TOOL その1−ハンドツール。

 管理人のお出かけセット(笑)


トランポ積載用工具

バイクの整備と聞くとバイク屋さんにお任せ。という人の方が日本では多いのかもしれない。それは間違いではない。(というより正しい。)乗ることが楽しいのに何でメンテまで・・・と思うかもしれない。しかし、自分の手を汚して正しく整備した結果に必ず愛車は応えてくれる。それはチェーンへの注油といった簡単なものからエレメント清掃やオイル交換といった始めての人にはちょっと敷居が高く感じることまで様々だ。洗車時にブレーキパッドが交換時期だと気付くことも立派なメンテだ。これらを一律サービスの対価として工賃を払うのはあまりに勿体ないことだと思う。そうはいってもバイクに付いてきた工具でそんなことできるのかなあ?と思うかもしれない。「車載工具は緊急時用であり通常時は使用しない」が鉄則。せめて4輪レベルの工具であって欲しいがそんなのは高級車だけの話だ。
工具を揃えるという所が一番のハードルかもしれないが、最初は工具専門店等の車載用セット位からで充分だ。自分のような素人があれこれ紹介できる知識はもちあわせていないが自分の体験・感想といったレベルが「自分のオートバイに触れてみたい」と思う方の参考にでもなれば幸いだ。
 

ソケットレンチとTレンチ WRENCHI (廻し系工具)

手前大小2本のソケットレンチ。これにボルトやナットのサイズに合ったコマをはめて利用する。初めて使った人は、作業効率がものすごく上がって感動する工具だ。大きいほうはコーケン製、差込角12.7mm(1/2)。小さい方は、スナップオン製、9.5mm(3/8)。前述したコマは差込角に対応したものが必要となるため、両者のコマに互換性はない。小さい方のコマは24ミリサイズ位まで販売されているが21ミリ位からは大きい方に任せた方が良い。(大きなサイズのナット類は高トルクで締め付けられていることが多いため)
最初は小さい方のセット物で良いが、メーカーはコーケン製がオススメだ。勿論KTCやTONEでも良いがホームセンターオリジナルの2,000円程度のものは止めよう。セットでなくコマは単品で8、10、12、14、17ミリ位まででも最初は充分だ。大きい方は必要になってから揃えればいいのだが最初からこのサイズで全て揃えて行くのもアリだ。大は小を兼ねるのだ。

 ソケットレンチの奥側は、組立て式Tレンチ。柄はMAC製で棒はコーケンのモノでこれはコマを付け替えて使うタイプ。作業効率は、最も良好な工具。これに慣れると前述したソケットレンチは殆ど使わなくなるため最初からこっちを揃える方が賢いかもしれない。(かさばるが各サイズ別一体式Tレンチの方が作業時の手にくる感触は良い。)

たまにはパーツクリーナーで内側を清掃してあげましょう WRENCHS ACCESSORY 1(ソケットのコマ)

画像のものは差込角12.7mm(1/2)。24ミリから38ミリサイズまで全てコーケン製だがヤマハ2ストロードスポーツ車に限定すればフロントスプロケットのナット(30〜34ミリ)とリアアームピポッド部、ステアリングヘッド(27ミリ)位だけで他は9.5mm(3/8)サイズでも良いだろう。
9.5mm(3/8)サイズは5.5ミリから24ミリサイズまでスナップオン製を使用しているがコンビネーションレンチやメガネレンチ程同社の製品を利用するメリットは正直感じない。ソケットのコマは対象物(ボルトやナット)に対して6角面か12角面で廻すことになる。前者を選ぶメリットはボルトやナットを傷める可能性が低い。デメリットは差し込むレンチ類の角度が限定されてしまう点。(狭い場所での作業性)後者側のメリット・デメリットは6角の正反対と考えれば良いだろう。

どちらか最初に揃える場合は12角をお勧めする。
くどいがくれぐれも安物でリンク廻りやアクスルシャフト廻り等高トルクで締め付けられた部分に触れることはやめよう。ボルトやナットが舐める程度ならいいが工具が破損してケガでもしたら大損だ。
 

挟み系工具他 PLIERS 1(プライヤーなど)

