平成22年4月9日

既に無くなってしまったGSX-R750。ヤフーオークションで見つけて衝動的に落札してから
はや5年…ツーリングで関東の山々を走ったりトミンサーキットでタイムを削ったりと自分の
バイク人生の中で1番長く乗ったバイクとなりました。'04 YZF-R1から乗り換えた時は
リッターSSと比べて非力なところやシャープなハンドリングに戸惑いましたが乗り込んで
いくうちに、その切れ味鋭いハンドリングが病みつきになり走れば走るほどR750の
パフォーマンスを最大限発揮するには、どんな走り方をしたらいいんだろうと思うように
なっていきました。不思議な事に、この感覚はR750に乗り始めた頃から5年間乗り
手放してしまった今でも思っている事です。なので、あのバイクに乗る時はいつも新鮮な
気持ちで走ることができ全く飽きる事はありませんでした。不思議な魅力のあるバイク
でした。また、いつかは所有したいバイクだと思いました。GSX-R750 K5

良いところ

1) レブリミッターまで一気に気持ち良く回る高回転型エンジン

2) 高めのスピードでコーナーに進入した方が安定するハンドリング

3) 低いハンドルに高いシートでヤル気満々ホジション


悪いところ

1) やっぱり立ち上がり加速ではリッターSSやアルティメットスポーツには逆立ちしても適わない

2) コーナーでスピードを落としすぎると不安定になるハンドリング

3) 低速はヘナチョコなので低いギヤで乗る事を強いられる


総評すると

1) 乗りこなすにはライダーに技量が求められるバイク

2) でも慣れてくると素晴らしく楽しいバイク

3) 軽い車重を生かしてコーナーで車間を詰めてスピードを落とし過ぎない
ようにコーナーに進入しラインの自由度を最大限に生かして最良の
ラインを走り立ち上がりで前車を抜くというのがR750を生かした走り方じゃ
ないかと思いました。小排気量でリッターSSやアルティメットスポーツを抜く!


最高に気持ち良いバイクでした

戻る