/H(オーバーホール)が必要ですし、タイヤは消耗品(練習量やコース長にもよりますが

    練習走行1日×4回程度でグリップが無くなります。

    又、成長盛りの子供ですので、身長や体格の変化により、レーシングスーツ等の装備類も都度購入する事になります(出来るだけ大きいサイズを)

    練習走行には、コース走行料が要りますので手頃なホームコースを選択して練習するといいかも知れません。

    初心者の方は必ず、コース上でスピンやクラッシュが考えられますので、中古で十分練習して、レースを新車でという考えもいいと思います。

    中古カート購入はショップなどと相談して購入をお勧めします(カートを始める方向性も説明すると、それに見合うカートを用意してくれます)

    ヒロパパ個人的な考えですが、ウチは最初中古カートで良かったと思います。

    子供がどこまでカートに馴染むか初めは分らない状態で、高額な新車のカートは無謀です・・・

    スピード感やカートの挙動、楽しさを覚えるのには新車じゃなくても十分ですし、メンテナンス費用もコストダウン出来ます。

    中古カートで十分練習を重ねて、レース参戦は新車で・・・・費用を心配する方はこれで十分楽しめると思いますよ〜