この辺りの道具は使用頻は低いが持っていれば重宝する。画像左上はシリコン、リチウム、モリブデン、シンセティック?といった種別毎のグリス詰め合わせ(種別毎の利用方法は長くなるので割愛)。最近デイトナが同じようなものを売り出したが携帯性を考えなければこんなケースに入れる必要はない。下のメジャー、ノギス、スケールは、チェーン引きの左右同調や伸び計測に使うことが一番多い。その横は、空気圧計測用エアゲージ。これから揃えるならデジタルでいいだろう。 これはスナップオン製アナログ式だがブルドン管を採用していればメーカーはどこのでも良い。できればバイク用と謳ってるのを選ぼう。個人的にはチャック形状が半円のよりストレートの方がいいと思う。(所有バイクのホイール形状にもよりますが・・・)

後、左から懐中電灯、PB製ショックハンマー、バーコ製モンキーレンチ、クニペックス製プライヤー大(下の黒いヤツはワイヤツイスターだが整備の上では全く不要)、KTC製プライヤー小といった叩き・掴み系工具。懐中電灯は排気側からシリンダー内を覗いたりするのに使用。ショックハンマーは、固着しているネジ・ナット、シリンダーやクラッチカバー類を外す時に重宝するので持っていて損はしない。プライヤー類は、専用工具が無い時の代用品として使うケースが殆どのため無くても良い。画像上の透明なチューブは、各種サイズのタイラップ。トラブル発生時に何かとお世話になるが、購入はバイク用品店でなくホームセンターで買おう。    

ドライバーは良いものを選びましょう 螺子廻 (ドライバー)

ドライバーは消耗品だがプラスネジはオートバイに多用されている。小さい方No1)はベッセル、中(No2)、大(No3)はRICK製で全て貫通式のものだ。愛車が国産車ならドライバーは海外製は止めよう。コストパフォーマンスはベッセルかなあ。バイク用なら中と大サイズの利用頻度が最も高い。RICKは値段も高いが使用感も今まで使ってきた中でもサイコーによい。ドライバーは工具の良し悪しが結果に跳ね返る。くれぐれも3番(大)を用いる所を2番(中)を使うのは止め、対象物にあったサイズを使ってやろう。逆にマイナスはラジエターホースとキャブのジェット位しか出番はないため拘らなくてよい。(画像手前側の更に小さいサイズ(No0〜)がキャブのジェット類用。)

慣れない内は、締めるケースより緩める時にネジをなめてしまうことが多々発生するだろう。基本は工具を廻すのではなく、ネジに押し付けて廻すことだ。貫通式ドライバーなら柄をショックハンマー等で叩いてやればサビ・腐蝕が酷くなければ殆どのネジは難なく緩む。手強いヤツはショックドライバーやバーナー焙り、タガネ攻撃等の荒業もあるが肝心の取付け側にダメージを与えては意味が無い。そういったケースに出くわした時は無理せずバイク屋、内燃機関系ショップに相談しよう。

六角レンチ

HEXAGON WRENCH  (ヘックスレンチ)

逆L字の棒が並んだアーレンキー、自分は日本人だから?六角レンチと呼ぶ。(笑)画像のブツは工具量販店アストロで販売していた。3ミリ未満のレンチまでセットされており便利。以前はKTC製を利用していたがプラスチック製ホルダ(画像だと黒色の部分)がすぐにスカスカとなるため移動用工具としての利用は止めた。この工具はPB製が有名だが、個人的には、カウリング程度の本締め程度のトルクまでにしか使わない工具、あまり高価なものを購入する位なら六角のソケット(コマ 下記参照)を揃えたほうが良い。ソケットの六角レンチまたはT型レンチでの作業が堅実だ。

六角レンチ横の円筒のプラケースはシグネット製ドライバビットの詰め合わせ。電動ドリル等と組み合わせて使用するのが最もポピュラーだがソケットレンチで使用するためのアダプターも存在する。これで使用するのが最も堅実な方法だ。昔のバイクはキーシリンダーを固定するボルトは星型の所謂トルクスボルトがネジ止め剤付で使用されており、キーシリンダの接触不良時等での出番が最も多い。その下側に写っている柄が青色のモノはPB製ピッキングツール。Oリング等の取り外しやブレーキキャリパー類の掃除にも活躍してくれるがどうしてもなければ困る程のものではない。逆に横に写っている黒いT字型のツールはサイドスタンドや社外マフラーのスプリングを脱着するためのもの。社外チャンバーを付けているなら是非購入しておこう。この製品は絶対にKTC製がお勧め。他社の貧相なモノとは使い勝手も全く異なる逸品だ。(コピー販売している所もある位だ)

