Tyrrell 019 Monaco GP restore  製作中 《 2 》

 

TOP  GALLERY  《 1 》

*********************************************************************************************************************

['13.07.16]

 

 

 光硬化パテの黄色い油分は既に全て抜けきっていると思うのですが、また再発させるわけにはいかないので

光硬化パテを全て削り落としました。以前製作した際にご丁寧にメタルパーツの表面に切り込みを入れて

パテがよく食い付く様にしてあったため、今回はメタルまで削るはめになってしまいました。。。

 

 019最大の特徴であるフロントウイングを、タミヤのポリパテで再度仕立てます。

メタルはもともと厚みが無かったので。面倒なのでヤメようかとも思いましたが、絶対後で後悔すると思って頑張りました。

このポリパテも黄色いけど、これは大丈夫だよね。。。

 

*********************************************************************************************************************

['13.08.04]

 

さて、いきなりですが塗装・デカール貼りまで完了。

018も同時製作です。

画像のブルーは明るく写っていますが、物はもっと濃い青にしています。

 

018は90年USA GPのジオラマにします。

スタートからトップを独走していたアレジがセナに1コーナーで抜かれて、すぐ次の2コーナーで抜き返しました。

その2コーナーを再現したいと思います。

セナのMP4/5Bは日本GP仕様で製作済ですが、USA GP仕様でもう1台製作します。

 

*********************************************************************************************************************

['13.08.10]

 

最近素組みばかりなんで紹介出来る製作記なんか無いなあと思っていたら、有りました。失敗リカバリー記。

今回F2003-GAと両ティレルは、余っていたバラッカのウレタンを使い切って吹いたのですが、ウレタンで初めてトラブルが。。。 

塗布直後は大丈夫だったのですが、1日後にふと見てみると019の一部表面が気泡でブツブツになってしまいました。

ペーパーで研ぎ出したら白いブツブツになってしまいました(泣) せっかくレストアなのに、また失敗。。。

 

要はこういう事。ウレタン塗装後に何故かウレタン層内で気泡が発生。

推定原因は

.Ε譽織鵑某緤が混じっていた。(全体に気泡は発生していないので、可能性低い)

塗装前の表面に水分が残っていた。(デカール後2日以上経過しており可能性低い)

エアブラシのエアーに水が混じっていた。(可能性高い)

何となく角に集中しているので、表面張力で厚ぼったくなった所で何か起きたのかもしれません。

 

ペーパーで表面を均一にすると、気泡のあった穴に削りカスがたまり、白いブツブツに見える。。。

 

 

水とシンナーを使って筆先でツンツンして、とりあえず無数に有る削りカスを除去しました。

 

さー これからどないしよ!

このままコンパウンドしても、ブツブツ残るしな〜

ウレタンでちまちま穴を埋めるかな〜 でもバラッカのウレタン使い切ったしな〜

 

*********************************************************************************************************************

['13.08.12]

 

ウレタンを筆で慎重に差します。穴が非常に小さいので、穴の淵から底に流し込むイメージです。

いきなり上から乗せてしまうと、空気が穴に残って無意味な作業になってしまうので。

 

 半日硬化させ再度ペーパーで表面を整えました。最初の状況に比べたら90点くらいでしょうか。

ここまで出来たらあまり目立たないと思いますので、コンパウンド作業に移ります。

 

*********************************************************************************************************************

['13.08.14]

 

磨き始めたのですが、やはりソバカスが(泣)  前回の様に筆で落とそうとしても落ちません。

このリカバリーは失敗です。

 

という事で、再度スポンジやすりで表面を磨いてから、青を再塗装。この上から再度ウレタンを乗せる事にします。

次のウレタンはフィニッシャーズになるのでウレタン層のヒビ割れや浮きが発生しないか少し心配。

そうなったら再度レストアする事にしましょう。

 

*********************************************************************************************************************

['13.08.21]

 

最後少し雑な作業になってしまいましたが、、、  完成!

 

 

TOP  GALLERY  《 1 》