カスタマイズ

 サベージオーナーの多くがシングルシートへのカスタマイズをしています。リヤのフェンダーを交換している方も多いのですが、そこまでするとタンデムが出来なくなってしまう。そこで、出来るだけ原型を壊さないシングルシートを考えてみました。
 まずリヤシートを外してみるとレギュレータと配線が出てくる。これはかなり目障り。そこで、いつも使っているウェストポーチを使って隠してみました。やり方は簡単。3mm厚のアルミ板を加工してウェストポーチを引っかけられるようにしただけのシンプルさ。荷物入れにもなってとっても便利。ポーチはどのようなものでもたいていもんだいなく交換できます。ベルトの長さは自分のウェストサイズに合わせているのでそのままウェストにもOK!しかも3分あればタンデムシートに戻せます。
 シリンダーヘッドのメッキのカバーは好きじゃないので取り外しました。
 ない方が造形が強調されて好きです。
 20年前のスズキのアメリカンシリーズはゴージャスさを目指していたようで。あちこちがきんきらきん仕上げになっています。いかにもスズキらしくて私は好きじゃないです。逆に言えば簡単にカスタマイズできる要素も多いと言うことです。
サベージのウィンカーインジケータはメーターと一緒にガソリンタンクの上にあるので、フルフェイスのヘルメットを被っているとほとんど見えない。
 そこでハンドルを加工してインジケータを新たに設置しました。ホームセンターで売っている車用のLEDライトを付けただけの簡単なものです。配線はリレーにハンダ付けしただけのもの。
 画像をクリックすると動画がみられます。
ナビを付けました。これは便利。車用より遙かに制度は劣るけどバイクの場合は地図を持たなくて良いだけでも価値はあると思います。ヘルメットのスピーカーの配線をつないでナビの声が聞こえるようにしました。


どうでしょうか?お金のかからないカスタムでしょう。自分ではかなり良い線行ってると思ってます。まあ、趣味の世界は好きずきですから。