持ってて損はしません! WRENCHS ACCESSORY 2(ビット系ソケットコマ)

この辺りの道具は六角レンチで代用も可能だがディスクローターのボルトなんかは、絶対に緩めることはできないだろう。ソケットレンチよりもTレンチとの組み合わせが最も安定して使用できる。ずっと使っているとソケットとレンチの圧入部分がねじれてくるのでソケットのコマと違って消耗品なのかもしれない。
(ハゼットの製品はここの耐久性は高いがレンチ部分の硬度が高く?折れてしまったことがある・・・。)
クラッチカバーやリンク廻り等、車体構成部分には多数使用されているため本格的にメンテをやっていくなら自然と揃えていくことになるだろう。
後ろに写っている背と高いソケットのコマはプラグレンチとディープソケット。前者はそのままスパークプラグ専用だがプラグ自体消耗品のためこれは車載工具でも良い。というより車載工具の方が操作性が良い場合も多々ある。2ストなら21ミリのメガネレンチでも代用できる。後者はナットを締めこんでいくとネジ山が突起となってソケットやTレンチに接触してしまうような場合に使用する。ヤマハなら空冷ミニのシリンダーヘッドやチェーンアジャスト時に使うことがある位で他の手段でも目的は果たせるためどうしても無ければ困るものではないかなあ。
 

ラジオペンチ、ニッパー、etc・・・ PLIERS 2 (つかみ系工具)

画像のプラケース(右側)に写っているニッパーとラジオペンチはクニペックス製。ラジオペンチは消耗品だが同社の製品は使用時の剛性感が高く勧めだ。(ピストンピンクリップをはめ込む時などは強く実感できる)ニッパーは、ドレンボルト等のワイヤリング時のカット程度にしか使わないかなあ。タイラップ等のプラスチックをカットしているとダメになるので注意しよう。(自分は「つめきり」を使っています・・・)
カッターナイフはオルファ製のでかいやつだがあまりつかわないので刃がしっかりしていれば100均のものでかまわないだろう。柄が木製のスクレーパーはKTC製。固着したガスケットのはく離に使用するが丁寧に扱わないとパーツ側にダメージを与えてしまうのでオイルストーン(砥石)でこまめに手入れしてやろう。携帯性を考えなければ彫刻等でも良いというよりシリンダー廻りなどスタッドボルトが邪魔なケースなんかではこちらのほうがよっぽど使い勝手がよい。刃物は消耗品といった考えの海外と異なり彫刻等は日本独自の素晴らしいツール?だ。(切れない刃物ほど危険なものはないので丁寧かつ注意して扱いましょう)
左側のプラケースはスナップリングプライヤー。ガレージではクニペックス製を使用しているが内溝、外溝固定用を各種形態用に持ち歩くのはかさばるため画像のものは、目的別にプライヤー部分が交換できる安物だ。
(説明がわかりにくいですねえ。内溝とはミッションシャフト等の溝切られた部分にプライヤーを使ってスナップリングを広げてはめ込むことを指す。外溝はその逆、ブレーキマスタシリンダ等の円柱内に溝切られた部分にプライヤーを使ってスナップリングを縮めてはめ込むのだ。 ってわかるかなあ・・・
 

コンビ、オフセットメガネレンチ BOX SPANNER (めがねレンチ)

