ダイエット

トランポリンダイエット

トランポリンダイエットの実践方法

トランポリンダイエットとは、ただ上方にジャンプするだけの運動ではありません。トランポリンを使う時は気をつけたい点や、跳び方に関するコツがあります。小さなトランポリンなら、室内に問題なく設置できます。ですが、トランポリン運動中に家具や壁に体が当たらないように、周りの配置には気をつけましょう。始める前には足首部分や、膝などを準備体操をします。飛び跳ねるので、どうしても負担がかかりますから、ケガ予防の為にも準備体操は必ずしましょう。トランポリンダイエットに着手した3日間ほどは、上に向かって飛びます。要領を得るには多少は時間がかかりますので、最初のうちはまず飛ぶことを考えます。少しずつ体が慣れてきたら、ジャンプをしながら腰のツイスト運動を混ぜるようにしていきましょう。ウェストのひねりがくびれを作りますので、特にこの部分を意識するとダイエット効果が上がります。慣れるまでひねるタイミングが難しいので、少し練習が必要です。ウエストひねりができるようになったら、腕を頭の上で組んだままジャンプしたりしてみましょう。トランポリンを使う動きに慣れてきたら、腕を大きく動かしながらの様々な運動などもしてみましょう。トランポリン運動が終了したら、足首を軽く回し整理体操をします。これまでと違う筋肉を使うトランポリン運動では、最初のうちは筋肉痛になる可能性があります。整理運動をしておくことで、筋肉痛の予防効果もあります。どのような運動をしたら楽しいか、自由に模索できることもトランポリンダイエットの良さですので、音楽をかけてリズムに乗って運動をするのもいいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