ソケット同様使用頻度の高い工具。締め付ける場合の感触はソケットよりも判りやすい。貫通ボルトなどは、ボルト側をメガネレンチ、ナット側をソケットレンチを使用するケースが多いだろう。画像中心のモノはコンビネーションタイプ。片方がオープン(スパナ)となっている。メガネ側とサイズは同じため通常のメガネレンチよりかさばるのが欠点。バイクの整備では、ドライブチェーンや各種ワイヤー類の調整以外にスパナを使用するケースはあまりない。よって?両端が円形(だからメガネと呼ばれるのだろう)のメガネレンチの方が使い勝手も良い。
ちなみに国産バイクの場合、ボルトを締める工具として車載工具にはスパナが入っているケースが殆どだがこれを使って整備するのは埃まみれの車体をタオルで拭うのと同様、車体を傷めるだけだ。緊急時以外に使うのは止めておこう。最初は、画像コンビレンチの右端にある8×10、10×12、12×14といったサイズが安価かつ使用頻度が高くお勧めだ。
どーでもいいがスパナは学生時代にトランポとしていたタウンエースワゴン(R10)の車載工具。そうはいってもKTC製の上質なものだ。TOYOTA−TOOLと刻印されているが中古車だったので本当にトヨタ純正(標準)か疑問だが一般販売されてるモノと遜色ない品質だ。現在の一般大衆車のチープな工具とは比較にならない。

岡持ち工具箱

TOOL BOX (工具箱)

長年チェストタイプの工具箱(後述)してきたが持ち運ぶ工具が増えてきたため収納性に難点がでてきたためホームセンター等でよく見かけるオープンタイプのオカモチタイプに変更した。フタがないのでタテ方向に収納できるのが最大のメリット。またスチール製工具箱は本体だけで結構な重量があり持ち運ぶことを考えるとこちらは圧倒的に軽量。値段も安い。デメリットは見ての通りホコリ等に弱いことや不用意に放置しとくと盗難されそうな点。(笑)
トランポに積みっぱなしとか室内に保管できるような環境でなければメイン工具箱として使うことはお勧めできない。(自分もガレージでの作業時にはKTC製の5段チェストタイプの工具箱をロールキャビネットと組み合わせて使用している。)
工具専門ショップなんかがよく工具と工具箱とセットで販売しています。内容からはリーズナブルな場合が多いため損はしないが、そのうち買い足した工具が納まらなくなってきて工具箱は無駄になります。大は小を兼ねるとの格言どおり「こんなでかい工具箱どうするんだ」と自分が思ってしまうサイズの工具箱を購入されることをお勧めします。(かといって軽く揺る程度で撓んでしまう安い工具箱はやめときましょう。工具を沢山入れると引き出しが開かなくなります)

ステッカーが時代を感じる・・・

OLD TOOL BOX (チェストタイプ)

かれこれ20年近く使ってきたKTC製工具箱。確か当時1万9800円で購入したと思う。最近やっと引退した。引き出し2段、天板部含め3装式工具箱。この引き出しタイプは堅牢だが収納性はあまり高くない。必要以上に詰め込むと工具を取り出すのも一苦労といった状態に陥りやすい。同じサイズなら第2次大戦中のドイツ軍御用達工具箱として有名?な観音開きタイプの方が収納という点では効率は良いかもしれない。しかし据え置き型の工具箱として使うならやはりこのチェストタイプをお勧めする。
この場所にはこの工具を格納する。自分の使いやすい様に整理整頓に注意しよう。管理人などは使用頻度の低い工具なんかは、いつも使いたい時に限って見つからなくなって時間を無駄にしている。



どーでもいいことですが同じ赤色の工具箱という理由のみでスナッ○オンのエンブレムを貼り付ける行為は、2ストのサイレンサーにヨシムラステッカーを貼ることと同じ位恥ずかしいので決して他人に見られない様、注意しなければなりません。(?!)
 

 

 

SST(特殊工具類)は別の機会に・・・

「弘法は筆を選ばず〜」といった格言は機械弄りにはあてはまらない。管理人も若かりし遠い昔は「KTCで充分だ」と思っていたが薄口ナットなどを舐めていたのをスナップオンのコンビであっさり緩むのを経験して感激したことを今でも覚えている。気軽に購入できない値段の工具は大事に扱うし一生モノと思えば社外マフラーなんか買うよりこっちのほうがずっと楽しめる筈です。(笑)
冗談はさておき気安く「工具貸して」と頼んでくる人は、大概手荒く使ってくれるものです。ドライバーをタガネ替わりに使われたり、汚いまま返してくるような人には2度と貸してはいけません。本人のためにも正直に言ってやりましょう。それでも直らないような方とは私ならお付き合いしたくないですね。
(コンプレッサーや電動工具、SST(特殊工具)については別の頁で)


HOME < 総合へ < TOOL−その2へ

 1